まんぷくな日々

旧「連続テレビ小説の感想ブログ♪」

【エールのまとめ】鉄男のスピーチが最高だった。感動したというみんなの声をまとめてみた|朝ドラ感想ブログ

【エール】中村蒼さんが演じる鉄男の演説に感動したよ(´;ω;`)

楽譜の画像

2020年11月10日(火)放送のエール第107話は驚きと感動の物語だった。親に恵まれず、苦しい子ども時代を送った鉄男(中村蒼)。そんな鉄男は、母校の校歌を作詞しました。そのお披露目会で鉄男は胸打つスピーチを披露しました。

鉄男のスピーチへのみんなの声をまとめました。

スポンサーリンク

 

 

 

夜逃げ後の鉄男の人生が想像以上に過酷だった…!

裕一に頼まれて作詞を引き受けた母校の校歌。

しかし鉄男は、その小学校を卒業していない。

父ちゃんがやっていた商売、魚屋が借金まみれになって夜逃げしたからだ。

 

鉄男の父ちゃんは鉄男に働かせているくせに、暴力と暴言をふるう最低な親だった。

夜逃げすることになって、ちょっとは反省するのかと思いきや、グズさに拍車がかかっていたのが鉄男の父ちゃんだった。

山奥の掘っ立て小屋に、妻と子ども二人を住まわせて、父ちゃんは飲んだくれていた。

情けないにもほどがある。

そんな暮らしに嫌気がさして、先に出て行ったのは鉄男の弟・典男だった。

といっても、まだ小さい子どもだった典男だ。

一人で生きていけるとは思えない…、警察にも届け探し続けたが、とうとう鉄男は弟を見つけることができなかった。

そしてある時、母ちゃんに家を出て行くように言われたんだ。

母ちゃんは、鉄男が自分を大切に思っていることが分かっていた。

だから、わざときつい言い方をした。

「あんたに家族はいねぇ。二度と帰ってくんな。」

たぶん、鉄男にしてやれる唯一のことだったろう。

あの生活から、あの父ちゃんから、逃がしてやることくらいしか、できなかったんだろう…。

 

辛い経験をした鉄男が、立派な作詞家となって、母校にやってくることができた。

校歌のお披露目会で、講演を頼まれた鉄男。

そのスピーチはとても素晴らしく、感動的でした。

子どもたちの心にも響いただろう。

壮絶な子ども時代を送った人の「今はつらくても未来は変えられる」は説得力がありすぎる。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿 -

以下にみなさんの声をまとめました!

中村蒼 ハタチ

スポンサーリンク

 

 

 

鉄男のスピーチに関するツイートまとめ

スポンサーリンク

 

 

 

 

以上が、朝ドラ「エール」のまとめでした!

こちらもおすすめ↓

 

見逃した方はU-NEXT で「エール」を見ることができます↓ 

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク