【君と世界が終わる日に5話】結月ちゃんを批判する甲本さんの意見は正しくても嫌だったなぁ…

ドラマ

2021年2月14日(日)に竹内涼真主演のドラマ『君と世界が終わる日に』第5話が放送されました。

スポンサーリンク

第5話感想

三原親子のお父ちゃん、わざわざ封鎖区域にまで妻子探しにやってくるなんて、いい人なんかと思ったら、DV男だった…(;・∀・)

DV夫を前にして体が硬直しちゃう紹子さん(安藤玉恵)…。

紹子さんは、結月ちゃん(横溝菜帆)のために強くなりたいと思っても、恐怖で動けないんだね…(´;ω;`)

そして…、そんな母を守りたい結月ちゃんがDV父親を騙してゴーレムをおびき寄せ、父をゴーレムに噛ませることに成功…。

私…、これには「よくやった、結月ちゃん!」って思っちゃった(;^ω^)

だって…、相手はDV男だよ!?

スポンサーリンク

でも。

人を、しかも自分の父親をゴーレムに殺させようとしたのって、やっぱり人道的じゃない。

で、この時一番にしゃしゃりでてきたのが甲本さん(マキタスポーツ)。

「これは良くない」なんて、分かりきったことを説教臭く言う甲本さん。

そりゃそうだけど、実の父親にそうまでしたいと思わせられた子どもの気持ちを考えてよね。

そこに至るまで、どれだけ三原親子が苦しめられてきた事か…(´;ω;`)

そんなことに思いを馳せることもなく、一方的に批判する甲本さんにイライラした。

 

しかもね、甲本さんって、強い人には物が言えないタイプ。

等々力(笠松将)が自衛隊の一人を弓で打った後は、何も言えてなかった甲本さんだよ…。

響(竹内涼真)が怒って、等々力がはずれて、その話は終わってしまったけれど、きっと甲本さんは等々力が怖くて、敵に回したくなくて、何一つ意見が言えなかったと思う。

 

しかも。

甲本さんは、自分が助かりたい気持ちのあまりに、宇和島さん(笹野高史)をゴーレムの前に押しだし、結果宇和島さんはゴーレムに噛まれてしまったという過去がある。

この甲本さんが、結月ちゃんのことをとやかく言うの、腹が立つね。

紹子がやったと思ったから文句言いはじめたワケだし、それが結月ちゃんだと知ってなおのこと強く責め始めた。

甲本さんの評価が下がったストーリーだった…。

スポンサーリンク

それにしても。

響が「責任」をあんな方法でとるとは…。

三原親子を守る為に、自分の手であの男を殺した響。

辛いシーンだった。

別に…、あのDV男を拘束したまま舟を後にしても良かったのに。

でもそうしたら、結月ちゃんが父を死に追いやったということになってしまうから、だから響があの父親を殺した。

ドラマが始まった当初、響はただのお人好しで、人類皆兄弟みたいなお気楽男かと思ってた。

だけど、響には辛い過去があって、その過去を背負って愛する人と共に生きていた。

だから響の優しい気持ちには強さがある。

その芯のある優しさをもつ響が、結月ちゃんを守る為に人を殺したのが、すごく切なかった…(´;ω;`)

スポンサーリンク

ところで。

やっぱり首藤(滝藤賢一)の妻はゴーレムになってるっぽいね。

その為に研究してるのか…。

にしても、滝藤賢一さんのマッドサイエンティスト感最高だな。

スポンサーリンク

さいごに

等々力の嘘で、来美(中条あやみ)の運命が変わってしまったね…。

等々力が嘘をつかなければ、愛奈ちゃん(新津ちせ)だって、ゴーレムに噛まれることはなかっただろうに。

ていうか、こんな性格だから来美に好きになってもらえなかったんじゃないの…(;・∀・)

スポンサーリンク

 

他の回の感想はコチラからご覧になれます↓

【君と世界が終わる日に最終回ネタバレと感想】首藤教授が響に拘ってた理由が謎のまま、評価が割れそうなエンディングだった
「君と世界が終わる日に」最終回のあらすじ・ネタバレ・感想・心に残った言葉、などを書いています。冷凍保存装置の中身の結果についも書いてます。結局、シーズン1では響の父ちゃんの行方は分からなかったし、響の母ちゃんが特別な檻にいた理由も謎だったな。
【君と世界が終わる日に9話考察】冷凍保存装置の中身は、響の父ちゃんかもしれない…!?
この記事では「君と世界が終わる日に」第9話のあらすじ・ネタバレ・感想・心に残った言葉、などを書いています。冷凍保存装置の中身についも考えています。嫉妬心が二人を引き離すのが、「君と世界が終わる日に」なんだね。等々力の嘘に、佳奈恵の秘密に、翻弄される響と来美。
【君と世界が終わる日に8話考察】来美は生きている説に一票!来美は死なない体なっているのでは?
響がはなった矢が来美(中条あやみ)に突き刺さるという、衝撃の展開で第8話は終了した。生きているのか、はたまた死んでしまったのかが超気になるので、考えてみた。首藤教授の実験に協力している来美は既にゴーレムウイルスを体内に入れているんじゃないだろうか?
【君と世界が終わる日に7話感想と考察】キム・ジェヒョンが演じる「ミンジュン」の最期が辛い
優しいミンジュン(キム・ジェヒョン)は響の母ちゃんを刺したことに責任を感じていた。「いや、そもそも響が蒔いた種だから!」とツッコみたくなる。傷の痛みに耐えながらも、響(竹内涼真)の気持ちを大切に思い、心配し、後悔しているミンジュンが気の毒だった。
【君と世界が終わる日に6話】首藤教授って、響の母・琴子のことを愛しているんじゃない?
愛菜ちゃん(新津ちせ)が響(竹内涼真)殺られたの…衝撃だった。来美と響が再会しても、幸せになれない展開か。そして、ゴーレム「001」が響のお母さん(臼田あさ美)だったのにも驚いた!私はてっきり首藤教授(滝藤賢一)の妻なのかと思ってたよ…。
【君と世界が終わる日に4話】響の父ちゃんがいなくなった理由を考えてみた
父ちゃんは父ちゃんで、母を亡くしひとりぼっちになってしまった響をひとり残して家を出た…。 「お父さん信じられるか?」みたいなこと言ってたけど、いやいや、そういう問題じゃないしって思いながら見てた。 で。父ちゃんに何があったのか想像してみた
【君と世界が終わる日に3話】あの日本刀はどこから入手したのだろう?
武器が少なくて困っていた響(竹内涼真)たちだったけど、刀をたくさん所有している輩登場!そう簡単には手に入らないはずの武器。日本だから日本刀ならそこいらにあるって、思ったのだろうか(;・∀・)いや、日本刀だって、なかなか手に入らないんじゃない?
【君と世界が終わる日に2話】極限状態でも優しさを忘れない響はスゴイのかもしれない
宇和島(笹野高史)がゾンビに噛まれた事に気が付いたみんなは、宇和島を殺すのは仕方のないと考える。が、響は助ける術が何かあるハズだと、最後まであきらめない。みんなを危険にさらすことになるのに…と正義感を燃やす響きを冷ややかな思いで私は見てた。
【君と世界が終わる日に 1話】ゾンビ映画あるあるが楽しめて超面白かった!
竹内涼真主演のドラマ。日本人のゾンビ(ドラマでは「生きる屍」)は海外映画のゾンビとは異質な感じだった。怖いシーンなはずなのに、たまに笑いそうになった。日本人が一生懸命ゾンビを演じているのが、なんだか滑稽に見えてさ。日本人ゾンビ、面白い!
スポンサーリンク

 

最後まで読んで下さりありがとうございました!

ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

スポンサーリンク

コメント