【スカーレット118話】「お父ちゃんはどこにも行かへん」を聞いて泣く武志…一緒に泣いたわ(´;ω;`)|朝ドラ感想ブログ

【スカーレット】第118話の感想♪(第20週:もういちど家族に)

2020年2月20日(木)放送分の感想です。

スポンサーリンク

 

 

 

第118話の感想

まずは、あらすじから…↓第118話はこんな話でした。

アンリ(烏丸せつこ)からパリ旅行に誘われた喜美子(戸田恵梨香)。答えを保留していると、八郎(松下洸平)が武志(伊藤健太郎)との約束を果たすためにやってくる。住田(田中美央)は元のさやに戻るのかと勘違い。この日中に名古屋に戻る予定の八郎。喜美子と共に武志の帰りを待つが、武志が合流する頃には、残された時間はわずか。だが武志が懸命に引き留め、八郎は結局泊まることに。武志は子供のようにはしゃいで語り始める

出典:連続テレビ小説 スカーレット – Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表]

つぶつぶを探して駅前まで行ってしまう八郎。

お父ちゃんん性格をよく承知している武志。

なんだかほのぼのした”シュワシュワ”と”つぶつぶ”のエピソードだった。

 

やっと来たねぇ、川原工房にやっと八郎が来たね。

お茶を入れようと思ったら、いつもの場所にお茶セットがない。

小声の「いつの話や」の喜美子のツッコミも聞こえてたよね。

今回の八郎は、喜美子の反応を楽しんでいるように見えた。

これはきっとアンリの話の影響だと思われる。

「川原ちゃんな 楽しいことばっかり思い浮かべるのが得意やったはずやのに うまいこといかへん 悲しいことが浮かんでしまう。どうしようもない思い出を振り返ってしまうって。なあ? 楽しい悲しいだけやのうてなってく。酔いに任せて 誰かの名前を呼んでしまう。みっともなく泣いてしまう。フフッ しゃあないな 年取ったんや。それが年を取るいうことや、八さん。」

(スカーレット第116話より)

 「誰かの名前を呼んでしまう」…。八郎は、きっと自分の名前だって思ったんじゃない?

一人が寂しいと感じている喜美子の話を聞いたもんね。そんな話を聞いてしまったら、喜美子の強気な態度も可愛いなぁって思えちゃうんじゃない?

それに加えて、他に男の気配もないと分かって安心したんじゃないかな、八郎。

アンリの話を聞いたからであろう、今回の八郎には余裕が見られた。

八郎は女心をつかむのが上手いからな…。あんな顔で見られたら、即よりを戻したくなるよ(笑)

 

それにしても、やっとだったね。やっと武志と八郎が会えるシーンが見れた。

八郎の”2分”で帰る冗談はなんだったの?って思ったけど、2分と聞いた武志が八郎を捕まえて「なんか話して!」と喜美子に言うの、すごく良かった。

お父ちゃんとお母ちゃんが話するのが見たかったのかなって思えて、泣けるわ。

喜美子の小さな声の歌も笑えるし。

あぁ、喜美子が失った家族ってこういうのだったのかなって思うと切なくなった。

家族3人一緒だったらいつもこうやって笑っていたのかなって。

 

武志が聞きたかったこと。お茶の間のたくさんの人が聞きたかったこと。よくぞ聞いてくれた。

「お父ちゃん 今 陶芸やってへんやん。何でやめたん?信楽から京都行ったんも何で? 何で行ったん? 何で今は陶芸やってへんの。何でお母ちゃんと別れたん。」

(スカーレット第118話より)

今しか時間がないと、焦る武志に、「どこにも行かへん」と答えた八郎。

この日を待ってたよね、武志。

私も大人だけど、泣きながら「スカーレット」見てました。

 

前回の感想はコチラ

次回の感想はコチラ

【おすすめ記事:【スカーレット】喜美子と八郎の”再婚”はアリ?復縁して”幸せ”になる生ぬるい話じゃないよね、スカーレットは…。

 

スポンサーリンク

 

 

 

無料の見逃し配信

U-next(無料登録)では、31日間無料視聴できるよ。「スカーレット」だけでなく、過去の朝ドラも見ることができるよ。

無料期間は31日なので、一気見できる時間に余裕があるときに登録してみるといいかも。無料トライアル中に解約したらお金はかからないよ。

U-nextでスカーレットを見る。 

第118話の公式ツイートまとめ

スポンサーリンク

 

ツイッター反応まとめ

スポンサーリンク

 

以上が、朝ドラ「スカーレット」第118回の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました