【スカーレット113話】竜也をこっそり見守る敏春さんと「たけたけ」の優しさに、温かな気持ちになったよ

スカーレットの感想

【スカーレット】第113話の感想♪(第19週:春は出会いの季節)

2020年2月14日(金)放送分の感想です。

スポンサーリンク

【PR】プレゼントにオススメ!
Amazonギフト券
お盆のお小遣いにもピッタリの可愛いケース付き

「スカーレット」第113話の感想

まずは、あらすじから…↓第113話はこんな話でした。

喜美子(戸田恵梨香)の作品を買いたいと訪ねてきた謎の女性・アンリ(烏丸せつこ)。売るつもりのない喜美子は法外な値段を伝えて諦めさせようとするも、アンリは現金を持って喜美子の家に通い詰める。食い下がるアンリに対して、喜美子は正直に売るつもりはないと説明。するとアンリは陶器を指でなぞり始め、作品と会話ができると言い出す。喜美子は奇妙なアンリの行動に戸惑いつつも、明るく天真らんまんな態度にひかれていく。

出典:連続テレビ小説 スカーレット – Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表]

優れた芸術作品から聞こえる”音”を楽しむアンリ。アンリは共感覚の持ち主?

竜也に丸熊陶業を継がせたい敏春さん(本田大輔)。

ふいに出てしまった本音が竜也を傷づけてしまい、竜也は荒れて高校も辞めちゃったんやね。

窯業研究所にこっそり様子見に来る敏春さん…!可愛すぎるわ。

ほんとに不器用な人(笑)

勝手に高校辞めて、あんな髪形にして、口も利かない息子を温かく見守るって結構難しい事だと思うよ。

良家の良くあるパターン(私のイメージ)の、息子の素行が悪くなったのを妻のせいにしたり、もう息子に呆れて放置したり…。

これをせずにひたすら息子を心配し続ける敏春さん。可愛いよ。

竜也は、野球を失いどこに向かっていいのか迷っている思春期男子。

だらしなく椅子に足を伸ばして座る竜也に、優しく声をかける武志がほんとに優しくてうれしくなるし、それに答える竜也も素直な可愛い子やん。

「たけたけ兄ちゃん」→「たけたけ」に呼び名が変わってしまったんは、ボールが捕れなかったかららしい(笑)

八郎の血か(笑)

大野「おっ、野球やってきた。」

武志「お父ちゃん、下手やった~。」

大野「八さん、慣れんことするしい。」

八郎「いや~。」

武志「お父ちゃんんの投げたボール、どっか行った。」

(スカーレット第103話より)

八郎と武志が野球して遊んでいた時の話。

下手っぴなのは八郎だけ、武志は喜美子譲りの運動神経を持っているだろうと思って見てたのだけど、武志は八郎似なんだね。

そんな武志が、掃除は得意だと言って、竜也にほうきを渡す。

新しい環境…不安な気持ちで一人でいた竜也にとって武志の存在がどれだけ温かかったことか。とっても素敵なシーン。

「朝の掃除は心の準備運動やで」

(スカーレット第113より)

掛井先生(尾上寛之)の言葉…!心に刻みたい言葉だ。

それにしても、「ありがとう」が行き交う武志と掛井先生の近くにいたら、すぐに更生しそうだな。

「ありがとう」ってほんとに素敵な言葉。

「覚えててくれてありがとう」「掃除してくれてありがとう」…。なんて素敵な人たち…!!

前回の感想はコチラ

次回の感想はコチラ

 

スポンサーリンク

第113話の公式ツイートまとめ

「スカーレット」公式Twitterは終了してます。

スポンサーリンク

ツイッター反応まとめ

以上が、朝ドラ「スカーレット」第113回の感想でした!

 

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

   

ブックマン社
¥1,650 (2021/06/30 10:09時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

コメント