毎田暖乃

スポンサーリンク
おちょやん感想

【おちょやん10話】計算しつくされたストーリーに涙が止まらないわ…!

帰る家がない千代(毎田暖乃)は一人黙って出て行った。千代を見つけたのがシズの母だ。その見つけ方が粋だった。 浮浪者に捜索を頼み、警察よりも先に千代を見つけ出したハナが超カッコ良かった。宮田圭子から放たれる温かさと厳しさのバランスが絶妙だ。
おちょやん感想

【おちょやん9話】千代のことが好きになってるかめさん(楠見薫)に泣かされたわ…

千代(毎田暖乃)がクビに至るまでの経緯が流れるように自然だった。帰るうちがないから、たった一人で出発した。千代を引き留めたいかめ(楠見薫)の気持ちが溢れ出てて、かめには泣かされたわ。一ヵ月経っていないのに、千代のことが大好きになってるやん。
2020.12.11
おちょやん感想

【おちょやん8話】夜逃げしたの?テルヲ(トータス松本)は毒親過ぎるわ

第8話はいろんなことがあった。けどさ。最後の小林のおっちゃん(烏川耕一)の夜逃げ情報に全部持っていかれたじゃないか!!ヨシヲ(荒田陽向)がどんな気持ちで夜逃げしたのかと思うと辛い。不安でいっぱいで心の中で何度も「ねえやん」を呼んでたと思うよ。
2020.12.10
おちょやん感想

【おちょやん7話】母と弟の写真を抱いて眠る千代の姿が見てて辛い

千代(毎田暖乃)とみつえの対比が残酷だわ。疲れて眠ってしまったみつえは父(名倉潤)におんぶしてもらえるのに、千代は一人きりで座布団修繕。そのため風呂に間に合わず、水で髪を洗い、道頓堀でたったひとり佇む千代の後ろ姿のシーンからは音が消えた。
2020.12.09
おちょやん感想

【おちょやん6話】女中頭のかめさんが怖い!「おかめさん」と呼ばれるのは嫌い?

千代(毎田暖乃)にとっての怖い人はシズ(篠原涼子)だけかと思ってたら、女中頭のかめ(楠見薫)が超怖い存在だった。千代に仕事を教える気のないかめだったが、「ありがとう、おかめさん」と言われてスイッチが入った。どうしてスイッチが入ったのだろう?
2020.12.09
おちょやんまとめ

【天才】毎田暖乃ちゃんの演技が上手すぎると評判になっている!

「おちょやん」の主役・竹井千代の子ども時代を演じている毎田暖乃。その演技は天才的で、彼女の喜怒哀楽、さまざま変化する感情の表現が、視聴者に感動を与えてくれる。こんな逸材がこの世に存在していたか…と思うほど素晴らしい演技を見せてくれている。
2021.01.25
おちょやん感想

【おちょやん5話】千代(毎田暖乃)とテルヲ(トータス松本)の別れのシーンが圧巻だった

テルヲ(トータス松本)と千代(毎田暖乃)の別れのシーンが圧巻だった。追いかけてきたテルヲを振り返った千代の笑顔と、遺影を渡されてからの千代の顔の変化は鳥肌物だった。テルヲの中途半端な親心のおかげで、千代は家族と決別する覚悟をもつことになった。
2021.02.22
おちょやん感想

【おちょやん4話】ヨシヲの優しさに泣いた。ヨシヲは母を求めてた(泣)

ヨシヲ(荒田陽向)にとって栗子(宮澤エマ)は、あんなんでも初めて知る母だ。ヨシヲは実の母のことを覚えていないから。 ヨシヲはきっと、栗子に家にいてほしいっ思っている。千代(毎田暖乃)はそのヨシヲの気持ちに気付いてしまった。切ないわ。
2020.12.09
おちょやん感想

【おちょやん3話】ヨシヲが可哀そうで見ていて辛くなるわ…

ヨシヲ(荒田陽向)が不憫すぎて辛い。「ねえやん…」と言いながら山をひとりぼっちで歩くシーン…悲しすぎる。辛い時に思わず口にしてしまう人が、「ねえやん」なのも見てて苦しくなる…。父ちゃんでも母ちゃんでもなく「ねえやん」なんだよね…。
2020.12.09
おちょやん感想

【おちょやん2話】ヨシヲにおはぎをくれた小林くんの好感度爆上がり!

千代(毎田暖乃)初めての小学校生活で、好感度爆上がりだった小林勝次くん(原知輝)。お弁当のおはぎを「ヨシヲにもってったり」と渡してくれた。しかし、そのおはぎは栗子(宮澤エマ)に食べられてしまった。いつもお腹を空かせるヨシヲを見るのは辛い。
2020.12.09
スポンサーリンク
manpuku-kansouをフォローする