【君と世界が終わる日に6話】首藤教授って、響の母・琴子のことを愛しているんじゃない?

ドラマ

2021年1月21日(日)に放送された竹内涼真主演のドラマ『君と世界が終わる日に』第6話。

スポンサーリンク

第6話感想

愛菜ちゃん(新津ちせ)が響(竹内涼真)殺られたの…衝撃だったΣ(゚д゚lll)

兄の勝利くん(田中奏生)が、愛菜ちゃんの拘束を解いてしまったのが原因とはいえ、目の前で妹が刺されたのを目撃してしまったのは可哀そう(´;ω;`)

「愛菜ちゃんをこんな目に遭わせたヤツは私が必ず殺す」

(「君と世界が終わる日に」第6話)

来美と響が再会しても、幸せになれない展開か…(´;ω;`)

これ、どうなって終わるん!?

「何があっても響は誰かを憎むなんてできないよ」

(「君と世界が終わる日に」第6話)

世界が変わる前の響と来美の会話を思うと切ない話だなぁ…。

スポンサーリンク

にしても。

当初はゴーレムはもう人間じゃないから、殺すことに情けは不要…という感じだったのに。

ワクチンが完成さえすれば、ゴーレムたちは元の姿に戻れるっていうのなら、ゴーレムを殺すことも完全に「殺人」ってことになるよね…。

今まで殺してきたゴーレムたちだって、生き返る可能性があったわけか…。

ワクチンの話はあったものの現実的な話ではないと思ってたのに、ワクチン完成が現実味を帯びてきた今、「ゴーレムを殺す」ことへの考え方も変わってしまうよね。

今まではゴーレムを殺すのは仕方のない事だったけど、これからはゴーレムを殺したことで憎しみが生まれてしまう可能性が高くなる。

「一番怖いのは人間」だとぼっちゃん(小久保寿人)が言っていたが、本当にそうだな。

憎しみが憎しみを生む展開…、ゴーレムよりも人間の愛と憎悪が怖い。

スポンサーリンク

ところで、

ゴーレム「001」は響のお母さん(臼田あさ美)だったんか…Σ( ̄ロ ̄lll)

私はてっきり首藤教授(滝藤賢一)の妻なのかと思ってたよ。

響を追い払うために本郷さん(大谷亮平)が殺されたってワケだったのか…!!

もしかして…、首藤教授は響の母・琴子のことを愛していたのかな?

首藤教授は琴子を自分のモノにするために、ゴーレムにしたんじゃない??

響のことをハエだと例えた首藤。

きっと、ずっと響のことが嫌いだったのだろう。疎ましい存在だったのだろう。

それは、響という存在は、首藤教授が愛する琴子が他の男を愛した証だから…。

首藤教授は、琴子をエサに、響の父親(小市慢太郎)を殺したんじゃないだろうか?

それか、ゴーレムにして、いざという時のためにおいているかもしれない。

あの自衛隊トップの牛込(神保悟志)のように利用するために…。

もし、この予想があっていたら、首藤教授はあいつと似てるな…。

等々力(笠松将)と似た者同士なんじゃない?(;・∀・)

スポンサーリンク

にしても。

ぼっちゃんたち、島にいたのね!

ぼっちゃん、有能だよね。

少なくなってしまったとはいえ、あれだけの人数で海をわたってきたんだから。

ぼっちゃんのサバイバル能力の高さには驚かされるわ。

そして、なんだかんだで超優しいぼっちゃんが癒しだわ(笑)

そういや、なんだかんだで優しいと言えば、甲本(マキタスポーツ)も同じだったね。

これからの響は別行動になるんだろうか?

だとしたら、寂しいなぁ…。

スポンサーリンク

さいごに

ミンジュン(キム・ジェヒョン)はスマホの充電どこでしているのでしょうね…(笑)

そして島にいたお経呼んでたお医者さん(宇野祥平)も、綺麗に頭剃ってたね。

 

他の回の感想はコチラからご覧になれます↓

【君と世界が終わる日に最終回ネタバレと感想】首藤教授が響に拘ってた理由が謎のまま、評価が割れそうなエンディングだった
「君と世界が終わる日に」最終回のあらすじ・ネタバレ・感想・心に残った言葉、などを書いています。冷凍保存装置の中身の結果についも書いてます。結局、シーズン1では響の父ちゃんの行方は分からなかったし、響の母ちゃんが特別な檻にいた理由も謎だったな。
【君と世界が終わる日に9話考察】冷凍保存装置の中身は、響の父ちゃんかもしれない…!?
この記事では「君と世界が終わる日に」第9話のあらすじ・ネタバレ・感想・心に残った言葉、などを書いています。冷凍保存装置の中身についも考えています。嫉妬心が二人を引き離すのが、「君と世界が終わる日に」なんだね。等々力の嘘に、佳奈恵の秘密に、翻弄される響と来美。
【君と世界が終わる日に8話考察】来美は生きている説に一票!来美は死なない体なっているのでは?
響がはなった矢が来美(中条あやみ)に突き刺さるという、衝撃の展開で第8話は終了した。生きているのか、はたまた死んでしまったのかが超気になるので、考えてみた。首藤教授の実験に協力している来美は既にゴーレムウイルスを体内に入れているんじゃないだろうか?
【君と世界が終わる日に7話感想と考察】キム・ジェヒョンが演じる「ミンジュン」の最期が辛い
優しいミンジュン(キム・ジェヒョン)は響の母ちゃんを刺したことに責任を感じていた。「いや、そもそも響が蒔いた種だから!」とツッコみたくなる。傷の痛みに耐えながらも、響(竹内涼真)の気持ちを大切に思い、心配し、後悔しているミンジュンが気の毒だった。
【君と世界が終わる日に5話】結月ちゃんを批判する甲本さんの意見は正しくても嫌だったなぁ…
三原親子の父親、わざわざ封鎖区域にまで妻子探しにやってくるなんていい人なんかと思ったら、DV男だった。DV夫を前にして体が硬直しちゃう紹子さん。紹子さんは、結月ちゃん(横溝菜帆)のために強くなりたいと思っても、恐怖で動けないんだね…。
【君と世界が終わる日に4話】響の父ちゃんがいなくなった理由を考えてみた
父ちゃんは父ちゃんで、母を亡くしひとりぼっちになってしまった響をひとり残して家を出た…。 「お父さん信じられるか?」みたいなこと言ってたけど、いやいや、そういう問題じゃないしって思いながら見てた。 で。父ちゃんに何があったのか想像してみた
【君と世界が終わる日に3話】あの日本刀はどこから入手したのだろう?
武器が少なくて困っていた響(竹内涼真)たちだったけど、刀をたくさん所有している輩登場!そう簡単には手に入らないはずの武器。日本だから日本刀ならそこいらにあるって、思ったのだろうか(;・∀・)いや、日本刀だって、なかなか手に入らないんじゃない?
【君と世界が終わる日に2話】極限状態でも優しさを忘れない響はスゴイのかもしれない
宇和島(笹野高史)がゾンビに噛まれた事に気が付いたみんなは、宇和島を殺すのは仕方のないと考える。が、響は助ける術が何かあるハズだと、最後まであきらめない。みんなを危険にさらすことになるのに…と正義感を燃やす響きを冷ややかな思いで私は見てた。
【君と世界が終わる日に 1話】ゾンビ映画あるあるが楽しめて超面白かった!
竹内涼真主演のドラマ。日本人のゾンビ(ドラマでは「生きる屍」)は海外映画のゾンビとは異質な感じだった。怖いシーンなはずなのに、たまに笑いそうになった。日本人が一生懸命ゾンビを演じているのが、なんだか滑稽に見えてさ。日本人ゾンビ、面白い!
スポンサーリンク

 

最後まで読んで下さりありがとうございました!

ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

スポンサーリンク

コメント