【おかえりモネ38話】浅野忠信と内野聖陽の演技は圧巻だったけど、過去のセリフとの辻褄が合わない気がする

おかえりモネ第38話感想おかえりモネ感想

おはようございます、まんぷくです♪

2021年7月7日(水)、朝ドラ「おかえりモネ」の第38話(第7週「それでも海は」)が放送されました。

このページでは、第38話のあらすじと感想を書いています!!

スポンサーリンク

【PR】プレゼントにオススメ!
Amazonギフト券
お盆のお小遣いにもピッタリの可愛いケース付き

「おかえりモネ」第38話のあらすじ

新次(浅野忠信)は、かつて自宅があった場所で酔いつぶれていたところを無事発見される。震災から数か月たったころ、耕治(内野聖陽)は新次にもう一度船に乗ることを勧め、銀行員としてもサポートをすると約束していた。しかし、結果として2人は決裂してしまう。百音(清原果耶)は、当時の耕治の悔しい様子を思い出して、今の自分に何ができるか自問自答する。すると、そこに菅波(坂口健太郎)から、電話がかかってくる。

(出典:NHKプラス「おかえりモネ」)

スポンサーリンク

「おかえりモネ」第38話の感想

震災以後の回想シーンだった。

妻を、家を、船を失った親友を何とかして助けてやりたいコージと、辛い気持ちを乗り越えて一歩踏み出そうとした新次

とても見応えのある回だった。

内野聖陽さんと浅野忠信さん、そして、藤竜也さんの圧巻の演技だった。

   

じいちゃんの言葉が超良かった。

「意地で生ぎでんだよ。漁師は。そごまで、潰すな。」

(出典:「おかえりモネ」第37話)

   

新次は、億を超えた借金を背負ったまま船を失った。

その時点で既に新次はつぶれかかってたんだよね…。

新次は意地を保つために必死だったんだよね、きっと。

人の船には乗れないという新次はワガママすぎるな…とも思えたけれど、意地を捨てたら生きる事もできなかったのかもしれない

   

「利息の100万なんか小遣い程度だし」

(出典:「おかえりモネ」第37話)

コージの融資計画が新次の希望だったのだと思う。

けれど…その希望は新次の甘さで消え失せた。

現状を受け止めることのできない弱い新次「100万なんか小遣い程度」という強がりの言葉が、胸に刺さった。

意地を捨てたら生きてはいけない

けれど、その意地を捨てなかったために立ち直れない新次がいるのも事実

どっち選んでもしんどいんだな…。

   

スポンサーリンク

     

というわけで、今回の回想シーンには胸打たれた

親友にもう1度船を持たせてやりたかったコージ。

再起したいとは願いつつも、借金があることを隠していた考えの甘い新次。

親友のために何もしてやれない自分を責めて泣くコージ。

内野聖陽さん演じるコージの無念さといったら、胸を鷲掴みにされたよ

   

今回の話だけを見たら素晴らしい。

だけど、過去のみーちゃんや新次のセリフを思い出してみると、辻褄が合わなくて私の頭の中は混乱状態

  

「準備がいいなおめえは。昔っからそつがねえっつうがよ。俺の船ん時もそうだよ。おめえの判断正しがったよな。でもよ、焚ぎつけだのはおめえだろ。金で首が絞まるって分がってでもなんとがすんのが銀行員でねえの?」

(出典:「おかえりモネ」第18話)

この新次のセリフと今回の話がリンクしないと思ったのは私だけではないハズ。

焚きつけたのはコージかもしれないけど、なんとかしようとしたのもコージだった。

まぁ、新次が自分の弱さや甘えからコージにあたっていた…と考えれば分からなくもないか…(かなり好意的な解釈)。

   

でも。

みーちゃんの過去のセリフはさすがに辻褄が合わないんじゃないだろうか?

みーちゃんは、父が新次に船持たそうと必死だった姿見ていたのに、そしてそれが叶わなくて泣いている父の姿を見ていたのに、こんなえらそうなことを言ったのだ…↓

「返済が正義だもんね!そうやって、りょーちんのお父さんにも船、諦めさせたもんね! りょーちんのうちあんなに大変だったのに!」

(出典:「おかえりモネ」第18話)

…。

おかしいよね?

父の無念さを全て理解した上で、種ガキの研究きっかけであんなえらそうな言い方したなんて、みーちゃんの性格疑うよ…?

   

スポンサーリンク

  

「おかえりモネ」って話の繋がり、大切にしてるのかな?

この展開は残念すぎるよ。

一話だけ見たら素晴らしかっただけに、ほんと残念。

「おちょやん」が恋しくなるな…。

防空壕で出会った当郎に後に助けられる嬉しい繋がり。

花籠贈ってたのが栗子という鳥肌物の繋がり。

ほんと凄かった。

     

ついでに言わせてもらうと…。

なわとびを跳ぶモネの映像が好きなれない。

離れた場所にいるモネと菅波先生を繋いでいるなわとびってステキでしょ?…と押し付けられている気がしてしまう。

それより猛勉強するか登米に戻って仕事するかしてくれ…と思いながら見てる。

菅波先生からの電話も、ホッとするシーンなはずなのに、私にはウザいシーンになってしまってる。

菅波先生は好きなんだけど、モネのじれったいはっきりしない話し方が嫌いなもので…。

「私、気象予報士試験に合格したからといって…」の話も、合格してから言えよ…としか思えなくなってるよ、私。

   

モネを見ていると、あの日何もできなかったことを悔やんでいる人には思えない。

りょーちんが父のために酒屋で頭下げているのを見たのに、モネはその後なんのアクションも起こさなかったしね…。

コージやみーちゃんからは様々な苦悩を感じるのにな。

モネが傷ついたフリして、浅岡さんや菅波先生の気をひいているように見えてる私は重症だな…。

   

   

   

スポンサーリンク

「おかえりモネ」のまとめ

「おかえりモネ」の情報をまとめています。

  

最後まで読んで下さりありがとうございました!!

コメント