【おちょやん42話】「雨男」設定に感動した!天晴さんのストーリーが泣けた

おちょやん感想

第9週「絶対笑かしたる!」

おはようございます、まんぷく(@manpuku_kansou)です。

2021年2月2日(火)に放送された「おちょやん」第42話はこんな話でした↓

  • 新しい劇団をまとめるため、千代(杉咲花)は千之助(星田英利)を説得する
  • 一平(成田凌)、天晴さん(渋谷天笑)に台本を渡し、頭を下げる
  • 千代と同じく、一平も「岡安」に居候している
  • 大山社長(中村鴈治郎)の命令で、この劇団がまとまらないのは許されない
  • 一平の台本に心を打たれた天晴さん、劇団に戻ってきてくれた
スポンサーリンク

第42話感想

今回は天晴さんの日だったね。

「天晴」なのに、雨男。

大切な時はいつも雨。

やっぱり雨男なんだよね(´;ω;`)

この雨男エピが、感動的なものになるとは思ってなかったよぉ(´;ω;`)

 

雨で商いができなくなった天晴さん。

一平の元を訪れた。慌てて、走ってやってきたようだ。

一平の台本を読んだという天晴さん。

その台本を読んで、一平の母を思い出したって言うの(´;ω;`)

天晴さん…。

それってさぁ、もう家族と一緒やん(´;ω;`)

一平の思いが詰まった台本を読んで、そこに一平の母を感じるなんてさぁ(´;ω;`)

天晴さんがどんな人生を歩んできたのか、詳しいことは分からないけれど、今回の話を見て、天晴さんの人生が分かったような気がした。

天海天海一座に若くして入り、稽古に励む厳しい生活の中、一平の母を慕い、一平を我が弟のように可愛がっていたのだろう。

 

一平は孤独の中で生きているように見えていた。

一平を見るたびに私はその様子が気になっていた。

生気が感じられない表情で、憂いを帯びた目をしていることが多かったから。

けど、本当は近くにいたんだな…、温かい家族が…(´;ω;`)

一平は一人じゃない。

感動したわ(´;ω;`)

スポンサーリンク

さいごに

大山社長の口元の米粒が気になるのだが…(;・∀・)

数、増えてない?(笑)

最後まで読んで下さりありがとうございました!

ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメント