まんぷくな日々

旧「連続テレビ小説の感想ブログ♪」

【エール110話】音楽の力で浩二がプロポーズするとこが見たかったなぁ…|朝ドラ感想ブログ

【エール】第110話の感想♪(第22週:ふるさとに響く歌)

楽譜の画像

2020年11月13日(金)放送分の感想です。

スポンサーリンク

 

 

 

第110話の感想

まずは、あらすじから…↓第110話はこんな話でした。

東京への出発が早まったことにとまどっているまき子。浩二(佐久本宝)は「自分の幸せだけ考えて」とアドバイスする。しかし、その後まき子(志田未来)は浩二に対し、そっけない態度をとるようになる。裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)は浩二の本心を聞き出そうと、一緒にお酒を飲むが、浩二は気持ちをなかなか吐き出すことができない。音は、自分の気持ちとしっかり向き合ってほしいと浩二に言うが…

出典:

https://tv.yahoo.co.jp/program/78880727/

浩二がまき子と結婚が結婚したのが音の手柄になったって、しょうがないね。

音がヒロインだもの。

 

ずっと見てきて思う…、音の魅力が全く引き出されていない。

音の図々しさが可愛らしく見えない。

 

しゃべり方も変になっちゃったし…。

歌ひとつ歌わないくせに、歌手になりたい夢を預けたとか言って歌うことから逃げてたし。

そもそもさ、歌が好きだとはとても思えなかった。

音楽がすぐそばにあるようには、これっぽっちも思えなかった小山家…。

三郎の方がよっぽど音楽が好きだったよね。

レコード買ってうきうきして、しょっちゅうレコード聞いてたし。

音楽が奏でる人生の話ってのは、どこかにいってしまったなぁと思ってた。

 

「人生を賭けた一大事に音楽が力になる」とか、そういうこと第1話で言ってて、窪田正孝が誰かにプロポーズしてるシーンがあったよね。

音楽が浩二の背中を押したらよかったのに…。

音の絶叫じゃなくてさ…。

【Amazon.co.jp 限定】「二階堂ふみinエール」PHOTO BOOK Amazon限定版

スポンサーリンク

 

 

 

「エール」ツイートまとめ

スポンサーリンク

 

 

 

以上が、朝ドラ「エール」第110回の感想でした!

こちらもおすすめ↓

 「エール」を見たい方は、U-NEXT で見ることができますよ↓

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク