【エールのまとめ】岩城さん(吉原光夫)…関内家に一生を捧げた、男の中の男だった|朝ドラ感想ブログ

エールまとめ(新)
スポンサーリンク

【エールのまとめ】吉原光夫さんが演じた岩城新平が最高だった!

朝ドラ「エール」で、関内馬具店の職人・岩城新平は、眼光鋭く、厳しくも優しい、芯が通った人物でした。

その岩城を演じたのは吉原光夫さん。男気のある岩城の魅力を余すことなく見ることができたのは、吉原光夫さんが演じたからに違いありません。

スポンサーリンク

岩城を演じたのは吉原光夫さん

朝ドラ「エール」の岩城さんは、馬具職人

夫を亡くした関内光子(薬師丸ひろ子)を支え、関内家のために一生をかけた男。

それが岩城新平という男でした。

大きなと大きなハートで関内家を見守り続けた岩城さんでした。

そんな岩城さんは、「エール」第91話にて亡くなりました(´;ω;`)

岩城を演じた吉原光夫さんは、元劇団四季の団員だそうです。

どうりで、あのオーラ、あの発声。佇まいからただ者ではない雰囲気が溢れ出ていましたよね。

帝国劇場開場100周年記念公演『レ・ミゼラブル』では、日本公演の歴代最年少となる32歳で主演”ジャン・バルジャン役”を演じたそうで…。

そんな経歴の方だったとはつゆ知らず。

岩城の貫禄はこういうところから滲み出てくるんでしょうか。

スポンサーリンク

存在感抜群だった岩城さん

光子の夫・安隆が急死して、仕事のなくなった関内馬具店の職人たちは去って行きました。

一度は、岩城去ったのです。

けれど、音たち姉妹と光子の努力のかいがあって、軍との取引を継続できるようになると分かると、岩城はすぐに戻ってきてくれました。

職人がいなければ、関内馬具店はつぶれていたでしょう。

私は、当初、安隆が亡くなって仕事がないからといって、すぐに出ていく岩城を含めた職人たちが薄情だと思いました。

けれど、今になって思えば、岩城は「仕事もないのに自分が残れば、おかみさんは給料を払おうとしたりして無理するだろう」と考えて、あえて出て行ったのではないか…。

そう思えるのです。

そう思わせるくらい岩城は、関内家を一生をかけて支えましたから…。

岩城安隆亡き後も、光子の傍に居続けることを選びましたが、どうやら光子のことが好きだったらしいのです。

鈍感そうな梅岩城の気持ちに気付くくらい、光子を好きだった岩城

そんなある日、天国から安隆がやってきて、岩城メッセージを残しました。

それは、光子との再婚を許すという内容でした。

(57)「父、帰る」

関連記事↓

【エール57話】岩城への「再婚許す」が泣けた。亡き安隆があの世から来る設定も意外と良いね。

しかし、岩城はこんな言葉を返しました。

おれは安隆さんといるおかみさんが好きなんです

(エール第57話)

これ…。カッコ良すぎるでしょう。

そして、その後も生涯を通して光子の傍から離れず支え続けた…。

岩城最期の言葉も感動しました。

「おかみさん。長い間、ありがとうございます。」

(エール第91話)

感謝したいのは光子の方だったと思います。

この二人の間にある愛情の深さに、心打たれました。

岩城新平だったよ(´;ω;`)ありがとう。

Documentary of 窪田正孝 in エール | 齋藤 陽道 |本 | 通販 | Amazon

岩城ロス…ツイッターの声をまとめました

さいごに

「エール」最終回では、迫力の歌声を聞かせてくれました!

「イヨマンテの夜」、凄かった!!

これからの吉原光夫さんの活躍も楽しみです。

さいごまで読んで下さりありがとうございました!

コメント