【エール】古川雄大演じる御手洗清太郎の玄関前ターンが好評だ♪

エールまとめ(新)

2020年11月25日放送のエール第118話で、古川雄大さんが演じる御手洗清太郎が、短い時間の出演でインパクト抜群でした。

(118)「エール」

御手洗清太郎のクセがある感じ…大好きです。

みんなの声をまとめました。

スポンサーリンク

やっぱり御手洗清太郎はいいキャラしてる

初登場から印象的だった御手洗清太郎。

演じているにはミュージカル俳優の古川雄大さんです。

古川雄大さんの優雅でしなやかで品のある仕草が、御手洗清太郎の魅力を最大限に引き出して、と個性的で愛されるキャラクターを作り上げていました。

御手洗清太郎といえば、英語まじりの日本語がとてもユニーク。

いつも明るく前向きな雰囲気だけれど、実は過去に辛い経験をしていて、「先生」という言葉が苦手だった。

だから、当初に呼び名は「御手洗ミュージックティーチャー」でした。

そんな御手洗ティーチャーについては過去の記事でも書いてますので、良かった御覧ください。

リンクはページの下に貼っています。

朝ドラ「エール」第118話では、裕一と音の晴れ姿をみんなで応援しようと、小山家のテレビの前に多くの人が集まりました。

御手洗清太郎は、遅刻気味だったんですかね。

早足で小山家にやってきた御手洗清太郎は、ターンしながら戸を開けて入っていくんです(笑)

御手洗清太郎は最初から最後まで、御手洗清太郎であり続けたなって思うと嬉しいシーンでした。

古川雄大さんが御手洗清太郎を演じたおかげで、御手洗清太郎が大好きになりました。

御手洗清太郎が出てくると楽しい気持ちになりました。

小山家で一緒にテレビ見るほどの関係性だったっけ?という疑問を抱きつつ(笑)

「あぁ、御手洗清太郎ももうすぐ見納めかぁ。もしかして今日が見納め…?」

と思うと寂しくなりました(T . T)

決して長い時間の出演ではないのに、存在感抜群でした!

最高のミュージックティーチャーでした。

第118話では、多くの視聴者が、御手洗清太郎のターンに注目していました。

みんなの声を以下にまとめました。

スポンサーリンク

御手洗清太郎のターンが大好評♪みんなの声

以上が、朝ドラ「エール」のまとめでした!

古川雄大さん、御手洗清太郎の関連記事はこちらからどうぞ↓

www.manpuku-kansou.com

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

コメント