【おちょやん93・94話】倉悠貴の名演技に泣いた!ビー玉を見つめるヨシヲが千代とそっくりだった…

おちょやんの感想
スポンサーリンク

こんにちは、まんぷく(@manpuku_kansou)です。

「おちょやん」遅れて視聴中です。

こちらの記事では「おちょやん」第93・94話(第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」)のあらすじ感想気になるセリフなどを書いてます。

スポンサーリンク

あらすじ

2021年4月14日(水)15日(木)に放送された「おちょやん」第93・94話はこんな話でした↓

  • 一平座長の「鶴亀新喜劇」に新しい座員、万歳(藤山扇治郎)・千兵衛(竹本真之)・灯子(小西はる)が加わる
  • 旗揚げ公演に向けた稽古中、千之助(星田英利)はセリフを忘れ、即興も出てこず、いつもと違った様子を見せる
  • 連絡が途絶えていた寛治(前田旺志郎)が、満州から天海家に帰ってくる!
  • 千代(杉咲花)との約束を破った寛治は、千代に会わす顔がないと落ち込んでいた
  • 満州で賭場(?)の店長・ヨシヲ(倉悠貴)に助けられた寛治は、千代が渡したあのビー玉を託された
  • ヨシヲは逃げ遅れた女性を助けるために命を落としていた…
  • 「鶴亀新喜劇」に寛治が加わったことで、万歳と千兵衛の心もほぐれ、劇団が一つになる
スポンサーリンク

第93・94話の感想

この記事を書いている4月23日、「おちょやん」は第100話まで進んでいます…(;・∀・)

ネタバレが怖いのでTwitter触らないようにしています。

Twitterのフォロワーの方は、放置してごめんなさい<(_ _)>

少しずつ最新話に追いついてきました!

 

寛治が帰ってきた!

しかも、満州でヨシヲに助けられて、ビー玉を持って帰ってきた!!

 

満州の賭場で殴られた感じを助けたのがヨシヲで、それきっかけに故郷の話になって、「家庭劇」の話になったのだろう。

ヨシヲが、千代の話を聞きたくて、寛治にこう尋ねたのが愛おしい(´;ω;`)

「何ちゅうたかな、あのええ女優さん。」

(「おちょやん」第94話)

 

寛治を逃す時に、千代から預かっていたビー玉を感じに託したヨシヲ。

「きれいやろ・・・。ほんまにお月さんみたいや。」

(「おちょやん」第94話)

 

光に照らして輝くビー玉を見つめるヨシヲの顔が、千代にそっくりで泣けた(´;ω;`)

きっと千代と「岡安」の前で別れた後、何度も何度もこうやって、ビー玉を見つめていたに違いない。

辛い時、こうやってビー玉を見ながら、明日も頑張ろうと思ったに違いない。

 

ヨシヲは寛治と一緒に逃げることができなかった。

お世話になった人に知らせるといって、寛治だけを逃がした。

 

ヨシヲは、奉公先に恵まれた千代とは違い、家を出た後野良犬同然の暮らしをしていた。

そのヨシヲを助けてくれた親父は、裏社会を生きる男だった。

大人になった千代とヨシヲが再会できたのにも関わらず、2人が再び一緒に暮らすことは叶わなかった。

ヨシヲと千代は、育った環境が違い過ぎた。

もうヨシヲは、幼き日のヨシヲに戻ることはできなかった。

 

でも、ヨシヲと千代はやっぱり家族だった。

離れていても、ずっとお互いのことを思い続けた。

千代とヨシヲは似ている。

殴られた寛治を思わず助けてしまうところは、おせっかいやきな千代によく似ている。

お世話になった人をおいて逃げられない、優しい気持ちがあるところも千代と同じだ。

 

ビー玉に「ねえやん」への思いを込めて、寛治に託したヨシヲ。

もう一度、ヨシヲが千代の前でほほ笑む姿を見たかった…(´;ω;`)

 

ヨシヲ役の倉悠貴さんの演技、最高でした。

この投稿をInstagramで見る

倉悠貴(@kura__yuki)がシェアした投稿

さいごに

「おちょやん」も終盤にさしかかってきました。

以下の記事では、これまでの「おちょやん」を無料で見る方法を紹介しています。

スポンサーリンク

 

最後まで読んで下さりありがとうございました!

ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

 

スポンサーリンク

コメント