【おちょやん10話】計算しつくされたストーリーに涙が止まらないわ…!

おちょやんの感想
スポンサーリンク

第2週「道頓堀、ええとこや~」

おはようございます、まんぷく(@manpuku_kansou)です。

宮田圭子さんが演じるハナから放たれる温かさと厳しさのバランスが絶妙。

痒い所に手が届く演技で、見ていると爽快感さえ感じますよ。

2020年12月11日(金)に放送された「おちょやん」第10話はこんな話でした↓

  • いなくなった千代(毎田暖乃)を見つけたのはシズの母(宮田圭子)
  • 千代、一平(中須翔真)の本気の芝居を見る
  • 千代、自分の境遇を「岡安」のみんなに打ち明ける
  • シズ(篠原涼子)が「うちのおちょやん」と千代を受け入れる
  • あれから8年!千代が毎田暖乃→杉咲花に成長する
スポンサーリンク

第10話感想

何度泣いただろう。

「おちょやん」はほんとに泣ける。

千代の境遇が悲惨で、可哀そうだから泣いている…というのとは違う

ただ同情を誘ったお涙頂戴の物語なんかではない。

計算しつくされているのだと思う。

無理やり感動的なシーンを作っているワケじゃない

自然な流れで、笑わせてくれて泣かせてくれて、不自然さがない。

エピソードの緩急の付け方が素晴らしい。

 

例えば第1週のおはぎのシーンなんて、「緩」の方だったと思う。

”おはぎ”だけであんなにてんこ盛りの笑いと涙のエピソードを生み出してくれるのも、凄い。

おはぎを通して、千代はもちろん、先生、小林くん、小林くんのおばあちゃん、ヨシヲに栗子までもがイキイキと輝いていた。

全てが繫がっていて、物語を鮮やかにしているのが「おちょやん」だ

 

前作のあのシーンってなんだったの??あれ意味あったの??みたいなのがないのが嬉しい。

 

帰る家がない千代は一人黙って出て行った。

その千代を見つけたのがシズの母・ハナで、その見つけ方がだった。

浮浪者(だと思ったけど?)に捜索を頼み、警察よりも先に千代を見つけ出したハナが超カッコ良かった。

そして、そんな千代をハナは芝居茶屋に連れて行った。

ハナはやる事為すこと粋なんだよ!

このハナの行動が、これが全然鼻につかない。

「は?ハナは何で真っ先に岡安に帰らない?みんな千代を探して心配してんだよ!?」

とはならないんだよ。

これまでのハナから只ならぬオーラがでていた。

ただの優しいおばあちゃんじゃないってことは、これまで見てきた視聴者には痛いほど伝わっているだろう。

一平とのやりとりから、子どもを正しい方向に導くことにできる人であることが感じられた。

観客を笑わせたのではなく、「笑われてた」と厳しい言葉をかけたハナ。

ハナは自分の周りにいる人間に対して真摯に向き合い、責任をもって接する人だ。

 

そんなハナだから、千代に芝居を見せた。

天海天海を失った天海一座の芝居を、一平の本気の芝居を、千代に見せる必要があった。

そのことが、千代の原動力になると信じて、芝居を見せたんだろうと思う。

 

そして、千代を「岡安」に連れて帰ったハナは、千代自身に事情を語らせた。

一平が「天海一座」で生きる事を決意したように、千代も「岡安」で生きる事を決めたのだと思う。

その気持ちを受け入れてもらうために、千代は自身の言葉で話した。

シズたち周りの人たちに、千代の境遇や思いを理解してもらうこと以上に、千代自身が自分の苦しい思いを乗り越えて前に進むために必要な事だったのだと思う。

 

その千代の全てを受け入れた時のシズが…(´;ω;`)

超泣けた。

「警察さんよ、今更やってきた何?」

と思わせたところで、

うちのおちょやんだす

は反則だよ(´;ω;`)

シズの顔が、表情が、超絶良い。

厳しい顔からちらりと見える優しさ、思いやりといった愛情が、超絶良い!

 

さらに。

千代の窓に書いた文字を見つけたかめさんと旦さん。

「父」「母」「弟」「家」

見て下さい!(←言い方は違うかもよ)って必死な顔してシズを呼んでた(´;ω;`)

なんなのよ、この泣ける話は(´;ω;`)

ただの千代の落書きじゃないか。

「あぁ、千代はこんなところに字を書いてたのか」って話じゃないか。

なのに…、あんな顔してシズを呼ぶなんて…。

どんだけ千代が戻ってくることを望んでいるのか計り知れないやん。

そして…。

千代に字を教えてあげる旦さんが、優しいんだよ。

みんなして、千代が文字を教わっているところを見てあげているんだよ。

千代への愛が溢れ出ていすぎじゃないか(´;ω;`)

もう、どんだけに溢れたお話なんだよ…(´;ω;`)

スポンサーリンク

さいごに

千代に平仮名を教えてくれた旦さん(名倉潤)が登場すると、いい具合に気が抜けて最高な塩梅になる。

シズと旦だんのバランス、ナイスだね!

黒衣のツッコミも大好き!

8年経過後の千代が登場するまでの演出、最高に面白かったわ。

名倉が布団から出るとこから始まって、自転車のみつえ。

の次が、はるか師匠だっけ!?

ほんっと面白い(≧∇≦)

最高ですよ、おちょやん!

杉咲花ちゃんの黒衣を見る冷たい目も良かったよね~!

来週からいよいよ杉咲花ちゃんの「おちょやん」!楽しみだね♪

前回の感想・次回の感想

コメント