【おかえりモネ22話】話が散らかりすぎて1話がつまらない

朝ドラ「おかえりモネ」第22話感想おかえりモネ感想

こんにちは、まんぷくです♪

2021年6月15日(火)、朝ドラ「おかえりモネ」の第22話(第5週「勉強始めました」)が放送されました。

このページでは、第22話のあらすじと感想を書いています!!

スポンサーリンク

【PR】プレゼントにオススメ!
Amazonギフト券
お盆のお小遣いにもピッタリの可愛いケース付き

「おかえりモネ」第22話のあらすじ

登米に着いた百音(清原果耶)と菅波(坂口健太郎)を、菅波の先輩医師・中村(平山祐介)が待ち構えていた。どうやら菅波は豪快な性格の中村が苦手なようだった。百音が実家のカキをおみやげとしてふるまうと、登米の皆からおいしいと喜ばれ、百音はうれしく思う。そんな中、広葉樹がなかなか売れない現状をサヤカ(夏木マリ)や川久保(でんでん)から聞かされた百音は、広葉樹を使った新商品開発を担当することに。

(出典:NHKプラス「おかえりモネ」)
スポンサーリンク

「おかえりモネ」第22話の感想

気仙沼が舞台になった2週間は楽しかった。

気仙沼での様子を見ているうちにモネの人物像が分かってきたし、「おかえりモネ」の面白さが伝わってきた。

   

でもやっぱ…。

に帰るといろいろ気になってしまう。

   

「おかえりモネ」は何でも遠回しにゆっくりとじれったく「何か」を伝えてくる傾向があるように思う。

第1週、第2週にもったいぶって真相をはっきりさせてくれなかった部分を、第3週、第4週で答えてくれた。

「何か」が分かるまで根気よく付き合わなければいけないのが「おかえりモネ」だと思う。

   

前作「おちょやん」は1話ごとに見どころが詰まっていた上に、週をまたぐごとに面白さが増していき、蓄積された情報が話に深みを与え、最後の最後まで一貫性のあるストーリだった。

そんな「おちょやん」を見た後だからか、「おかえりモネ」第22話のとっちらかって何やっているのかよく分からない回を面白く感じられない。

    

前回「これから中村先生と菅波先生の話くるぞー」と期待させといて、そこにはあまり触れられなかった。

肩透かしを食った気がしたのは私だけではないはず(と思いたい…笑)。

そして牡蠣のお土産に山のみんなが集合か…。

日曜日…お休みのところを、新人職員が牡蠣持って帰ってきたからって集まっちゃうのシーンをほほえましく見られない私の心の狭さを情けなく思う…。

   

牡蠣の値段を聞かれて「300円」と言ったモネのあのシーンも、好きになれない。

山の人たちの人物像が分からないから、300円を羨ましがっている時の心理もよく分かんなかった…。

これが「おちょやん」なら…。

「おちょやん」なら脇役が揃いも揃ってイキイキしていたから、どんな性格でどんなことが好きでどんな生活を送っているのかを想像できた。

だけど…、山の人たちは普段何やっているのか、何を考えているのか、謎過ぎる…

全く輝きのない山の人たちを見ていると悲しくなってしまうほどだ…。

   

姫ことサヤカさんの事をどう思っているのかどうかも謎。

今回だって、わざわざ日曜に、姫が面倒みているモネのお土産のカキを食すためだけに集まっているが、あれは姫からのお呼び出しに逆らえなかったから来るのではないだろうか…って思っちゃう。

姫のキャラクターには全然感情移入できなし、面白みも感じない…。

姫のせいで山の人たちのキャラも曇る…。

   

それと…。

モネが「1個300円は羨ましい」と言われたことを好意的に受け取って、モネ母に報告しているのも微妙だと思った…。

モネ「殻付きガキ、1個300円は羨ましいって。こっちの・・・山の人達が言ってた。おじいちゃんの努力の証しだって。」

語り「うれしいね、そんなふうに言ってもらえるの。」

(出典:「おかえりモネ」第22話)

山の人たちは自分たちの仕事が正当に評価されていないことで、嫉妬やら情けないやらという悔しい気持ちを消化しきれずにいた。

あの時心から、「おじいちゃんの努力の証」と牡蠣をほめたたえていた人っていたのだろうか…。

「300円は羨ましい」と言われたことを喜ばしい事だと思って母に報告するモネの姿に、あの時の変な雰囲気分かってた?と疑問に思う。

さらに。「うれしいね」というおばあちゃんの語りは違和感しかなかった。

なんか…、おばあちゃんの語り、うるさい…(前から思っていたことをとうとう言ってしまった(;・∀・))

   

セリフが胸に響かないのも悲しい。

中村先生に「訪問医療をやりたい」と言われた菅波先生はこう答えた。

「僕はお手伝い出来ません。僕はまだ、治す医療にこだわりたいです。」

(出典:「おかえりモネ」第22話)

菅波先生の答えに「なんで?」としか思えなかった。

訪問医療は看取りに向けての取り組みってことになるのかしら?と医療の知識皆無の私の頭の中は混乱した。

   

本当に、分かりにくい朝ドラだなぁ…って思う。

でも…、あとで「謎」が解けると「あぁそういうことだったのね!」と少しだけ嬉しくなるしスッキリするから、その時までモヤモヤを抱えたままでいよう。

謎解きみたいなストーリーな気がしてきたぞ。

   

   

スポンサーリンク

「おかえりモネ」のまとめ

「おかえりモネ」の情報をまとめています。

随時更新中です↓

  

スポンサーリンク

  

これまでの「おかえりモネ」を全部一気に見たい方は、「U-NEXTの無料トライアル」を利用するとまとめてみることができます。

利用する際に注意してほしいポイントをまとめたので、ご覧ください↓

  

最後まで読んで下さりありがとうございました!!

コメント