【おかえりモネ26話】資格取得を菅波先生(坂口健太郎)に頼る気満々のモネ(清原果耶)が気になる

「おかえりモネ」第26話感想おかえりモネ感想

こんにちは、まんぷくです♪

2021年6月18日(金)、朝ドラ「おかえりモネ」の第26話(第6週「大人たちの青春」)が放送されました。

このページでは、第26話のあらすじと感想を書いています!!

スポンサーリンク

【PR】プレゼントにオススメ!
Amazonギフト券
お盆のお小遣いにもピッタリの可愛いケース付き

「おかえりモネ」第26話のあらすじ

肺がんを患う田中(塚本晋也)が、よねま診療所に通い始める。田中は耕治(内野聖陽)と旧知の仲だが、百音(清原果耶)には、知らせないでいた。ある日、百音はベテラン作業員・熊谷(山本亨)が雨でも作業を中断しなかったことに意見して、中途半端な知識で口を出すなと一蹴される。そして熊谷や作業員の面々がたくさんの国家資格を有していることを知った百音は、気象予報士の資格について菅波(坂口健太郎)に相談する。

(出典:NHKプラス「おかえりモネ」)
スポンサーリンク

「おかえりモネ」第26話の感想

先週のサブタイトル「勉強はじめました」を引きずった感じがあったね。

先週までは、知識としての勉強だった。

でも、今回モネはクマさんが雷と雨にあったこと、そして山田さんが倒れたことで医師としての「資格」について考えさせられたことで、「気象予報士の資格」について考えた

「資格をもつ」という責任の重さを知った上で、「気象予報士」にチャレンジする決意をしたのが第26話だった。

モネ「資格ってなんでしょうね」

菅波先生「資格を必要とする仕事の多くは、他人の財産や生命に直接かかわります。何かミスをすれば目の前の人の命を奪ってしまうかもしれない。それぐらい重い仕事をする資格が自分にはあるのか。それを問うものだと僕は思います。」

(出典:「おかえりモネ」第26話)

   

モネがもつ素朴な疑問に、いつも丁寧に答えてくれる菅波先生が良い

今まで真剣に考えたことがなかった「資格」という言葉の意味を問うたモネも良い

「おかえりモネ」では、今まで本質を考えもしなかった事柄に疑問を持ち、追及するところが良いと思う。

改めて「資格」という言葉を考えてみると、今まで軽々しく「この資格もってたら有利だから…」という思考で使っていたなぁと反省する。

   

でもさ。

モネが気象予報士の試験に本気で挑む決意をしたのを菅波先生に宣言するシーンはもやもやした。

   

まず、宣言直前

菅波先生の姿に気付いていないかのように空を見上げていたモネ

でも実は気付いていたから、菅波先生が立ち去ろうとした瞬間に話しかけるモネ。

…モネ、気付いてたのに無視してたんかい!と思っちゃった(笑)

   

そして、気象予報士になる覚悟を菅波先生に語るモネ。

これって…、教えてもらう気満々じゃない?

菅波先生のご指導の下で資格試験受けるから、先生お願いね…そんな風に見えたのは私だけでしょうか…?

大人しく謙虚そうに見えるモネが図々しい…。

まさ、菅波先生はすっかりモネの虜になっているようだから、嬉しい事だろうけども…。

   

さらに、モネの表情

菅波先生の勢いに、圧倒されるモネ。

「きょとん」とした表情になりがちなモネにもやもや。

モネはこういう表情が多い。

だからモネが疑問をもつと、「その疑問を持つモネって素晴らしいね」というよりも「モネ、頭悪そう…」という風に見えるんだよなぁ…。

なんとかなりませんかね…(-_-;)

   

スポンサーリンク

   

ところで今回、モネと寡黙な山の男たちの間に絆が生まれた模様だった。

   

「商品開発」というモネの初仕事を成功させるために、モネはクマさんに「ナラの伐採計画表」を作っていた。

ツッコミどころ満載の「入札のお話」だったけども、こんな計画表をつくることができるモネはしっかりしている。

天候に左右されて「納期」に遅れが出ることのないよう、余裕をもった計画を練ったようだ。

モネはこの計画表を自発的に作ったようだったし、しっかりしてるなぁと思う。

「みーちゃん」に比べて劣っているように見えがちだった姉だけども、モネの持つ優秀さをいよいよ発揮しつつあるってところかな。

この計画表でクマさんはモネの事「なかなかやるな」と思ったかどうかは定かではないけれど、気になる存在にはなったと思う。

そこへきての突然の雷と大雨で、クマさんはモネの真剣さに触れ、モネに心を許したのだと思う。

   

雷を見てすぐさま天気を調べ、山を下りるようにクマさんに連絡したモネ。   

やたらとクマさんのことを心配して、電話を何回もしちゃうのは、モネ自身が急激な天候悪化の恐怖を体験したことがあるからだ。

帰ってきたクマさんたちに、思わず「仕事より安全を優先させてください」とえらそうに言っちゃったのも、モネは竹とんぼの男の子の命の危機を間近で見たからなんだよね。

あのエピはツッコミどころ満載だったけど、ちゃんと活きてるやん(なぜか上から目線のワタクシ…笑)。

   

クマさんは新人のモネに叱られて腹も立ったけど、モネの真剣な気持ちも受け取って嬉しかったんだと思う。

自分たちの命を心配し、一生懸命になってくれる人がいると思うと嬉しいし、頑張ろうって思えるよね。

この気持ちが、寡黙な山の男たちの気を許したというワケか。

ソファーの真ん中に座らされてるモネ、完全に仲間になっていた。   

天性の明るさで人の懐に入るわけでもなく、持って生まれた美貌で人を虜にするわけでもなく、真剣な仕事ぶりが評価されて仲間として認められるところ、安心した。

    

なんだかんだで、「おかえりモネ」は楽しくみることができている。

今週のサブタイトル、「大人たちの青春」には不安は感じつつも…(笑)

   

   

著:気象予報士試験受験支援会
¥2,398 (2021/06/21 12:57時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

「おかえりモネ」のまとめ

「おかえりモネ」の情報をまとめています。

  

これまでの「おかえりモネ」を全部一気に見たい方は、「U-NEXTの無料トライアル」を利用するとまとめてみることができます。

「スカーレット」の動画配信も再開されましたよ!!

「スカーレット」を見たい方にもおすすめの方法です。

利用する際に注意してほしいポイントをまとめたので、ご覧ください↓

  

最後まで読んで下さりありがとうございました!!

コメント