【君と世界が終わる日に9話考察】冷凍保存装置の中身は、響の父ちゃんかもしれない…!?

ドラマ

2021年3月14日(日)、竹内涼真主演のドラマ『君と世界が終わる日に』第9話が放送されました。

この記事では「君と世界が終わる日に」第9話のあらすじ・ネタバレ・感想・心に残った言葉、などを書いています。

冷凍保存装置の中身についも考えています。

過去の記事はコチラからどうぞ↓

スポンサーリンク

第9話のあらすじ

来美(中条あやみ)を矢で撃ったことに響(竹内涼真)はショックを受け、立ち直れないでいる。落ち込む響を複雑な思いで見つめる佳奈恵(飯豊まりえ)は「たとえ響の彼女だとしても許せない」と口にする。撃たれた来美は謎の回復力で復活!

勝利くん(田中奏生)は、自分に撃たれたことを隠し優しくしてくれる紹子さん(安藤玉恵)の姿を見て心を入れ替える。勝利くんは自分を材料に抗生剤を手に入れる提案をする。その勝利くんの姿に影響され、ミンジュンの残した言葉をやっと響に伝えた佳奈恵。

ワクチンなど存在しない。教授の頭の中にあるのは間宮響への復讐だけ。首藤教授(滝藤賢一)の真実を知った来美は、冷凍保存装置の中身を見せてもらう。驚愕の表情で中を見る来美…。

薬の受け渡しに現れた来美に「一緒に帰ろう」と手を差し伸べた響。しかし、来美は銃を手にし、銃口を響に向けて撃った。響、撃たれたの…!?!?まだ続くのか、すれ違い…。

スポンサーリンク

佳奈恵にイライラ…

来美を撃ったことで落ち込む響を前にしても、なかなかミンジュンの本当の思いを言わない佳奈恵…。

恋人を撃った響に同情する甲本さん(マキタスポーツ)に、佳奈恵はこう言った。

「あの人がミンジュンを刺したんですよ。」

「私は許せないです。間宮さんの彼女だとしても…。」

(「君と世界が終わる日に」第9話)

 

いや、違うだろう…。

佳奈恵は「間宮さんの彼女だから」許せないんだろう…。

 

「来美さんとは二度と会うべきじゃないと思います。会ったらミンジュンがかわいそうです。」

(「君と世界が終わる日に」第9話)

 

佳奈恵はもっともらしいことを言って、響と来美の仲を引き裂こうとしているよね。

自分の気持ちを叶えるために、ミンジュンの気持ちをなかったことにしようとしている。

それこそミンジュンがかわいそうだ。

ミンジュンへの裏切りだと思う。

 

「紹子さんは、来美さんの味方ですか?」

(「君と世界が終わる日に」第9話)

来美の味方か、佳奈恵の味方かって…どうでもよい…。

佳奈恵の恋心の暴走っぷりが痛々しくて、見ていられなかった…。

 

佳奈恵の感情についていけないのにプラスして、なぜ佳奈恵とミンジュンがあの女が「響の恋人」だと分かったのかも私には分からなくて、余計に感情移入しにくかった。

いつ響の恋人の顔を知ったのだろう?

見返したい気持ちはあるのだが、なかなかその気力がわかないので、私の中でのままになっている…(-_-;)

 

それに、そもそものところにいくと、響がゴーレムになった母の拘束をといたことがミンジュンを死なせる原因になったのだから、気持ちが入り込めない。

誰かを憎しむことで、ミンジュンの死を受け止めきれない気持ちを紛らわせることができる、という気持ちは理解できるのだけれど…。

 

「会う前はあんたたちのこと、酷いヤツらだと思ってました。絶対殺してやるって。でも会ってみたら、俺が思ってたのと全然。そんなのも分からないで、おばさんを傷つけて…。」

「それだけじゃないんです。妹がゴーレムになったのは、小笠原先生のせいだって、先生をめちゃくちゃに責めたんだ。先生を救ってください。」

(「君と世界が終わる日に」第9話)

余計な事しかしないんじゃないかと思われた(私が勝手に思ってただけ(;^ω^))勝利くんが、良い事を言ってくれ、ミンジュンの言葉を伝えるきっかけになった。

 

「ミンジュンは、死ぬ前に私に言ったんです。自分を刺したのが来美さんだってこと、間宮さんには言うなって。ミンジュンは、間宮さんに悩んでほしくなかったんだと思う。友だちだから。」

(「君と世界が終わる日に」第9話)

 

このミンジュンの言葉、もっと早く伝えていたら、来美が撃たれることはなかっただろうに…。

嫉妬心が二人を引き離すのが、「君と世界が終わる日に」なんだね。

等々力の嘘に、佳奈恵の秘密に、翻弄される響と来美。

変な奴らに好きになられてしまったものだな。

気の毒だわ…(;・∀・)

スポンサーリンク

第9話で疑問に思った事

「あれだけの出血で本来なら助かるはずないのに…。」

「素晴らしい回復力だ。君の行ってきた治験は無駄ではなかったようです。」

(「君と世界が終わる日に」第9話)

生死をさまようほどの傷を負ったのにすっかり治った様子の来美。

しかし、来美が驚異の回復力で復活していることを、響たちは知らないハズ。

にもかかわらず、勝利くんと抗生剤の交渉で、来美を登場させようとする響たちのやり方には疑問をもった(;・∀・)

 

だって、出血多量で死にそうになったワケでしょ?

普通なら死ぬくらいの傷だったんでしょ?

そんな人を、受け渡しの現場に来させようとするの?

スポンサーリンク

 

もう一つ気になったのが、無線での交渉中で響がおくった愛のメッセージ。

これ、隊員たちはどんな思いで聞いてたの?(笑)

「ずっと何が正しいのか考えてた。全部間違ってた気もするし、これしかなかった気もする。多分すれ違って、誤解し合ってこんな遠くに来てしまった。さっき星を見てた。許し合うのは簡単じゃないかもしれない。でも、あの夜に戻るためなら、戻れるなら、俺はなんだってするよ。時間はかかるかもしれないけど、諦めたくない。絶対に。」

(「君と世界が終わる日に」第9話)

 

まさか、好きな人に言っている言葉を聞かされているだなんて思わないから、隊員たちが真実知ったら腰抜かすんじゃないか(笑)

この響の長いメッセージを大人しく黙って聞いた後、「ナメやがって」と言った隊員の言葉が滑稽で笑ってしまったわ。

スポンサーリンク

冷凍保存装置の中身はなんだろう?

今回来美は、首藤教授はゴーレムウイルスのためのワクチンを開発していないことを知り、さらに、教授が響に復讐しようとしていることを知った。

にもかかわらず、「一緒に行こう」と差し出した響の手をとらず、銃を向けた。

あの銃口はどこに向けられて撃たれたのだろうか…?

 

予告では響は生きていたから、きっと響撃ったワケじゃないと思う。

何のために撃ったんだろうね…。

 

来美は首藤教授から冷凍保存装置の中身を見せられた。

驚愕の表情で中を見てた来美。

その中にあったものと、来美が銃口を響に向けた(ように見えた)事は、関係するんだろうな。。

 

今までは、冷凍保存装置の中身は首藤教授の妻なのかな?と予想しながら見てきたのだが、今回、「それは違うかも」と思った。

もしかして、響の父ちゃんが冷凍保存装置の中にいたんじゃない?

 

今回の来美の様子を見ると、冷凍保存装置の中身は、響に関するものな気がする。

首藤教授の嘘を知った来美は、首藤を捨て、響と生きることを選ぶと思っていた。

なのに、それが出来ない…

それは、響の大切なものを、守りたいからじゃないのかな…。

ジアンは冷凍保存装置の中のものはもうダメになったと思っているが、実はまだ大丈夫だったんじゃない?

 

響の父ちゃんは、響の母ちゃんが亡くなったあとすぐ、子どもの響を1人残して出ていった。

「お父さんを信じられるか」と、意味深な言葉を残して…。

お父ちゃん、次は第10話だし、そろそろ出てきてもいい頃じゃない?

スポンサーリンク

 

ここからは私の妄想のような推測です(・_・;↓

 

響の父ちゃんは、首藤教授に「奥さんを治す方法がある」とか言われて騙され、響を1人残して家をでた。

 

しかし、実は首藤はわざと響の母ちゃんを殺していた。

 

首藤は、響の母ちゃんと響を憎んでいる。

 

何故なら、首藤は実は響の父ちゃんを愛していたからだ。

 

ゴーレムになった響の母ちゃんを特別扱いしていたのは、響の父ちゃんを信用させるためだった。

 

しかし、ある時響の父ちゃんは真実を知り逃げ出そうとする。

 

その時に怪我を負い、瀕死の状態になってしまう。

(その時に目撃情報があり、響は父ちゃんを探しにいき、上着を拾う)

 

首藤は悲しみ、父ちゃんを冷凍保存装置に入れ、治療法を研究する。

 

首藤が人間たちをゴーレムに変えていっているのは、人間社会の常識を恨んでいるから。

 

堂々と男が男を愛せない世の中を恨み、潰そうとしている…。

 

以上が私の妄想です(^◇^;)

 

早く続きが見たいです(*^_^*)

スポンサーリンク

さいごに

甲本さんの不器用な優しさを見て、好感度上がり中です!

他の回の感想は以下のリンクからどうぞ↓

【君と世界が終わる日に最終回ネタバレと感想】首藤教授が響に拘ってた理由が謎のまま、評価が割れそうなエンディングだった
「君と世界が終わる日に」最終回のあらすじ・ネタバレ・感想・心に残った言葉、などを書いています。冷凍保存装置の中身の結果についも書いてます。結局、シーズン1では響の父ちゃんの行方は分からなかったし、響の母ちゃんが特別な檻にいた理由も謎だったな。
【君と世界が終わる日に8話考察】来美は生きている説に一票!来美は死なない体なっているのでは?
響がはなった矢が来美(中条あやみ)に突き刺さるという、衝撃の展開で第8話は終了した。生きているのか、はたまた死んでしまったのかが超気になるので、考えてみた。首藤教授の実験に協力している来美は既にゴーレムウイルスを体内に入れているんじゃないだろうか?
【君と世界が終わる日に7話感想と考察】キム・ジェヒョンが演じる「ミンジュン」の最期が辛い
優しいミンジュン(キム・ジェヒョン)は響の母ちゃんを刺したことに責任を感じていた。「いや、そもそも響が蒔いた種だから!」とツッコみたくなる。傷の痛みに耐えながらも、響(竹内涼真)の気持ちを大切に思い、心配し、後悔しているミンジュンが気の毒だった。
【君と世界が終わる日に6話】首藤教授って、響の母・琴子のことを愛しているんじゃない?
愛菜ちゃん(新津ちせ)が響(竹内涼真)殺られたの…衝撃だった。来美と響が再会しても、幸せになれない展開か。そして、ゴーレム「001」が響のお母さん(臼田あさ美)だったのにも驚いた!私はてっきり首藤教授(滝藤賢一)の妻なのかと思ってたよ…。
【君と世界が終わる日に5話】結月ちゃんを批判する甲本さんの意見は正しくても嫌だったなぁ…
三原親子の父親、わざわざ封鎖区域にまで妻子探しにやってくるなんていい人なんかと思ったら、DV男だった。DV夫を前にして体が硬直しちゃう紹子さん。紹子さんは、結月ちゃん(横溝菜帆)のために強くなりたいと思っても、恐怖で動けないんだね…。
【君と世界が終わる日に4話】響の父ちゃんがいなくなった理由を考えてみた
父ちゃんは父ちゃんで、母を亡くしひとりぼっちになってしまった響をひとり残して家を出た…。 「お父さん信じられるか?」みたいなこと言ってたけど、いやいや、そういう問題じゃないしって思いながら見てた。 で。父ちゃんに何があったのか想像してみた
【君と世界が終わる日に3話】あの日本刀はどこから入手したのだろう?
武器が少なくて困っていた響(竹内涼真)たちだったけど、刀をたくさん所有している輩登場!そう簡単には手に入らないはずの武器。日本だから日本刀ならそこいらにあるって、思ったのだろうか(;・∀・)いや、日本刀だって、なかなか手に入らないんじゃない?
【君と世界が終わる日に2話】極限状態でも優しさを忘れない響はスゴイのかもしれない
宇和島(笹野高史)がゾンビに噛まれた事に気が付いたみんなは、宇和島を殺すのは仕方のないと考える。が、響は助ける術が何かあるハズだと、最後まであきらめない。みんなを危険にさらすことになるのに…と正義感を燃やす響きを冷ややかな思いで私は見てた。
【君と世界が終わる日に 1話】ゾンビ映画あるあるが楽しめて超面白かった!
竹内涼真主演のドラマ。日本人のゾンビ(ドラマでは「生きる屍」)は海外映画のゾンビとは異質な感じだった。怖いシーンなはずなのに、たまに笑いそうになった。日本人が一生懸命ゾンビを演じているのが、なんだか滑稽に見えてさ。日本人ゾンビ、面白い!
スポンサーリンク

最後まで読んで下さりありがとうございました!

ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

スポンサーリンク

コメント