【スカーレット30話】草間さん、奥さんとの再会。笑顔すら見せてくれない妻、辛いな…

スカーレットの感想

【スカーレット】第30話の感想♪(第5週:ときめきは甘く苦く)

2019年11月2日(土)放送分の感想です。

 

スポンサーリンク

【PR】プレゼントにオススメ!
Amazonギフト券
お盆のお小遣いにもピッタリの可愛いケース付き

「スカーレット」第30話の感想

喜美子(戸田恵梨香)が行ってみたい店は草間さん(佐藤隆太)の奥さん(行平あい佳)の店だった。草間さんが前を向いて生きていくためには、絶対に会わなければいけないって思ったんだね。相手と向き合う草間流柔道の精神。幼き日の喜美子を導いてくれた草間さんを、今度は喜美子が導いたんだ。

奥さんとの対面前に、相手を投げ飛ばすかもしれないとか言っていたけれど、客と店員としての会話しかなかった…(´;ω;`)本来なら、もっと早く会えていたなら、互いに生きていたことを抱き合って喜んでいたにちがいないのに。

草間さんの顔を見ても、名前も呼ばない、「生きていたのね」と喜びもしない、心の中はどうであれ淡々と客として接する奥さん。めちゃくちゃ辛いやん(´;ω;`)

昔草間と語った夢を他の男と叶えてる。帰ってこない草間に見切りをつけて、違う男と結婚生活…。自分はずっと信じて探していたのに。夫であるはずの自分の顔を見ても、笑顔すら浮かべない。そうか、奥さん、そういう態度なんか。胸が苦しくなるシーンだったな。そんな奥さんとの再会の場に喜美子が付いてきてくれたことが、草間さんにとってどれだけ頼もしかったことか(´;ω;`)

もしかしてら、自分が生きている事を知ったら、自分のところに戻ってくるかもしれない…そんなことを草間さんは思わなかったのだろうか。もしかしたら、思っていたかもしれない。常連客からの「つわり」の話は、草間さんに現実を突きつけたと思う。でも、だからこそ、草間さんがこれから前を向いて歩けるのだと思う。

そっと置いて来た離婚届と「幸せに」の短い手紙。残したやきめしに食べたくなかった飴ちゃん。草間さんの優しさや怒り、悲しみや悔しさ、プライドが見えてくる。喜美子が渡した飴ちゃんをなかなか食べなかった草間さんに、飴ちゃんを渡し続ける喜美ちゃん。最後は笑顔で礼に終わったの二人。

もう、なんなの。二人のやり取りが泣けて泣けて(´;ω;`)小学生の娘に「へ?お母さん何で泣いてんの?」って見られたわ(;^ω^)もう、草間さんは喜美ちゃんと結婚したら良し!

ところで、草間さんの奥さんは喜美ちゃんは何者だと思ったんだろう。あの様子では、喜美ちゃんが結婚相手とは思っていなかっただろうし。奥さんは喜美子に飴ちゃん渡してくれたもんね。

草間流柔道の精神が生きたこの回。ちや子さんのことも気になりつつ、今日は草間さんだけに焦点当ててくれてよかった。最後の常治の電話は除く(笑)

前回の感想はコチラ

次回の感想はコチラ

 

スポンサーリンク

第30話のあらすじと「スカーレット」の動画配信

あらすじ

再会した草間(佐藤隆太)から、生き別れた妻が別の男と店をやっていると聞かされる喜美子(戸田恵梨香)。そのまま草間を連れて店を訪ねると、遠慮する草間の背中を押して入店。ついに草間が妻と再会する。しかし草間は何事もなかったように、普通の客として振る舞う。喜美子も草間にあわせて、妻に声をかけられない。そして草間は厨房にいる妻の新たな男を見つけると近づく。一方、信楽の父・常治(北村一輝)から緊急の連絡が…

引用元:

連続テレビ小説 スカーレット – Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表]

「スカーレット」を見る方法

一時期動画配信がストップしていた朝ドラ「スカーレット」でしたが、2021年5月現在、配信が再開されています!!

(注:本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)

 

U-NEXTを利用した視聴方法を以下のリンクで紹介しています↓

 

今すぐ申し込みたい方は、月初めでしたら(U-NEXTのNHKオンデマンドは月初めに申し込んでください)どうぞ申し込んで下さい↓

以下のリンクから申し込むと1000ポイント付与されるので、ポイントを利用して「スカーレット」を見ることができます。

【U-NEXT】NHKオンデマンド向けの申し込みページはコチラ

スポンサーリンク

「スカーレット」の視聴率

第30話の視聴率は19.1%でした!

(引用元:戸田恵梨香「スカーレット」母が倒れた?20・1% – ドラマ : 日刊スポーツ

 

スポンサーリンク

ツイッター反応まとめ

以上が、朝ドラ「スカーレット」第30回の感想でした!

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

コメント