【おちょやん57話】ヨシヲが超スマートなイケメンになってた!けど、刺青してるってどういうこと…?

おちょやんの感想

第12週「たった一人の弟なんや」

おはようございます、まんぷく(@manpuku_kansou)です。

警察のおっちゃん、大山社長に似てるような…(笑)

2021年2月23日(火)に放送された「おちょやん」第57話はこんな話でした↓

  • 千代(杉咲花)、一平(成田凌)の突然のキスに落ち込む
  • ヨシヲ(倉悠貴)、千代を「傷ものにした」と怒って突然一平に殴りかかる
  • ヨシヲと千代は再会し、千代は「岡安」のみんなにヨシヲを紹介する
  • 一平、ヨシヲが刺青をしていることに気付いてしまう…
  • 脅迫電話があり、「鶴亀家庭劇」は公演できなくなってしまった…
スポンサーリンク

【PR】プレゼントにオススメ!
Amazonギフト券
お盆のお小遣いにもピッタリの可愛いケース付き

第57話感想

待ちに待っていた千代とヨシヲの再会!!

でも…。

ヨシヲは何かを隠しているみたい。

一平は気付いてしまったね、ヨシヲが刺青をしていることに…。

脅迫電話も、ヨシヲが関係してるよねぇ…(´;ω;`)

一平が千代とヨシヲを助けてくれることを期待したい。

にしても…。

あのいつもお腹を空かせていたヨシヲがどんな男に成長するのか、すっごく楽しみにしていたんだけど、これ以上ないってくらい最高のキャスティング!!

倉悠貴さん以外のヨシヲなんて、考えられないとさえ思える。

こういうところが「おちょやん」の好きなところ、信頼できるところなんだよぉ!!

スポンサーリンク

ヨシヲが何かを隠し、何らかの目的をもって千代の元を訪れたのは、間違いないだろう。

再会したヨシヲは小綺麗にしているし、髪形もきまってるし、シュッとしてるしでとても素敵。

あのいつもお腹を空かせていたヨシヲが、こんな素敵な男に成長していただなんて、グッとくるよ。

「ねえやん」と呼び慕い、「岡安」にやってきたヨシヲ。

 

なんか…、こういう状況を見たことがある…。

テルヲが千代の元を訪れた時の雰囲気と、ちょっと似ているような気がする…。

神戸の会社に勤めているといっていたが、本当なのだろうか…。

ヨシヲは真っ当な仕事についているのだろうか。

あの刺青、そして誰かに声をかけられていたヨシヲ。

まさか、ヨシヲも千代を騙そうとしているのかな…。

第35話で、大山社長が一平に言った言葉に、嫌な予感を覚えたのだが、それはテルヲとヨシヲの血のことなのかもしれない。

「残念ながら、血ぃちゅうのんは、嫌でも親から子へ受け継がれていくもんなんや。見とうもない汚らわしさも、優れた才能もな。」

(「おちょやん」第35話)

もしそうなら、悲しい、辛い…。

ヨシヲにはその血を断ち切ってほしい。

「姉やん」にキスをした一平を殴ったのは、姉やんを大切に思っていたからだと思う。

あの時のヨシヲは、昔のままの姉やんが大好きなヨシヲであったと信じたい。

千代に近づくためじゃなくて、姉やんを大切にしたいという思いから、思わず殴ってしまったのだと思いたい。

あの優しかったヨシヲだもん、冷たい栗子(宮澤エマ)を心配し、薬草探したヨシヲだもん。

ヨシヲは、きっと苦しいと思う。

その苦しみを手放せる日が来るといいな…。

一平が、その手伝いをしてくれることを願うわ。

スポンサーリンク

ところで、一平のキス。

前回見終えた後は、芝居のためにキスしたのか、千代への思いが溢れ過ぎて思わずキスしちゃったのか、分からなかった。

でも、今回の一平を見て、芝居のためだったんだと思ったわ。

第56話と第57話の一平の言葉聞いてたら、キスの真意が分かった気がする。

「俺がこの脚本に込めたんは、理屈や秩序を超えたとこにある人間の本性、衝動的欲動なんや!」

(「おちょやん」第56話)

「あんたかて好きな人と口づけぐらいするやろ。俺はそないなほんまのことを芝居にしたいんや。つらいことも恥ずかしい事も目ぇそらさんとみんな芝居にする。そないしたらな悲しいけど、どっか滑稽な人の生きざまいうもんが見えてくんねん。」

(「おちょやん」第57話)

一平は人間の本性を表現したくて、キスしたんだね。

で、でも。

検閲があるのに、警察も芝居みてるのに。

座長として「鶴亀家庭劇」を守らないといけない立場なのにね…(;・∀・)

スポンサーリンク

さいごに

「熱いさかい、唇火傷せんようにな。」

(「おちょやん」第57話)

かめさん(楠見薫)のキャラクターほんま面白いわ。

初登場、超怖かったのが嘘みたい(笑)

最後まで読んで下さりありがとうございました!

ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメント