まんぷくな日々

旧「連続テレビ小説の感想ブログ♪」

【エール95話】永田医師(吉岡秀隆)が気付かせた、裕一(窪田正孝)の変わらぬ思いが泣けた(´;ω;`)|朝ドラ感想ブログ

【エール】第95話の感想♪(第19週:鐘よ響け)

楽譜の画像

2020年10月23日(金)放送分の感想です。

スポンサーリンク

 

 

 

第95話の感想

まずは、あらすじから…↓第95話はこんな話でした。

映画「長崎の鐘」の主題歌制作のために、長崎を訪れている裕一(窪田正孝)は、原爆投下直後に永田医師(吉岡秀隆)が患者を治療した現場を見たり、永田の妹・ユリカ(中村ゆり)から当時の話を聞いたりして、永田が書いた「どん底に大地あり」の真意に近づこうと思いを巡らす。そして裕一はある答えを見つけて一気に曲を書きあげるのだった。そして、「長崎の鐘」を山藤太郎(柿澤勇人)に歌ってほしいと訪ねる。

出典:

https://tv.yahoo.co.jp/program/78052163/

 

何度、最終回があるのかい?」と思わせられる朝ドラ「エール」。

就職が決まった智彦(奥野瑛太)だが、手放しに喜ぶことができない怪しげな状況だ。

まだまだ智彦から目が離せそうにないな。

 

前回放送から、大反響の吉岡秀隆さん演じる永田医師

永田医師が寝たきりになる前のシーンも素晴らしくて、無性に「ありがとう」と伝えてい気持ちになった(なんで…)。

 

吉岡秀隆さん演じる永田医師のメッセージが胸を打つのだ。

落ちろ。落ちろ。落ちろ。どん底まで落ちろ。

どん底に地面あり

原爆によって大切なものを失った人たちが、鐘の音をきいて、生きる希望に湧いたというエピソードから、人間の強さというものを感じた。

 

そしてついに、永田医師の伝えたかった気持ちを理解することができた裕一は「長崎の鐘」を書き上げた。

メロディーから、裕一が込めた気持ちが溢れていた。

永田医師はこう言った。

「あなたは戦争中、みんなを応援しとった。 戦争が終わった今、あなたにできる事は、何ですか?」

(エール第95話)

裕一が音楽に込めていた「人々を応援したいという思い」は、戦前も、戦時中も、そして戦後も変わらない。

そうか。裕一は何一つ変わっていなかったのだと。永田医師が気付かせてくれた。

「長崎の鐘」は贖罪のために作られた曲ではない。人々のために作られたのだ。

裕一が完全復活を遂げた。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿 -

 

ところで…。

どん底に大地あり」は力強いメッセージだった。 

だからといって、落ちて、落ちて、落ちて、底があるのかどうかも分からず落ちていくことなど、今の私にできると思えない。

どん底の先にある地面を踏みしめて、希望を見出したくても、落ちきることもできないのだ。

 

ふと頭に浮かんだのが、朝ドラ「まんぷく」で画家・忠彦(要潤)に弟子入りした名木くん(上川周作)のことだ。

忠彦「大事なことは、君が、何を描きたいかだ。 何を、キャンバスに、ぶつけたいかだ。僕が、君ぐらいの年だった頃は、鳥の色彩に魅せられていた。 」

名木「はい。」

忠彦「そやけど、戦争で目をやられて、一時は絶望したが、描きたいという衝動を、抑えられなかった。最初は、魚。次に、美人画。そして今は…。その時その時の思いでええんや名木君。  君の中にあるものをぶつければええんや。」

名木「僕の中に、あるもの…。」

名木「描きたい気持ちは、あるんです、先生。」

忠彦「ああ。」

名木「でも、僕は、ボンボン育ちで貧乏を知らんし、学生運動にも乗り遅れました。僕の人生に、強烈な体験いうもんが、ないんです。」

忠彦「体験がないから、描けないいうことは…。」

名木「戦争に行った先生が、羨ましい。僕も行きたかった!」

忠彦「あほなことを言うんやない!」

(「まんぷく」第134話より)

戦争に行った先生が羨ましい」といった名木くん…。

ドラマの中ではばかばかしい扱いの名木くんではあったが、私にはその気持ちが分かった。

エネルギッシュな人は、じゃあ、自分からいろんなところに飛び込んでいって、経験を重ねればいいじゃないかと思うだろう。

だけど、戦争というのは、自分一人だけが苦しむ体験ではない。自分一人だけが苦しいのはなのだ…。

その戦争体験で味わった絶望を糧に、唯一無二の作品を作り出す人を見ると、なんとなく羨ましくも見えてしまう。

そんな名木くんの心の中が分かる自分が情けなくもあった…。

連続テレビ小説 まんぷく 完全版 ブルーレイ全3巻セット 

 

戦争で日本は負けた。

多くの人がどん底まで落ちた。

沢山の人が一緒に落ちるのなら、どん底まで落ちることもできたかもしれない。

怖いけど、落ち続けることに逆らう方法がない、無条件に落ちづつけることができたと思う。

 

今はどうだろう。少なくとも私の周りには、家族を全員亡くした人はいないし、着替えもなく道路の隅っこで眠っている子どももいない。

戦死した人たち、戦後の混乱を生きてきた人たちはきっと、こんな豊かな時代に生まれたかったと思うに違いない。

なのに、どうして苦しんだろう…。

恵まれた時代に生まれた者の孤独な苦しみを、希望にかえるにはどうしたらいいのだろう。

一人きりでどん底まで落ちて、希望を見出すことは難しい…。

 

茨木のり子 自分の感受性くらい (別冊太陽 日本のこころ)

スポンサーリンク

 

 

 

「エール」SNSまとめ

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿 -

スポンサーリンク

 

 

 

見逃した方へ(PR)

U-NEXT は無料登録◎

31日間無料視聴OK◎

無料期間中に解約OK◎

「エール」「スカーレット」「まんぷく」など過去の朝ドラも楽しめる◎

無料期間は31日!

一気見できる時間に余裕があるときに登録してみると良いでしょう◎

以上が、朝ドラ「エール」第95回の感想でした!

コチラの記事もおすすめです↓

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク