【知ってるワイフ6話】澪の口パクが「本当は」だとしたら、続きは「剣崎主任のことが好き」なのかな…。

ドラマ

2021年2月11日(木)夜10時に第6話が放送されました。

スポンサーリンク

「知ってるワイフ」第6話感想

元春(大倉忠義)は澪(広瀬アリス)とやり直すため、再び過去に戻るゲートへ向かったがそれはあとかたもなく消えていた…。

澪への思いを封印し、妻・沙也加(瀧本美織)を大切にしよう…。

元春はそう決意したのにも関わらず、澪のことに気をとられてばっかり(;・∀・)

これじゃあ、沙也加が怒るのも無理ないわ(;・∀・)

 

澪と元春の関係が特別すぎて、お互いを引きあっているんだね。

元春はせっかく目を覚まし、沙也加を大切にしなければいけないと分かったハズなのに。

何か不思議な力に操られているんだろうな。

「いくら人生を変えても、繋がりがある人間たちは変わらない。必ず引き合い、目の前に現れる。」

(「知ってるワイフ」第3話)

澪と元春は、お互いに大切な人がいるというのに、2人でいる時はそんなことをすっかり忘れてお互いを求めてしまってる…。

澪が転ぶところをまたしても目撃したのは、偶然じゃないよね。

いくら沙也加を大切にしようと決心したところでも、元春が澪を見て見ぬフリでスルーするのは無理だよね…。

お互いに気付かぬ間にも、引きあってるんだからなぁ…。

 

不思議な力の導きで元春と澪は一緒にいることになったのだと思う。

けども…。

そこでまったく出てこない津山…、話にも出てこない津山…。

これは寂しいやん…。

澪は、彼氏である津山(松下洸平)を頼ればよかったし、元春は、津山が酔っぱらっているとしても津山に連絡すれば良かった。

なぎさ(川栄奈々)夫婦に澪のお母さん捜索の手伝いを頼んだなら、そこから津山だって知ったっていい話なのに、津山は出てこない徹底ぶり…。

みんなにとっての津山の存在感のなさが、ちょっと悲しい回でもあった…。

スポンサーリンク

ところで。

澪の口パクが気になった。

気になってSNSで検索してみたら、「ほんとうは」ではないかと書いている方が結構いた。

ほんとうは…と澪が言っているのが合っているとして、その続きは何だろうか…?

元春と澪は、こんな会話してたよね⇩

元春「心の中で祈るよ。幸せでいろよって。」

澪「剣崎主任。私は心の中で祈ったりしません。自分の気持ちははっきり伝えます。だけど今日は…。剣崎主任みたいに心の中で祈ろうと思います。」

元春「津山にきっと伝わるよ」

澪「はい」

(「知ってるワイフ」第6話)

自分の気持ちをはっきり伝える澪が、何故今日だけは心の中で祈ることにしたのかって、剣崎主任のことを思っているからだよねぇ…、きっと。

けど、元春は澪は「津山」のことを思っていると勘違い。

でも、澪はそのことを否定することはできなかった…。

だから、「ほんとうは…」と言ったんじゃないんだろうか?

「ほんとうは、剣崎主任のことが好き…」が澪の本音なんじゃないだろうか??

スポンサーリンク

さいごに

SNSを見ると元春の評価だだ下がりだった(笑)

でも、あんな奴なのに、元春超カッコイイよ。

大倉忠義さんのかっこいいのにだらしない雰囲気、最高だよ(笑)

最後まで読んで下さりありがとうございました!

ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメント