【おちょやん50話】千之助の分かりにくいツンデレぶりが好き!+ほっしゃんチャレンジについて

おちょやんの感想

第10週「役者辞めたらあかん!」

おはようございます、まんぷく(@manpuku_kansou)です。

2021年2月12日(金)に放送された「おちょやん」第50話はこんな話でした↓

  • 千代(杉咲花)たちは演じる役の人物像を作り上げる
  • 千之助(星田英利)、鶴亀家庭劇を見に来た万太郎(板尾創路)に気付く
  • 男好きの医者という設定で客の心を掴んだ小山田(曽我廼家寛太郎)
  • 千代たちの演技に客は喜び、「鶴亀家庭劇」は大山社長(中村鴈治郎)に認められる!
  • 舞台を見ていた万太郎(板尾創路)に一目置かれた千代…!
スポンサーリンク

【PR】プレゼントにオススメ!
Amazonギフト券
お盆のお小遣いにもピッタリの可愛いケース付き

第50話感想

千代「お客さん喜ばすのは、笑いだけやあれへん」

(「おちょやん」第50話)

一平「笑かすだけが喜劇と違うてこと。」

(「おちょやん」第20話)

千代と一平、同じ目標に向かって歩きはじめたんだなぁ…と思うと、胸が熱くなった。

「笑い」以外でもお客さんを喜ばすことができることを、体験した千代。

素敵なもの見せもらったよ(´;ω;`)

今回の舞台、すごく良かった。

それと…。

前作のモヤモヤ(私はある人物の人物像が崩壊しているように感じながら見てたので(^^;)をここで晴らしてくれているようなところもあった。

スポンサーリンク

人物設定の重要さに気が付いた千代たち。

自分たちが演じる役がどんな人生を歩んできたのか、どんな思考の持ち主なのか、それが分かっていなかったことが問題だった。

「打倒千之助」ばかりに気持ちがいってしまっていて、「役を愛する気持ち」を忘れてしまっていた4人。

千代も、ルリ子(明日海りお)も 石田香里(松本妃代)も小山田さん(曽我廼家寛太郎)も、演じることが初めての素人ではない。

が、喜劇は初めてな上、千之助という強敵が現れたことにより、役と向き合うことを疎かにしてしまったのだろう。

 

小山田さんが演じる医者が、男を愛する人物という設定は、石田香里が思いついたことだろうか?

前回、石田が小山田さんに何やら耳打ちしていた。

もしこれを思いついたのが石田なら、笑いのセンスあるんじゃない?

スポンサーリンク

最後は金曜日らしく、めでたしめでたしで終わったね。

清々しい終わり方だったねぇ。

千之助の超分かりにくいツンデレぶりが、千之助らしくてグッときた(≧∇≦)

「こんなもん座長なんかわし、はなからやりたないねん、邪魔くさい。」

「わしと一緒にやんねやったらな、次もっと笑かせよ。邪魔くさい。」

(「おちょやん」第50話)

「邪魔くさい」から感じる愛情。こういうの好きだわ~。

スポンサーリンク

#ほっしゃんチャレンジについて…

私は千之助のキャラクターが結構好きで、星田英利さんが演じるから千之助らしい千之助が見られているんだなぁと思って見てる。

だから、星田英利さん批判みたいなのをSNSでみると、残念な気持ちになってたんだ。

Twitterで気に入らない奴(?)を次々とブロックしているとか聞いて、「でも別にブロック機能を使うのは個人の自由だしいいんじゃない?」と思ってた。

だけども…。

どれほどのものかと気になって星田英利さんを検索してみたら、私も同じようにブロックされてましたよ(;・∀・)

私のような人たちが数多くいるらしくて、#ほっしゃんチャレンジとかいうタグが誕生しているみたいですね…(;・∀・)⇩

私、千之助が好きだし、星田英利さんの演技もあのただ者ではない感じがたまらなく好きです。

だけでも、ブロックされてると知ってしまうとなんだか複雑な気持ちですよ(;・∀・)

「おちょやん」を楽しんでいる間は知りたくなかった事実だなぁ…。

スポンサーリンク

さいごに

福助(井上拓哉)、もしかしてみつえ(東野絢香)に気がある?

犬猿の仲なのに、「よっ、家庭劇!」で息が合っちゃう菊さん(いしのようこ)とシズ(篠原涼子)、笑えた( ´艸`)

最後まで読んで下さりありがとうございました!

ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメント