【エール105話】クリスマス会の主役は音だった…!これが本来の音だよね。これで良い。|朝ドラ感想ブログ

【エール】第105話の感想♪(第21週:夢のつづきに)

楽譜の画像

2020年11月6日(金)放送分の感想です。

スポンサーリンク


 

 

 

第105話の感想

まずは、あらすじから…↓第105話はこんな話でした。

目標を見失った音(二階堂ふみ)のために、裕一(窪田正孝)は鉄男(中村蒼)に詞を書いてもらい、音への思いを音符にのせて歌をつくる。そしてある日、裕一は音を連れて教会にやってくる。裕一は音に、教会でクリスマスのときに開催することになった慈善音楽会で、音のためのつくった歌を歌ってほしいとお願いをする。子供達に歌を教えて、音楽の楽しさを思い出す音。そして、いよいよ、音楽会当日に…

出典:

Yahoo! JAPAN
あなたの毎日をアップデートする情報ポータル。検索、ニュース、天気、スポーツ、メール、ショッピング、オークションなど便利なサービスを展開しています。

 

今回もやってきたよ…、最終回が(;・∀・)

何回終わらせれば気が済むのかね…エールよ…。

そんな最終回(違う)を迎えた第105話は、音は綺麗だし曲も素敵だったし超良い話だった!!

 

しかし…。

そんな感動的な話だったのに…音の回想シーン見ながら「こんなにいつも歌ってた風にするのっておかしくない?全然歌ってなかったじゃん」と思ってしまった自分が残念だった。

「エール」も二階堂ふみさんも好きなのに…(´;ω;`)

 

教会の慈善音楽会で主役になった音。

主役になりたいのがだもんね、それでいいんだよ。

自分が一番で、祭り上げられて拍手喝采されて、自分に酔って自分自身に感動して涙流す…。それがだよ。

強欲で何が悪い!というのが音なのだから、教会に全くがなかったのにも関わらず、クリスマス会で主役かっさらっていっても、「あぁ、これが音なんだよ」と思う以外何もない。

 

それに、教会だって寄付が多く集まれば万々歳なわけだし、裕一と教会がこうして繋がるのはwin-winの関係だね。

裕一は知名度で客を集め寄付金を増やし、教会は裕一の妻にステージを提供することができた。

それでいいのだ。

 

にしても…。華ちゃんが家出した帰りに、教会に立ち寄ったのがこうして利用されるようになるとはなぁ。

クリスチャンの両親に育てられたに、信仰心があるのだろうかと疑問に思ったことがある。

 

吟は教会へ通っていたので、信仰を捨てていなかったのだと分かった。

吟とケンは教会へ通い、子どもたちとも親しかった。ケンは手製のめんこを子どもたちに渡して、お兄ちゃんの役割を果たしていた。

一歩のは、教会がこんなところにあったのか…という反応だったので、信仰心は強くなかったと思われる。

 

音と裕一が出会ったのも”教会”ってことで、教会がクローズアップされるのだけども、”教会”がただ利用されているようにしか見えない。

裕一が五郎ちゃんから渡された聖書は日の目をみることもなく、最終話までいってしまうのだろうか…。

(関連記事:【エール】五郎が裕一に渡した聖書はどうなった?キリスト教を話に絡めたり絡めなかったり…

 

Amazon Music – α波オルゴールのα波オルゴールで聴く 朝ドラ コレクション – Amazon.co.jp

 

ところで…。教会の椅子に詰め気味で座る吟・ケン・智彦の姿は微笑ましかった。

智彦さんの左側、結構空いていたんだよ。

でもケンにくっついて座っているんだよぉ(≧∇≦)

智彦さんのケンに対する愛情を感じられて、超嬉しかった♪

スポンサーリンク

 

 

 

「エール」ツイートまとめ

スポンサーリンク

 

 

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

古川雄大(@yuta_furukawa_official)がシェアした投稿

見逃した方へ(PR)

U-NEXT は無料登録◎

31日間無料視聴OK◎

無料期間中に解約OK◎

「エール」「スカーレット」「まんぷく」など過去の朝ドラも楽しめる◎

無料期間は31日!

一気見できる時間に余裕があるときに登録してみると良いでしょう◎

以上が、朝ドラ「エール」第105回の感想でした!

こちらもおすすめ↓

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました