【エール60話】最低DV男やん…怒鳴るぶっ壊すの環先生の彼氏がクズすぎた…

エール感想(新)

【エール】第60話の感想♪(第12週:環のパリの物語)

(60)「環のパリの物語」

2020年6月19日(金)放送分の感想です。

スポンサーリンク

第60話の感想

まずは、あらすじから…↓第60話はこんな話でした。

双浦環(柴咲コウ)のパリ時代の話、後編。今村嗣人(金子ノブアキ)はパリでなかなか認められず焦りを感じていた。一方で、環は思い切ってミラノまで受けに行った「蝶々夫人」のオーディションをきっかけに、歌手になるチャンスをつかみかけていた。まわりから環について聞かれることが多くなった嗣人は、素直に喜べず複雑な気持ちを抱えるようになる…。そして、ある日、環の人生を変える大きな知らせが届くのだが…。

出典:Yahoo!Japan テレビ

環先生の過去のお話後編。

このお話は朝ドラじゃないよね…(;・∀・)なんちゅー話なんや!

昨日は金子ノブアキさんと柴咲コウさんがお似合い♪なんて書いたけど、いやいや、金子ノブアキさんが嗣人演じるとすごくなりすぎてダメでしょ。

もう完全なるDV男になってた。狂気が滲み出過ぎる金子ノブアキさん…。もうちょっとマイルドな役者さんじゃないと…、ジコチュー最低暴力男にしか見えないしアウトでしょ。

環が一次審査通っただけで心から喜べない…って時点で器が小さい男だってのは分かってたけど、ここまでのクズ男だったとは(;・∀・)

音が椿姫を降板した時に、ちょっと思いにふけっているような表情してたけど、その時思い出していたのがこの彼なんだよねぇ。きっとね。

うん。コイツは思い出す価値もない男だわ。

格下の彼女なら愛せたんだろうね。

でも嗣人よ、自分のザワついた環に対する気持ちに気が付いたのなら、自分から身を引くべきだったんじゃないの!?

それを、歌手をやめるようにお願いするなんて、暴言吐いといて「愛してる」だなんて、ほんとDVだね(;・∀・)

めっちゃ引いたわ…。この話。第58話は…見てて不快だったなぁ。

朝ドラ終わっての「あさイチ」で、近江アナ&博多華丸大吉さんが、大声出す男はロクな奴じゃない…みたいな話してたからホッとしたわ。

そうだよね!そう思うよね!って共感できる朝ドラ受けしてくれるあさイチメンバー大好きです。

 

以上が、朝ドラ「エール」第60回の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

コメント