【俺の家の話7話】学習障害の秀生がふたつの作文を書いたのって相当頑張ったんじゃないかな

ドラマ

2021年3月5日(金)夜10時、ドラマ「俺の家の話」第7話が放送されました。

この記事には、第7話のネタバレ・感想・心に残ったセリフなどが書いてあるよ。秀生の作文が超泣けたので、みんながどう思ったのか、SNSの声も集めてみたよ。

スポンサーリンク

秀生の作文が超泣けた…

秀生の手紙、感動した。

秀夫(羽村仁成)の作文が超泣けた。

薄いお父さんと濃い方のお父さん。

2人のお父さんのために、2つの作文を用意していた秀生。

2つの手紙を比較してみると、秀生がどっちのパパを欲しているかがよく分かる。

「僕のお父さんはプログラマーです。もうすぐ育休をとると言っています。そしたらゲームやり放題です。妹はまだお母さんのお腹の中だけど、きっと頭がいいのですぐゲームを覚えさせてお父さんを倒します。」

(「俺の家の話」第7話)

「考えてみたら、お父さんがプロレスラーの時は僕もプロレスラーに憧れ、お父さんが能を始めたら僕も能をやってみたくなったので、要するに僕はお父さんみたいになりたいんだと思います」

(「俺の家の話」第7話)

秀生が大好きなのは、寿一(長瀬智也)だということが痛いほどわかる手紙、最高だった。

再婚相手の連れ子を自分の子と同じように愛する自分に酔いしれたくて秀生を引き取ろうとしてた早川くん(前原滉)には腹が立ってたから、思い知らされていい気味だった。

早川くんをコテンパンに(?)したシーンは爽快だった~♪

 

早川くんは渡米して2年半(だっけ?)、家族と会うことのなかった寿一を責めて、ネグレクトじゃないかと言っていた。

でも、本当にそれがネグレクトだったら、秀生はお父さんが嫌いになっていたハズ。

寿一が夢を追いかける姿が、家族を一つにしていたんだよね、きっと。

スポンサーリンク

学習障害、なのに2つも作文書いてる秀生は頑張ったんだなぁ

小学生にとって、作文って超めんどくさいものじゃない?

「俺の家の話」でずっと秀生を見てきて思うのが、よくこの子が2つも作文を書き上げたなってこと。

学習障害があって、机に座って字を書くことも辛そうだった子が、2つも作文を書いたんだよ。

これってすごく頑張ったんだと思う。

しかも、胸中は複雑だったはず。

泊りたいと言った秀生は、寿一に駄目だと言われて帰らされ、そのまま観山家に来られなくなってしまった。

LINEで秀生はその不安な気持ちを送ったが、父からの返信はなく、どれほど不安だったことだろう…。

秀生の必死な叫びのLINEは辛かった…。

「速く能の恵子、死体」「南でおじいちゃん血、いっちゃ池ナイの?」「能が、死体!」「能、死体!」「能、死体!」「脳死体!」「脳死体!」

(「俺の家の話」第7話)

新しい父親が現れて、お母さんのお腹の中には赤ちゃん。

いくら新しい父親が良い人で仲が良くても、平常心ではいられないできごとなハズで、その上に大好きなじいちゃんと大好きな能の稽古ができなくなるなんて、秀生はどれほど苦しかったことだろうか…。

早川くんは、そんな秀生の気持ちなんて、全然分かってなかったと思う。

きっと、実の子でもないの秀生に「お父さんの作文」を読んでもらうことがエモくて参観日に行ったのだと思う…。

早川くんは、秀生の感情よりも自分の感情のことばっかだったもんな!!

こんな酷い早川くんの中にも良いところを見つけて作文にした秀生はえらいわ。

プログラマーで頭がいい。だから生まれてくる妹も頭がいいだろうって、秀生はそう思ったんだろうね。

優しい子だよ。

さすが寿一の息子だよ。

スポンサーリンク

作文に感動したSNSの声

スポンサーリンク

寿一と秀生の絆には泣かされたぁ…。

スポンサーリンク

さいごに

じゅじゅ(西田敏行)と秀生の関係が愛しい。

小学生にあのボールペンとトランプあげちゃうじゅじゅには笑った。

Twitterでも色々呟いてるよ。

まんぷく(@manpuku_kansou)もよろしくね⇩

玉川先生の著作『折れない心 譲らない親権』の帯「真剣に親権、諦めないで」はウケた(笑)

スポンサーリンク

「俺の家の話」他の回の感想はコチラからどうぞ↓

【俺の家の話8話】舞の初恋相手は寿限無…ふたりは交際してたんだろうな…
第8話のネタバレ・感想・心に残ったセリフと舞が初恋相手の寿限無とどんな関係だったのかについての考えも書いてます。舞「寿限無のことだって」 寿限無「それ、今はいいよ」。初恋を打ち明けた時の2人の様子を見る限り、両想いだったように私には思えた。
【俺の家の話6話】純烈をパクった「潤 沢」きっかけで、最高の家族写真が撮れる展開、天才的だな
旅がスタートしてからの寿限無(桐谷健太)の変化は著しかった。寿限無が場面に映るたびに感じさせてくれる、「もうそろそろ寿限無の反抗期は終わるぞ」という雰囲気がたまらなく良かった。最後には家族の一員として笑って写真におさまった。この流れが凄かった。
【俺の家の話5話】早川くん、エモいから子ども引き取りたいって、酷いヤツだな…
寿一(長瀬智也)は沢山のものを抱えてる。父の介護、寿限無の反抗期、秀夫の親権、さくらの思い、踊介の思い。これら全てが相変わらず凄く面白い!田中みな実まで出してきて、視聴者をざわつかせるのが本当に上手いなって思った「俺の家の話」第5話。
【俺の家の話4話】桐谷健太の演技力に圧倒された。寿限無の変化は見ごたえ抜群だった!
前半の笑いと後半の衝撃。「寿限無のおとしまえ」が重たすぎて、「Yes,子どもだって能」に笑ってた自分がはるか昔のことのように思えた。同じ話の中に、「Yes,子どもだって能」と「寿限無のおとしまえ」が共存してたのね。ふり幅の凄さに圧倒されたよ。
【俺の家の話3話】戸田恵梨香が演じるさくらの過去を「新作能」で表現する演出、最高すぎるだろ…
酷い母親に育てられ、再婚相手の父親にも恵まれず。この超不憫な話を「新作能」で表現しているっていうのがものすごく斬新だった。能を通してさくらの過去を語る滑稽さが、さくらが受けた仕打ちのむごさをなおさら表現していたように感じたシーンだった。
【俺の家の話2話】さすがクドカン。介護や学習障害を本質を捉えつつコミカルに見せるドラマ、凄すぎだろ。
2021年1月29日(金)夜10時に放送されたドラマ「俺の家の話」第2話。 長瀬智也さん主演、脚本は宮藤官九郎さんという、話題の作品です。 この記事では、第2話のネタバレ・感想を書いています。 寿限無が...
【俺の家の話1話】小悪魔キャラを演じてる戸田恵梨香を見て役者の凄さを感じた話
戸田恵梨香さんの役に賭ける意気込みは生半可なものじゃないなって感じさせられる。演じている時、戸田恵梨香という人物は消えている。見事なくらい、戸田恵梨香を感じさせない。喜美子は喜美子だし。志田さくらは志田さくらだ。他の何者でもない。

最後まで読んで下さりありがとうございました!

ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

スポンサーリンク

コメント