【スカーレット90話】東京に付いて行くつもりだった三津…天真爛漫を装った性格悪い女子やん

スカーレットの感想

【スカーレット】第90話の感想♪(第15週:優しさが交差して)

(90)「優しさが交差して」

2020年1月18日(土)放送分の感想です。

 

スポンサーリンク

【PR】プレゼントにオススメ!
Amazonギフト券
お盆のお小遣いにもピッタリの可愛いケース付き

「スカーレット」第90話の感想

今回さらに三津(黒島結菜)の株が下がったことは間違いないだろうな。

 

八郎(松下洸平)について東京へ行く気満々だし、八郎との距離が近すぎるし…。誘惑するみたいなこと言うし、最悪だったな。

喜美子の小皿200枚を手伝おうという考えなんて微塵もなく、喜美子が東京へ同行しないことをしているのにあの発言は…最悪だ。

舌打ちも大っ嫌い…。

嫌われ役だった常治(北村一輝)には良いとこがあった。常治の弱さには同情するとこもあったし、不器用な優しさと類まれなる人情深さで何度も感動させられた。

同じく嫌われ役の三津だが…、今のところただの嫌われ役…。天真爛漫、物怖じしない明るい天然女子を演じている”あざとい女”にしか見えないわ(;・∀・)

三津は八郎が工房にいる時はずーっとくっついておしゃべりしている。

口調からは弟子の雰囲気が全く感じられない。

学び取ってやろう、そして、陶芸家になってやろうっていう気持ちが全くもって感じられない。

美大に行かせてもらって、卒業後は日本全国旅して、やっと弟子入りした三津。

陶芸への熱意だけは本物だって言うところを見せてほしかったな。

見かけや話し方は今どきの若者だけど、並々ならぬ情熱があるところを見せてほしかった…。

三津には本当にがっかりだ…(´;ω;`)

ところで…、八郎が東京へ出発してから三津の姿が見えないが、それはどうしてだろう?

まさか付いて行ったとは思えないし…。

残っているのに、工房にいないとしたら…これまた好感度めちゃくちゃ下がるよね。

八郎が工房にいる時間はずーっとべったりなのに、喜美子のそばにはいないなんて。

三津がいないワケが、何か説得力がある理由であることを願う。これ以上三津を嫌いになると、見ているのが辛くなるから…(-_-;)

前回の感想はコチラ

次回の感想はコチラ

 

スポンサーリンク

「スカーレット」第90話のあらすじ

あらすじ

直子(桜庭ななみ)の妊娠は偽りとわかり、マツ(富田靖子)が怒る。喜美子(戸田恵梨香)と百合子(福田麻由子)が笑い飛ばして取り繕うも、マツはショックを隠せない。喜美子が直子を諭していると陶芸展の結果連絡がくる。一方、八郎(松下洸平)は個展の下見のため、上京する準備に忙しい。三津(黒島結菜)は同行したいと申し出るが八郎に断られる。やがて下見に出かけた八郎の留守中、喜美子は夫婦ノートに想いをつづり始め…

引用元:連続テレビ小説 スカーレット – Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表]

スポンサーリンク

第90話の公式ツイートまとめ

「スカーレット」公式のツイートは既になくなりました。

スポンサーリンク

ツイッター反応まとめ

スポンサーリンク

以上が、朝ドラ「スカーレット」第90回の感想でした!

 

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

   

出演:黒島結菜, 出演:菊池風磨, 出演:竹内涼真
¥10,070 (2021/06/30 09:55時点 | Amazon調べ)

コメント