【俺の家の話2話】さすがクドカン。介護や学習障害を本質を捉えつつコミカルに見せるドラマ、凄すぎだろ。

ドラマ
スポンサーリンク

2021年1月29日(金)夜10時に放送されたドラマ「俺の家の話」第2話。

長瀬智也さん主演、脚本は宮藤官九郎さんという、話題の作品です。

この記事では、第2話のネタバレ・感想を書いています。

寿限無が良い人過ぎて心配になります。

相関図は以下のツイートでチェックしてください!

スポンサーリンク

第2話感想

寿限無(桐谷健太)のことを、「信じていいんだよね?」という落ち着かない気持ちで見てしまう。

寿限無の人の好さに、その心に悪意はないのよね?と確認したい気持ちでいっぱいになってしまう。

だって…。

25年、家を出たっきりの長男・寿一(長瀬智也)の帰りをすんなりと受け入れ、しかも、その寿一が跡取りと認められた時の寿限無は胸アツになってたよね?

介護が必要になった寿三郎(西田敏行)の面倒を見ながら、観山流のために舞ったり教えたりと超大忙しの日々のハズなのに、寿限無の表情はいつも穏やかで優しい。

その上、貯えがつきてピンチの観山家を支えるべく、ウーバーイーツ(じゃないけど(^^;)まで始めてるじゃん!!

良い人過ぎるのよ。

だからね。

いつか裏切られやしないかって、心配になっちゃう。

そんなドラマじゃないんだって、ツッコまれそうなんだけども(;^ω^)

今見てる「天国と地獄」の影響で人を信じられないし、朝ドラ「まんぷく」の世良のイメージもあるしで、怖いんだよね…。

スポンサーリンク

それにしても。

寿三郎と寿一のやりとりが最高だわ。

寿一の寿三郎を大切に思う気持ちが溢れすぎて、ホロリと涙がこぼれるわ(´;ω;`)

17歳で家出して、プロレスラーになった寿一。

25年も家に帰らなかった寿一。

でも、それは父が嫌いだったからじゃない。

父が好きだったから、父に褒められたかったからだった。

寿一と父の共通言語がプロレスだったから、寿一はプロレスラーになった。

そんな42歳の寿一の子どもの頃から変わらぬ健気な思いが満ちていて、それがとても心地良い。

 

父から決して褒められることのなかった寿一。

が…!

息子の秀生(羽村仁成)には激甘の寿三郎(笑)

そうなんだよね~。

孫はね、特別なんだよね~。

その扱いの差に嫉妬を覚えてしまう寿一が面白いし切ないしで、超良かった!!

スポンサーリンク

そして。

寿三郎は脳梗塞の影響か、はたまた、もともとの性格なのか、とても可愛らしい面を見せてくれている。

孫の秀生仲良しなところが可愛い。秀生が来られなくなったと分かるとしょんぼりし、秀生をやってくるとおしゃべりを楽しみ、一緒にお絵かきもする。

秀生が寿三郎に懐いているところも可愛くて大好き。

寿一にはとても話すことができないことも、寿三郎には話せる。

この孫とじいちゃんのシーン、大好きだ。

 

介護に加え、養育費などのお金の問題、学習障害をもつ息子の問題…。

いろいろ考えさせられるなっていうテーマなのに、超面白いから、このドラマほんと凄いわ。

スポンサーリンク

さいごに

さくら(戸田恵梨香)が寿三郎のことを愛してはなかったか…。

そのことを知って落ち込んだ寿三郎…、10分後にはそんなこと忘れちゃったね(;・∀・)

スポンサーリンク

「俺の家の話」の他の回の感想はコチラからどうぞ↓

【俺の家の話8話】舞の初恋相手は寿限無…ふたりは交際してたんだろうな…
第8話のネタバレ・感想・心に残ったセリフと舞が初恋相手の寿限無とどんな関係だったのかについての考えも書いてます。舞「寿限無のことだって」 寿限無「それ、今はいいよ」。初恋を打ち明けた時の2人の様子を見る限り、両想いだったように私には思えた。
【俺の家の話7話】学習障害の秀生がふたつの作文を書いたのって相当頑張ったんじゃないかな
秀夫(羽村仁成)の作文が泣けた。薄いお父さん(前原滉)と濃い方のお父さん(長瀬智也)2人のお父さんのために2つの作文を用意していた。学習障害があって、机に座って字を書くことも辛そうだった子が、2つも作文を書いた。これってすごく頑張ったんだと思う。
【俺の家の話6話】純烈をパクった「潤 沢」きっかけで、最高の家族写真が撮れる展開、天才的だな
旅がスタートしてからの寿限無(桐谷健太)の変化は著しかった。寿限無が場面に映るたびに感じさせてくれる、「もうそろそろ寿限無の反抗期は終わるぞ」という雰囲気がたまらなく良かった。最後には家族の一員として笑って写真におさまった。この流れが凄かった。
【俺の家の話5話】早川くん、エモいから子ども引き取りたいって、酷いヤツだな…
寿一(長瀬智也)は沢山のものを抱えてる。父の介護、寿限無の反抗期、秀夫の親権、さくらの思い、踊介の思い。これら全てが相変わらず凄く面白い!田中みな実まで出してきて、視聴者をざわつかせるのが本当に上手いなって思った「俺の家の話」第5話。
【俺の家の話4話】桐谷健太の演技力に圧倒された。寿限無の変化は見ごたえ抜群だった!
前半の笑いと後半の衝撃。「寿限無のおとしまえ」が重たすぎて、「Yes,子どもだって能」に笑ってた自分がはるか昔のことのように思えた。同じ話の中に、「Yes,子どもだって能」と「寿限無のおとしまえ」が共存してたのね。ふり幅の凄さに圧倒されたよ。
【俺の家の話3話】戸田恵梨香が演じるさくらの過去を「新作能」で表現する演出、最高すぎるだろ…
酷い母親に育てられ、再婚相手の父親にも恵まれず。この超不憫な話を「新作能」で表現しているっていうのがものすごく斬新だった。能を通してさくらの過去を語る滑稽さが、さくらが受けた仕打ちのむごさをなおさら表現していたように感じたシーンだった。
【俺の家の話1話】小悪魔キャラを演じてる戸田恵梨香を見て役者の凄さを感じた話
戸田恵梨香さんの役に賭ける意気込みは生半可なものじゃないなって感じさせられる。演じている時、戸田恵梨香という人物は消えている。見事なくらい、戸田恵梨香を感じさせない。喜美子は喜美子だし。志田さくらは志田さくらだ。他の何者でもない。

最後まで読んで下さりありがとうございました!

ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

スポンサーリンク

コメント