【おちょやん59話】ここでマットン!?意表をつく展開が圧巻だった!

おちょやんの感想

第12週「たった一人の弟なんや」

おはようございます、まんぷく(@manpuku_kansou)です。

百久利さんが、千之助がいなくても稽古に参加しているのが嬉しかったです♪

2021年2月25日(木)に放送された「おちょやん」第59話はこんな話でした↓

  • ヨシヲ(倉悠貴)、「えびす座」に火をつけるように命じられる
  • 千代(杉咲花)と一平(成田凌)は、ヨシヲ(倉悠貴)の宿を訪れる
  • 「なんぼ欲しいねんな」と、千代はヨシヲを養うことを提案する
  • 一平はひとり、ヨシヲの元へ行き、千代の思いを話す
  • 2本目のマッチに火を付けると、マットン(星田英利)が現れる!
スポンサーリンク

【PR】プレゼントにオススメ!
Amazonギフト券
お盆のお小遣いにもピッタリの可愛いケース付き

第59話感想

ヨシヲ、神戸のおやじに救われたんだなぁ…(´;ω;`)

あのおにぎり、おいしそうだった。

「わしのとこ、来るか?」

(「おちょやん」第59話)

ひとりぼっちのところを救ってくれた神戸のおやじのこと、裏切れないよね…。

 

それにしても。

マットンが出てくるなんて、予想外の展開だった。

振り返ってみると、千之助が「おちょやん」にとって超重要人物だった。

 

父を亡くした一平に愛あるデコピンをした千之助は、天海天海の親代わりとなり一平を育てる決心をしたに違いない。

しかし、役者一平を育て上げることができず、天海天海一座は解散してしまった…。

 

その後、一平座長の「鶴亀家庭劇」に入団するも、態度が悪い千之助にはイライラさせられた。

千之助は一平の「母に捧ぐる記」を改変し、あろうことか「マツトン婆さん」というタイトルにしてしまった。

無償の愛を描きたかった一平の思いを踏みにじり、「天海天海一座」の頃となんら変わらない、「笑わせてなんぼ」の芝居を続けるのだろうと思い、千之助の好き勝手し放題には腹が立った。

が、千之助は「マツトン婆さん」で無償の愛を伝え、かつ、笑いもとった。

スポンサーリンク

脅迫電話がかかってきて、えびす座での公演ができなくなった。

千之助は、稽古に参加せず、飲みに行っている…はずだった。

が、実はえびす座のパトロールをしていた千之助。

しかも、「マットン」の姿で…!!

 

千之助の「マツトン婆さん」は、「無償の愛」の象徴だ。

「あんさんらには、こないちいちゃい頃から、た~んと無理言われてきましたけどな、無理言われたら言われるほど、マットンを頼りにしてくれてはるんやなあて、うれしゅうてうれしゅうて…。これからも遠慮のう無理言うて、どうかマットンを困らせとくなはれ。どう逆立ちしたかて、あんさんらのほんまのお母ちゃんにはなれませんけど、ほんまのお母ちゃんの代わりに無理聞いてあげるんが、マットンの生きる喜びです。」

(「おちょやん」第54話)

母の愛を知らずに育ったヨシヲの前に現れたのが、マットンって、最高の展開やなぁ。

マットンが2本目のマッチ棒の火を消したシーンって、語り継がれるレベルじゃない?

 

そして、ヨシヲの無理を聞いてあげたい千代から溢れる無償の愛情には泣けたな(´;ω;`)

「なんぼ欲しいねんな。姉やん、一生懸命稼いであんたにぜいたくさしたる。お小遣いもようけあげる。テルヲに根こそぎお金取られてもうたけど、あんたが悪い連中と手ぇ切ってくれんねやったら、姉やん喜んでなんぼでも出したる。」

(「おちょやん」第59話)

一瞬「え?」って思ったんだけどね、「なんぼ欲しいねんな」と千代が言い出した時は。

でも…、これが愛情なんだなって思うと切なくなってしまった。

 

「新しい着物、またあつらえてしもた。わても旦さんも、そない甘やかしたらあかんて分かってたんや。分かってたんやけど、どないもこないも、かわゆうてなあ…。」

(「おちょやん」第55話)

シズ(篠原涼子)がみつえ(東野絢香)を甘やかして「新しい着物」をあつらえてしまったという話とかぶって、「なんぼ欲しいねんな」に千代がどれだけヨシヲを愛しているのかが表現されていたような気がした。

スポンサーリンク

さいごに

「この世の中でお前のこと誰より思てたんは、間違いのう千代や。」

(「おちょやん」第59話)

千代の思いを守りたい一平が終始かっこよかった!

座長としての責任感も強いところも素敵(≧∇≦)

最後まで読んで下さりありがとうございました!

ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

コメント