【スカーレット95話】マツは”へそくり”を続けていて、ついに喜美子のために使われた!

スカーレットの感想

【スカーレット】第95話の感想♪(第16週:熱くなる瞬間)

2020年1月24日(金)放送分の感想です。

スポンサーリンク

【PR】プレゼントにオススメ!
Amazonギフト券
お盆のお小遣いにもピッタリの可愛いケース付き

「スカーレット」第95話の感想

多額の費用がかかる穴窯建設を諦めようとしていた喜美子の背中を押した家族たち。

マツ(富田靖子)はへそくりを続けていたし、武志(中須翔真)は靴下を繕って稼いだお小遣いを差し出してくれた。

八郎は喜美子とふたりでゆっくり話して、優しく喜美子の夢を応援してくれた。銀座の個展で稼いだお金は喜美子のための穴窯建設に使われる。

大阪から直子(桜庭ななみ)と鮫島くん(正門良規)も来てくれた。直子らしいエールを送ってくれた。

温かすぎるよ、この家族(´;ω;`)

貧乏なのに、お金の使い方は豪快なんだよね、川原家…。

ここぞ!というときに尻込みせずにドカンと使える度胸がすごいわ。

思えば常治もオート三輪買ったり、離れを建てたりしていたなぁ。そのことがきっかけで、借金地獄になってたり、無理な仕事をして体壊したり…。良い事なかった常治のお金の使い方…。

同じ道にならないことを願うばかりだ。

今回の三津(黒島結菜)は恋する乙女。

一生懸命お手伝いをしていて、陶芸を勉強しようとしているようにも見える三津だけど、せっかく八郎からの教えてあげると言われたのに、それを断っちゃうのだ。

弟子ならば、師匠から直々に教えてもらえるチャンスを逃すわけないでしょう。

三津は恋で頭がいっぱいで、なぜ今川原家でお世話になっているのか、本来の目的を忘れてしまっている。

予告で見た、八郎と寄り添って眠るシーンはまだ…。

明日だね。三津と八郎に何が起こるんだろう。

ところで、柴田さん(中村育二)が常治の影響でめっちゃ良い人になっている!!

ディナーセットを作る八郎を擁護する柴田さんに好感度上がるわ~。

前回の感想はコチラ

次回の感想はコチラ

 

スポンサーリンク

「スカーレット」第95話のあらすじ

電器窯の故障をきっかけに八郎(松下洸平)が喜美子(戸田恵梨香)に穴窯の建設を提案。早速喜美子が試算すると穴窯で焼き物を作る費用が膨大になることが判明。家族から応援されるも穴窯の建設をちゅうちょする。そんな喜美子に八郎は今やりたいことに挑戦すべきと助言する。だが穴窯の話を聞きつけた直子(桜庭ななみ)が帰ってきて抗議する。一方ついに百合子(福田麻由子)との結婚挨拶に向かおうとした信作(林遣都)に悲劇が

引用元:

連続テレビ小説 スカーレット – Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表]

スポンサーリンク

第93話の公式ツイートまとめ

「スカーレット」公式Twitterは既に終了しています。そのため、リンク先のコンテンツは見ることができませんのでご了承お願いいたします。

スポンサーリンク

ツイッター反応まとめ

以上が、朝ドラ「スカーレット」第95回の感想でした!

 

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

コメント