【おちょやん2話】ヨシヲにおはぎをくれた小林くんの好感度爆上がり!

おちょやん感想
千代(毎田暖乃)は父ちゃん・テルヲ(トータス松本)が連れてきた新しい母・栗子(宮澤エマ)をあっさりと受け入れた。家の仕事もヨシヲの面倒も、新しいお母さんがやってくれると思い大喜びした千代。千代は小学校に通いたかったんだね。千代の初めての小学校生活が見られたのが第2話でした。(2020年12月1日(火)放送)
スポンサーリンク

「おちょやん」の語りが良い◎

朝ドラで重要な役の一つと言えば、語りだ。

「おちょやん」で語り(黒衣役)をしているのは桂吉弥さん。

桂吉弥さんの語りがめっちゃ良い!好き!

千代に「前のお母さんのことは忘れて…」というテルヲと、新しい母をすぐに受け入れた千代に対して、

「そりゃあんまりやわ。千代ちゃん、ガツンと言ったり。」

「なんや、嬉しいんかい!」

(「おちょやん」第2話より)

というところ!視聴者の気持ちを代弁してくれているんだよね。

こういうところ、安心して見ていられる。

前作「エール」は一視聴者としての私の解釈と「エール」制作者側の解釈にはずれがあったように思えた。

「え?そういう設定?」

「え?何考えてんの?」

という場面が多かった。

まだ第2話だけれど、このスタイルの語りはこれからも視聴者の気持ちに寄り添ってくれるだろうと思う!

「うんうん、そうだよね」という気持ちで見れるのが嬉しい!

スポンサーリンク

小林くんがめちゃくちゃいい奴!

新しい母・栗子が来てくれたおかげで、千代は小学校に行けるようになった。

初めての小学校生活で、好感度爆上がりだったのが、小林勝次くん(原 知輝)だ。

小林君は千代のお隣さん(といっても徒歩30分!)で、第1回目の放送では千代を「しらみがある」と言って一緒に食事をとるのを拒否した嫌な奴だ。

その小林くんが、めちゃくちゃいい奴だったんだよ。

お弁当のおはぎを「残り、ヨシヲにもってったり」と渡してくれたときには、もうすっかり小林くんのファンになったね。

小林くんは、千代が学校にきて一番最初に言ったのが「弟、ほったらかしか?」だったもんね。

小林くん、あんたはいつもヨシヲの事を気にかけてくれていたんだね。

おばあちゃんのおはぎを語る時の幸せそうな顔が良い◎

走ったら以外にも早いのが良い◎

透明のお弁当にノリツッコミするのも良い◎

先生に褒められて何も言えなくなっちゃったときの顔も良い◎

ばあちゃんのおはぎを「日本一」と言うのが良い◎

ところで。千代と小林くんのケンカを見て、「すっかり仲良くなったようですねぇ」という先生(木内義一)よ(笑)

発言がどっかズレてるよ。この先生は天然だね。

こういうキャラクター、好きです!

スポンサーリンク

いつもお腹を空かせているヨシヲ

小林くんがせっかく持たせてくれたおはぎは栗子に食べられてしまったΣ( ̄ロ ̄lll)

栗子…。許せんな。

宮澤エマさんの寝顔におはぎの食べ方に、憎らしい義母を思う存分演じてるなぁ。

宮澤エマさんの徹底ぶりには好感上がりっぱなしだけども、栗子は…やっぱ下がるね。

でもさ。千代に怒られた後の栗子はちょっと思うところあり…みたいな顔してたよ。(←それってどんな顔なん)

これからの栗子に少しでも良いところがあるといいなと、期待してる。(家出て行っちゃったけども…)

それにしても、ヨシヲ(荒田陽向)はいつもお腹空かせているんだな。

おはぎ、食べさせてやりたかった…。

同じくいっつもお腹を空かせていた「スカーレット」の直子(やくわなつみ)は、わがままでかんしゃくもちだったから、見ててもそこまで悲しくならなかった。

けど、ヨシヲは弱々しいし、心配で、見ていて胸が痛む…。

ヨシヲのことが気になって、「おちょやん」公式サイトの登場人物紹介を見てみた。

そこにはこう書いてあった。

竹井ヨシヲ

千代の弟。亡くなった母・サエのことは幼かったので、覚えていない。いつもおなかをすかせている。

(出典:https://www.nhk.or.jp/ochoyan/cast/

紹介のところにも書いてあった…。

いつもおなかをすかせている」って…(´;ω;`)

これからもお腹空かせてるんだろうな。覚悟して見よう。

スポンサーリンク

公式ツイートまとめ

さいごに

最後まで読んで下さりありがとうございました。

前回の感想はコチラ

コメント