【ツイッターの禁止事項】Twitter検索に表示されない原因

Twitter検索結果に表示されない原因ブログ

皆さまはTwitterの「検索ルール」を知っていますか?

違反すると「Twitter検索から除外」される可能性があります。

この記事では、Twitterが公開している禁止事項についてお伝えしていこうと思います!

スポンサーリンク

【PR】プレゼントにオススメ!
Amazonギフト券
お盆のお小遣いにもピッタリの可愛いケース付き

Twitter検索に表示されない状態とは?

「あれ?急にインプレッションが激減したぞ」とか「いいねが急につかなくなって寂しいぞ」とかいう経験をしたことはありませんか?

もしかしたら、Twitter検索に表示されない状態になってしまっていたのかもしれません。

それらの制限のことをTwitter利用者は「Twitterシャドウバン」と呼び、恐れています。

  

「Twitterシャドウバン」について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にして下さい↓

   

Twitter社は、「シャドウバン」という行為を行っていることは否定していますが、ツイートのランク付けを行っていることは明言しています。

率直に申し上げると、Twitterではシャドウバンを行っておらず、過去に行ったこともありません。ただしTwitterでは、利用者の皆様がより快適に利用できる環境を構築するため、ツイートのランク付けを行っているため、あなたがフォローしているアカウントのツイートは常に表示されます。

(出典:Twitterヘルプセンター「Twitterについての誤解の真相」

  

「ツイートのランク付け」が低くされている状態だと、検索結果に表示されないため、インプレッションが激減し、いいねやリツイートもされにくくなるでしょう。

スポンサーリンク

Twitterを利用する際に知っておきたい禁止事項

Twitter社は、Twitter検索の結果の品質を保持するために、「Twitter検索のルール」を設けています。

以下の行為は禁止されており、違反したツイートは「Twitter検索」に表示されない可能性があります。

してはいけない行為

・内容が同じまたは似ているリンクやツイートを繰り返し投稿する。

・特定のトレンドトピックやハッシュタグ(#記号の付いたキーワード)を乱用する。

・ツイートや返信の送信を自動化する。

・ボットやアプリケーションを使って特定のキーワードで構成された似たような文章を投稿する。

・複数のアカウントで同じような文章を投稿する。

・フォローとフォロー解除を過剰に行う。

(出典:Twitterヘルプセンター「検索のルールと留意点について」

これらの行為を続けると、「Twitter検索結果に表示されない」だけでなく、「凍結」される可能性もありますのでご注意ください。

この禁止事項のうち「内容が同じまたは似ているリンクやツイートを繰り返し投稿する」「ツイートや返信の送信を自動化する」については以下で説明します。

   

スポンサーリンク

内容が同じまたは似ているリンクやツイートの繰り返し投稿について

内容が同じリンクの投稿は、一度限りにするのが無難だと思います。

特にツイッターを始めた間もない頃は、同一リンクを投稿しなくても、リンク付きツイートを複数あげるだけで、シャドウバンされる可能性が高いです(←私の体感)。

「繰り返し投稿」とまでいかなくても「Twitter検索」に表示されなくなる可能性はあると思います。

ツイートや返信の自動化も「してはいけない行為」の一つ!

皆さまはTwitterで「おはようございます」と呟くと、ソッコーでリプを返してくるアカウントにあったことはありませんか?

あれは、自動で返しているケースも多いみたいですよ。

そんな自動リプを防止するために、Twitter界隈ではオリジナルの挨拶がよく使われています。

ツイートや返信の自動化も「Twitter検索のルール」に違反する行為の一つですので、怪しいなと思ったらそのようなアカウントは疎遠にするのが良いと思います。

   

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

・Twitterには「検索ルール」があり、違反すると「Twitter検索から除外」される可能性がある

・Twitter社は、「シャドウバン」という行為は否定しているが、ツイートのランク付けを行っていることは明言している

・Twitter社が定めた「してはいけない行為」を守らないと、検索結果に反映されないだけでなく、アカウント凍結される危険性もある

   

Twitter検索に自分のツイートが表示されなくなると、インプレッションは低下するし、他の方からの反応は少なくなるし、良いことは1つもありません。

検索結果から除外されないためにも、Twitterが設けたルールを順守し、Twitterを活用するのが大切だと思います。

   

   

最後まで読んで下さりありがとうございました!

コメント