スポンサーリンク
ドラマ

【俺の家の話7話】学習障害の秀生がふたつの作文を書いたのって相当頑張ったんじゃないかな

秀夫(羽村仁成)の作文が泣けた。薄いお父さん(前原滉)と濃い方のお父さん(長瀬智也)2人のお父さんのために2つの作文を用意していた。学習障害があって、机に座って字を書くことも辛そうだった子が、2つも作文を書いた。これってすごく頑張ったんだと思う。
ドラマ

【知ってるワイフ9話】津山主任を傷つけた元春と澪、ふたりとも自分勝手なところ、似てるよ…

2021年3月4日(木)夜10時に第9話が放送されました。 この記事では大倉忠義主演の日本版「知ってるワイフ」第9話のネタバレ・感想・心に残ったセリフなどを書いています。 「知ってるワイフ」第9話感想 澪のお母さん...
ドラマ

【俺の家の話6話】純烈をパクった「潤 沢」きっかけで、最高の家族写真が撮れる展開、天才的だな

旅がスタートしてからの寿限無(桐谷健太)の変化は著しかった。寿限無が場面に映るたびに感じさせてくれる、「もうそろそろ寿限無の反抗期は終わるぞ」という雰囲気がたまらなく良かった。最後には家族の一員として笑って写真におさまった。この流れが凄かった。
2021.03.03
ドラマ

【君と世界が終わる日に7話感想と考察】キム・ジェヒョンが演じる「ミンジュン」の最期が辛い

優しいミンジュン(キム・ジェヒョン)は響の母ちゃんを刺したことに責任を感じていた。「いや、そもそも響が蒔いた種だから!」とツッコみたくなる。傷の痛みに耐えながらも、響(竹内涼真)の気持ちを大切に思い、心配し、後悔しているミンジュンが気の毒だった。
ドラマ

【天国と地獄7話感想と考察】陸の師匠が日高陽斗の双子の兄で、真犯人ってことなの!?

以下の情報を整理しながら、ドラマについて考えています。「殺された人たちと数字について」「クウシュウゴウについて」「東朔也について」「東朔也=湯浅和男(陸の師匠)だと思われる情報について」。東朔也と日高陽斗が双子の兄弟だったのには驚きました!
2021.03.02
ドラマ

【知ってるワイフ8話】津山主任が可哀そう。元春に大切なものを全て奪われてるよ…

ネタバレと感想。津山主任が超可哀そうなシーンがてんこもり。家まで送ってお互いに別れを惜しむハズのところを「12時間後には会えますよ」とか言われるし、デート中も澪は剣崎主任の心配ばかりしているし。1位でゴールしたのに、澪と元春はチューしてるし。
2021.03.05
ドラマ

【君と世界が終わる日に6話】首藤教授って、響の母・琴子のことを愛しているんじゃない?

愛菜ちゃん(新津ちせ)が響(竹内涼真)殺られたの…衝撃だった。来美と響が再会しても、幸せになれない展開か。そして、ゴーレム「001」が響のお母さん(臼田あさ美)だったのにも驚いた!私はてっきり首藤教授(滝藤賢一)の妻なのかと思ってたよ…。
ドラマ

【俺の家の話5話】寿一が抱えている問題をどれをとっても面白く表現しているのって凄いわ

寿一(長瀬智也)は沢山のものを抱えてる。父の介護、寿限無の反抗期、秀夫の親権、さくらの思い、踊介の思い。これら全てが相変わらず凄く面白い!田中みな実まで出してきて、視聴者をざわつかせるのが本当に上手いなって思った「俺の家の話」第5話。
ドラマ

【天国と地獄6話考察】「クウシュウゴウ」と「東朔也」の謎が深すぎて、眠れないよ…

「Φ」の意味は「クウシュウゴウ」だった。戸田一希が情報を売った相手のニックネームが「Φ」だった。一希の預金通帳にはクウシュウゴウからの振り込みがあった。クウシュウゴウ=十和田元。せっかく掴んだ手掛かりだったが、十和田元は3年前に自殺していた。
2021.03.01
テレビ

【レッドアイズ4話】島原の上司とカウンセラー高嶋政伸との関係が気になる…

神流川兄弟の弟(真壁刀義) 、お兄さん(今井朋彦)に殺されちゃった。この弟、平気で人を殺す酷いヤツだった。だから、同情の余地なんて何一つない。だけど、優希(冨手麻妙)が苦しんでいる時に、「大丈夫?」って聞いてるんだよね。妙に印象的だったな。
スポンサーリンク
manpuku-kansouをフォローする