2019-06-17

スポンサーリンク
【なつぞら】第11週(第61回~第66回):なつよ、アニメーターは君だ

「なつぞら」第61話の感想・あらすじ・視聴率 照男(清原翔)と咲太郎(岡田将生)。なつの二人のイケメン兄が対面!

6月10日(月)第61回放送分の感想です。第61話の視聴率は20.7%でした!照男(清原翔)と砂良さん(北乃きい)が亜矢美(山口智子)の店・風車を訪れた。新婚旅行かぁ(n*´ω`*n)木彫りの熊やら天陽くん(吉沢亮)からのじゃがいもやらを持ってきてくれた照男。重かったろう…(笑)じゃがいも…、長旅にじゃがいもは重いと知っていても、どうしてもなつに食べてほしかったのかね(;^ω^)照男と砂良が先に店についていても、きっと亜矢美の明るさで良い雰囲気でなつの帰りを待ったんだろうな。なつの雰囲気が北海道時代とまるで違うことにも触れない照男と砂良。なつの姿にびっくりするのが普通なのでは?って思うんだけど。なんていうか、めっちゃ久しぶりに再会したって感じに見えなかった…。すんごく遠くに住んでいて、なかなか会うことができない家族とやっと会えたっていう雰囲気をなつからは感じられなかった…(;^ω^)結婚式に行くことができなかったことも、「ごめんね」ってさらっとΣ(゚д゚lll)結婚式、行かなかったんだ…!忙しい時期とはいえ、兄の結婚式に出席できなかったんだぁ。じいちゃん(草刈正雄)、がっかりしただろうね(´;ω;`) 「畑仕事が忙しくなる前にって、式を急いだ俺が悪いんだ。 」 「次の冬まで待てなかったの? 」 (なつぞら第61話)  仕事が忙しくて出席できなかったのはしょうがないとしても、待てなかったの?って言い方は…(;・∀・)兄弟の会話だからまぁいいんだけどさ。そんなに砂良さんと結婚したかったの?そんなに砂良のことが好きなんだ~♪というひやかし半分のセリフだからいいんだけど。細かい事気にすると、次の冬に挙式になったとしても、またなつが仕事忙しくなってしまったら結局出席できなかったんやろなぁと想像する。待ってくれたら出席できたのにっていうニュアンスも少し感じられたので気になった(;^ω^)なつと照男と砂良さんが部屋で話をしているとき、咲太郎は洗い物をしながら亜矢美にこう言います。 「すまなかったな、気を遣わせて。」 「いい兄貴になったね、咲太郎。」 (なつぞら第61話) いつも人を明るくさせてくれる亜矢美が、気遣いでそうしてくれていることを理解しているんだね、咲太郎。でも、すまなかったなって咲太郎が謝るの、どうしてだろうって思ったこのセリフ。なんだか物悲しさを感じさせられる表情だった。亜矢美の返事が、「いい兄貴になったね」なんだよね。咲太郎、亜矢美のおかげで照男と良い挨拶ができたのかもしれないね。 自分以外に兄がいるという複雑な心境でも、落ち着いて照男を歓迎し、お互いに「なつがお世話になってます」って話ができたんだもんね。本当の兄でない照男から妹がお世話になってますって言われるのってどういう気持ちなんだろうね。ほんと、咲太郎は亜矢美に感謝しているんだろうな。亜矢美がいてくれて、良い雰囲気作り出してくれていたのがとても良かったと思えた再会のシーンだった。
【なつぞら】第10週(第55回~第60回):なつよ、絵に命を与えよ

「なつぞら」第60話の感想・あらすじ・視聴率 幸せいっぱいの照男(清原翔)!悲しむ姿まで美しい天陽くん(吉沢亮)…(´;ω;`)

6月8日(土)第60回放送分の感想です。第60話の視聴率は19.6%でした!試験に落ちたなつ…。一緒に試験を受けていた三村 茜(渡辺麻友) は合格してもうマコちゃん(貫地谷しほり)に指導を受けているようだった。「見たらイメージが湧いてきて、どうしても描きたくなったんです。でもダメです。自分が描きたいものに、自分の手が追いついていかないんです。それがもどかしくて。自分は下手なんだって、よく分かりました。それが悔しくて…。」(なつぞら第60話)いや、試験の時間決まっていることは分かっているんだし、そこは時間配分考えてやろうよ、なつよ…Σ(゚д゚lll)そこ、つっこんでよ、仲さん(井浦 新)と井戸原さん(小手伸也)…(´;ω;`)感心している場合なの(;・∀・)前回に引き続き結婚問題!前回は天陽くん(吉沢亮)が両親から結婚について口出しされてモヤモヤした。天陽くんと菊介さん(音尾琢真)の協力を得て、砂良(北乃きい)にプロポーズした照男 (清原 翔)!ラブレター熊を演じた照男。もうちょっとで撃たれるところだったよ( ゚Д゚)照男、プロポーズで死ぬとこだったよ(;・∀・)馬鹿だね、照男(;^ω^) 照男って口数が少なくていつもクールな感じだったのに、砂良さんが関わるとキャラが変わるよね(≧∇≦)「酪農家の嫁に、来て下さい。食べることだけは一生困らせない。おいしい人生を約束します!どうか、俺と一緒に、生きて下さい!」(なつぞら第60話)良いプロポーズやん!一方なつとの手紙のやり取りが悲しい天陽くん。なつが東京で頑張れば頑張るほど、悲しいな(´;ω;`)東京は華やか、柴田家も幸せいっぱい。なのに…、天陽くんの家だけ暗いな(´;ω;`)父・正治(戸次重幸)と母・タミ(小林綾子)の責任が大きいだろう… 東京で生きていくことを決めたなつ。十勝で生きていくことを幼い時から決めていた天陽くん。ふたりの恋は実らないのっかな。天陽くんが描きかけのなつの絵を涙しながら消していくシーンは切なかった…。ツイッターではなつとの決別のシーンと言う意見が多数見られたけど、天陽くんになつへの思いを断ち切る事ができるのかな。 かつてなつを想ってスキー大会で戦ったふたり。照男は幸せをつかんだけど、天陽くんは悲しいね。 なつのこれからより、北海道組が気になるわ。天陽くんや照男&砂良さん、夕見子(福地桃子)の今後がめっちゃ気になってる!明美ちゃん(平尾菜々花)も急に大人に変わっちゃったりするのかな…!そして、菊介さん…(笑)結婚しないのかな( ´艸`)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました