まんぷくな日々

旧「連続テレビ小説の感想ブログ♪」

【エール92話】智彦よ、吟のために就活しておくれ(´;ω;`)ケンとの出会いに期待感高まる!|朝ドラ感想ブログ

【エール】第92話の感想♪(第19週:鐘よ響け)

楽譜の画像

2020年10月20日(火)放送分の感想です。

スポンサーリンク

 

 

 

第92話の感想

まずは、あらすじから…↓第92話はこんな話でした。

吟(松井玲奈)の夫・智彦(奥野瑛太)は復員して就職先を探す日々だったが、元軍人という経歴が邪魔をしてなかなかうまくいかない。一方、裕一(窪田正孝)の心も相変わらず止まったままだった。音(二階堂ふみ)は裕一に音楽の楽しさを思い出してもらうために、自分でも何か始めようと、バンブーで紹介された歌の先生のレッスンを受けることにする。レッスン中、現れた先生の友人は、懐かしいあの人だった!

出典:

https://tv.yahoo.co.jp/program/77947223/

 

(松井玲奈)の苦悩は続く…か(´;ω;`)

智彦よ、こんなに綺麗な妻、いないんだよ。

智彦冷たい態度にも文句ひとつ言わず、優しいのようなはいないんだよ。

稼ぎのない夫を責めることなく、自ら働きに出ようと言ってくれるなんて最高の妻じゃないか。

早く気付いてくれ、智彦よ…。

【電子特別版】カモフラージュ(松井玲奈 刊行記念インタビュー付) (集英社文芸単行本)

 

てかさ。智彦、1年半仕事見つからず…か。いや、もう就活さえしてないやんΣ( ̄ロ ̄lll)

一方の裕一は仕事せずとも、奥様を音楽教室に通わせてあげる余裕ありか…。

「戦争でたんまり稼いで、何のおとがめもない。羨ましいわ。」

「本当、ようのうのうと生きてられんな。」

(エール第91話)

第91話でこの言葉を聞いた時は「ひどい!裕一は傷ついているのに…(´;ω;`)」と思ったけども。

裕一は1年半経っても時計いじりをつづけ、奥様の音楽教室とカフェ通いで忙しそうだなんてさ…。

人々の反感を買ってしまうのもうなずけるかもしれない。

 

再会したタロットティーチャー御手洗占いをしてもらう余裕のある音がいて、そして闇市には戦災孤児がいて…、これが戦後の日本か…。

不公平な世の中である(「まんぷく」の世良をかなり意識してる)。

(26)「信じるんです!」 

 

思えば、結婚当初から智彦の優しさを見ていない。

軍から裕一曲の依頼をする時も、えらそうにしてた智彦

軍の中での自分の立場ばっかり気にしていて、妻を思いやる気持ちがない智彦嫌いだった。

良いとこなしの智彦が、第73話で口紅をつけた苦言を呈した。

「そんな顔で外には出るなよ。ただでさえ、軍人の家はいい暮らしをしてるんじゃないかと、妬まれやすいんだ。お前は何かと目立つし、ふだんから地味にしておくぐらいでちょうどいい。 」

(エール第73話)

この時、「なんだよ、ちょっとくらい吟の好きにさせてやれよ、智彦よお」とも思ったんだけども、”お前は何かと目立つし”ってトコロに「吟は特別綺麗だから…」と智彦は思ってんじゃないのかい!と思ってちょっと萌えた(笑)

 

(73)「先生のうた」

 

ここまで、良いところが全然見えてこない智彦…。

でもさ。終戦までずっと軍で頑張ってきて、出世するために努力してきて、出征する時にはを覚悟した智彦を思うと切ない。

 

 

(79)「不協和音」

 

智彦は自分だけのために頑張っていたのかな。

不器用だけど、のことも考えて、一生懸命軍での地位を上げようと頑張っていたんじゃないのかな。

出征した時は、国を守りたい、家族を守りたい、吟を守りたい。そう思ったんじゃないのかな…そう信じたいな。

 

そんな智彦が、財布に軍の勲章(??)を大切に入れているなんて、泣けるわ(´;ω;`)

智彦の大切なものを持ち去った戦災孤児のケン(浅川大治)と智彦は、1年半後に再会した。

警察から逃げるケンは、智彦を「とうちゃん!」と呼んで助けを求めた。

なんか…。泣ける展開になりそうな予感。

 

浮浪児1945‐: 戦争が生んだ子供たち (新潮文庫) 

スポンサーリンク

 

 

 

「エール」SNSまとめ

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿 -

スポンサーリンク

 

 

 

見逃した方へ(PR)

U-NEXT は無料登録◎

31日間無料視聴OK◎

無料期間中に解約OK◎

「エール」「スカーレット」「まんぷく」など過去の朝ドラも楽しめる◎

無料期間は31日!

一気見できる時間に余裕があるときに登録してみると良いでしょう◎

以上が、朝ドラ「エール」第92回の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク