【エール96話】智彦が見つけた幸せ。ケンと吟を笑顔にしてくれてありがとう( ; ; )|朝ドラ感想ブログ

【エール】第96話の感想♪(第20週:栄光は君に輝く)

楽譜の画像

2020年10月26日(月)放送分の感想です。

スポンサーリンク

 

 

 

第96話の感想

まずは、あらすじから…↓第96話はこんな話でした。

 「長崎の鐘」を書き上げた裕一(窪田正孝)の元には、仕事が殺到。楽譜をおいた机を3つ並べて行き来して作曲するなど、意欲的に作曲に取り組む日々を送っていた。一方、同期の松川(木原勝利)に声をかけてもらった智彦(奥野瑛太)は、ラーメン屋の仕事を辞めて、貿易会社に就職するのだが…。音(二階堂ふみ)はベルトーマス(広岡由里子)から、ラ・ボエームのオーディションを受けてみないかと勧められる。

出典:

Yahoo! JAPAN
あなたの毎日をアップデートする情報ポータル。検索、ニュース、天気、スポーツ、メール、ショッピング、オークションなど便利なサービスを展開しています。

 

ケンの事を「友だち」と言った智彦…。めっちゃ泣かしてくれるね、智彦ぉ( ;  ; )

 

先週から注目の的智彦

怪しさ満載の貿易会社に高待遇で就職して、(私に)心配をかけた智彦だったが、あっさりと退職

智彦ケンと3人で幸せに暮らすための着地点を自ら見出した。

 

貿易会社に勤めながら、帰りに闇市に寄ってケンに食べ物をあげるのは、恵んでやっている感があり過ぎる。

貿易会社に勤めながら、ケンを養子に迎えると言っても、拒絶されるだけだろう。

こんな風に、もしかしたら智彦は思ったのかな…。

 

助けてやる、俺が面倒をみてやる…こんな気持ちで誰かに手を差し伸べてもダメなんだよね。

そんな恩着せがましいの、腹がたつし、逃げたくなるよね。

だから、ケンも含めた3人の幸せを叶えるためには、貿易会社に残るという道はなかったんだろうな。

良い決断をしたね、智彦さん。

 

ケンと智彦は「友だち」だから。だから関係は対等だ。

ラーメン屋を任された智彦は人を雇いたいから、ケンを雇う、そういうスタンスだった。

ケンは、智彦の優しさに「父ちゃん」の影を見たこともあると思う。

だから“住み込み”で働くことに抵抗を示したんじゃないかな。

そのケンの思いを受け止めて、「友だち」として住み込みで働いてくれと頭を下げた智彦にはほんと泣けた。

 

智彦ケンを連れて家に帰った時、はどんな顔をしたんだろう。

ケンはどんな顔したんだろう。

幸せな家族がここに生まれて、すごく嬉しい( ;  ; )

 

 

とはいえ。

怪しいと睨んだ同期の松川だったんだけど、悪い人じゃなかった。

ラーメン屋を蔑視しているのは気に障るけど、そんな人ばかりの世の中だ。

智彦自身も、ラーメン屋で働き出したことを吟に言えずにいたのだから。

松川は言葉は感じが悪いし、智彦を下に見ている感じもあるけどね。

けれども。反対意見もある中、智彦を採用して仕事を任せたのに、辞められちゃったことは、気の毒である。

 

けどさ。

にどんな仕事でもいいと言われたからって、まさか貿易会社を辞めるとは思ってなかったな。

ラーメン屋やるなんて…、智彦見るたび「まんぷく」を連想してしまうやん。

でもこれが正解だよねぇ。

 

今回で智彦ストーリー完結してしまったようで、もの悲しい。

 

音のオーディションには興味が持てない。

歌うかどうかって時に毎度毎度「え〜、どうしよっかなー。全然練習してないしな〜」ともったいぶる音が嫌いだ。

さっさと練習して歌えよ、と思う。

全然練習してこなかったけど、才能ありまくりだから合格しちゃったの♪という展開はほんと「#萎えーる」になるから、それだけはやめて欲しいと願う。

 

次は久志に注目だな。

スポンサーリンク

 

 

 

「エール」ツイートまとめ

スポンサーリンク

 


 

見逃した方へ(PR)

U-NEXT は無料登録◎

31日間無料視聴OK◎

無料期間中に解約OK◎

「エール」「スカーレット」「まんぷく」など過去の朝ドラも楽しめる◎

無料期間は31日!

一気見できる時間に余裕があるときに登録してみると良いでしょう◎

以上が、朝ドラ「エール」第96回の感想でした!

関連記事はこちらからどうぞ↓

 

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました