【スカーレット65話】恋愛スキルが高すぎるマツ。常治との人生を失敗と思ったことは一度もない!

スカーレットの感想

【スカーレット】第65話の感想♪(第11週:夢は一緒に)

2019年12月13日(金)放送分の感想です。

スポンサーリンク

【PR】プレゼントにオススメ!
Amazonギフト券
お盆のお小遣いにもピッタリの可愛いケース付き

「スカーレット」第65話の感想

八郎、喜美子と結婚をあきらめちゃうかと思ったけど、常治を説得した。常治からの”陶芸家になる夢をすてろ”という要求をいったんは呑んだ八郎…。

八郎の夢2が「陶芸で賞をとること」、夢3が「好きな人と結婚すること」だったから、どうなることかと思ったけど、うまく話がまとまって良かった。

陶芸家がどんな仕事かを常治に分かってもらうために、先輩の山田龍之介さんの話を始めた八郎。

「こういう、小さな湯飲みを作って…出すと 一個5万で売れます。大学出の初任給の2倍、3倍…いやそれ以上の値段で売れます。」

(スカーレット第65話より )

このお金の話は、常治には効果てきめんだったと思う(笑)

それと、昨日の常治の”失敗の人生”を受けてマツが言った言葉が良かったと思う。

「この先、どんなことが待ってるんやろ思て、ワクワクしてた。うちはいっぺんもあんたとの人生、失敗や思たことないで?」

(スカーレット第65話より)

流石マツ。人並以上の恋愛スキルをもつマツ。マツが人より秀でているところは恋愛と裁縫…。ここまで夫を愛せる人はすごいよ。尊敬と嫌味と半々な気持ち…。

大阪へ行かせた娘の給料前借りしにいって、 都合が悪くなったら信楽に帰って来させ、娘の学費を借金返済に充てさせ、ちゃぶ台ひっくり返して娘泣かせてたこの夫を見てきて、一度も失敗と思ったことがないって!?それはあなたが都合が悪い事は見ないふりして、全部喜美子に押し付けてきたからでは!?(;・∀・)

マツって良い人だし、富田靖子さんの演技めっちゃ良いしすごいって思うんだけど…。常治を前にしたら頭の中お花畑って感じで…やっぱ好きになれない…(-_-;)でも、良いシーンだったのには間違いない。

で、結婚話も上手くまとまり、婿に入ってもらう話はすんなりと終わる。十代田八郎→川原八郎になっちゃうのね。”川原八郎”…。なんか字面がいまいち(;^ω^)十代田って響きが良かったからなー。

常治に結婚OKもらってからの、喜美子がまだ「十代田さん」って呼んでた!陶芸を教えてもらっているからかな?

前回の感想はコチラ

次回の感想はコチラ

 

スポンサーリンク

「スカーレット」第65話のあらすじ

八郎(松下洸平)と対面した常治(北村一輝)は、喜美子(戸田恵梨香)との結婚に向けた条件を出す。それは八郎が陶芸家になる夢を捨てて、丸熊陶業の社員として働き続けること。自分のように経済的な負担を喜美子にかけてほしくないと訴える。八郎は承諾するも、納得できない喜美子が常治に反論。家族を巻き込んだ口論に発展する。すると八郎がある宣言をして常治を納得させることに成功。喜美子と八郎の二人三脚の挑戦が始まる。

引用元:

連続テレビ小説 スカーレット – Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表]

スポンサーリンク

第65話の公式ツイートまとめ

「スカーレット」公式Twitterは既に終了しています。リンク先のコンテンツはご覧になれませんのでご了承ください。

スポンサーリンク

ツイッター反応まとめ

スポンサーリンク

以上が、朝ドラ「スカーレット」第65回の感想でした!

 

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

楽天ブックス
¥1,650 (2021/10/13 08:57時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

コメント