【エール119話】「星影のエール」をBGMに砂浜を走る裕一と音に感動した(´;ω;`)|朝ドラ感想と考察

エール感想(新)
スポンサーリンク

【エール】第119話の感想♪(最終週:エール)

2020年11月26日(木)放送分の感想です。

感想

実質最終回だった「エール」第119話

が見たいと言った音を、裕一が寄りそって歩いていく。

砂浜を歩きだし、2人は出会った頃の2人になっていた。

ベッドを降りた時の足がとてもきれいで、足を老化させることはできなかったのだろうか…?と気になったけども。

でも、そんなことはすぐに気にならなくなった。

キレイだったと思う。

素敵な終わり方だったと思う。

「星影のエール」が効いてたね。ジーンときたわ。

最後の二人からのメッセージも新鮮だった。

裕一と音、というよりも、窪田正孝さんと二階堂ふみさんからのメッセージだった。

見続けてきて良かったなって思えた。

途中何度も残念なシーンがあった。

「何なのこの朝ドラ…」

「視聴者をバカにしてるのだろうか…」

と何度も思った。

でも、あのメッセージを聞いちゃうと…。

コロナ禍で一生懸命撮影したんだなぁ。

みんなに「エール」を届けたいと願っていたんだなぁ…。

としみじみ思った。

あんなふうに言われると文句も言いにくいわ。

(今まで散々言ってたくせに(;^ω^))

明日のエールは「出演者による古関メロ歌合戦」

話の内容重視で、登場人物たちの心の変化を緻密に表現した「スカーレット」より、

話題性だけで視聴率稼ぐんだろうなって思うと、複雑な気持ちになってた明日の歌合戦だけど…。

でも、今日の裕一と音のメッセージを聞いて、明日が楽しみになってきた。

上手く丸め込まれちゃったなぁ。

「星影のエール」の歌の力と、窪田正孝さん&二階堂ふみさん直々のメッセージの威力…。

上手い事やったなぁ(笑)

以上が、朝ドラ「エール」第119回の感想でした!

こちらもおすすめ↓

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

コメント