【スカーレット77話】自由を手にした直子、”ジャイアン風”鮫島くんと「一発当てる」ため、辞表出してた!|朝ドラ感想ブログ

【スカーレット】第13週(第73話~):愛いっぱいの器

【スカーレット】第77話の感想♪(第13週:愛いっぱいの器)

2019年12月27日(金)放送分の感想です。

第77話の感想

直子(桜庭ななみ)が帰省したのは、お葬式が済んですぐかと思ってたら違った。もう四十九日も済んでいた(;・∀・)いつの間にかそんなに時が進んでいたんだね…!

前回、直子がお葬式にすら出席しなかったことを疑問に思ったのだけど、この言葉が答えだったっぽい↓

「お父ちゃんが亡くなったこと、ほんまに悲しいで。ほんまに悲しい。ほやけど、それとは別にな、これまでお父ちゃんに”ああしろこうしろ”言われてきた。それがこれから先、もう何も言われんで済む。そう考えるとワァーっと走りたくなる。そんな気分になんねん。何やろな、こういうの。うち考えたで。お姉ちゃん真似て、じっくり考えてみた。自由や。うちは自由を手に入れたんや。」

(スカーレット第77話より)

そうか。直子は”自由”を手に入れたと考えたのか。常治が亡くなったのは確かに悲しい。

けれど、常治の晩年を大人しく過ごしたからと言って、今までの暴言や行いが全て帳消しになって”良いお父ちゃんやった”となるのはおかしい気がしてた。

その視聴者の気持ちに答えをくれた直子。お父ちゃんから解放されたことを喜ぶ直子の気持ち、共感できる。

だから葬式にも出席しなかったのか。常治が亡くなったのを機に、交際半年の鮫島くんと共に自由に生きて行こうと考えて模索していたんだろう。大阪で商売すると決めて会社辞めて…。これはきっと、常治が生きていたら単なる”夢”で終わっていたことだと思う。が、今の直子はそれを現実にできる。

どれほど常治が娘たちをがんじがらめにしてきたかってことだね。喜美子はまだこの自由を手に入れたことが分かってないようだけど、ジョージ富士川(西川貴教)との出会いで人生動き出しそう。

ところで私はすっかり八郎沼からは抜け出れたよう(笑)八郎(松下洸平)の髪ほどきも、落ち着いて見れてた(笑)それよりも川の字で寝ない武志の位置が気になってしまったわ(;・∀・)まぁ、いちゃつくためには武志のあの位置はしょうがないけどさ。

前回の感想はコチラ 

次回の感想はコチラ

【スカーレット】矢部太郎さんのイラストがほのぼの可愛いのでまとめてみた(第10週~第12週)

ツイッター反応まとめ


 

以上が、朝ドラ「スカーレット」第77回の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

コメント