連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・あらすじ・ツイッターまとめ

【エール88話】戦場で地獄を見た裕一(窪田正孝)…。苦しすぎる展開(´;ω;`)|朝ドラ感想ブログ

【エール】第88話の感想♪(第18週:戦場の歌)

楽譜の画像

2020年10月14日(水)放送分の感想です。

スポンサーリンク
 

第88話の感想

まずは、あらすじから…↓第88話はこんな話でした。

藤堂先生(森山直太朗)と再会をした裕一(窪田正孝)は、兵士の慰問のために翌日に行うコンサートに向け、楽器ができる兵士たちを集めた急ごしらえの音楽隊のメンバーで練習をはじめる。ラングーン滞在中に裕一がビルマで戦う兵士たちのために書いた曲、「ビルマ派遣軍の歌」を高らかに歌う藤堂先生。音楽を通して皆の気持ちが通じ合い、心を割って話をした翌日…。部隊を思わぬ悲劇が襲う。

出典:

https://tv.yahoo.co.jp/program/77739849/

 

オープニングの歌が流れることなく始まったエール第88話。

兵隊さんを励ますためのコンサート叶わなかった…。

 

突然始まった襲撃シーン

裕一と一緒にコンサートの準備をして、初めて死ぬのが怖い」と思った若い兵隊さんが突然撃たれた。

若い兵隊さん、日本にいたころは荒れていて、ひどい人物だったらしい。

捨てた女性が知らぬ間に子どもを産んでいたとかいう、なかなかの人物。

戦地にいるその若い兵隊さんは、どこからどうみてもそんな悪い男にはみえない。

悲しいかな、若い兵隊さんは戦地に来て初めて生きる意味を見つけ、そして「生きたい」と思ったのだ。

生きて帰り、子どもに会う。

そんなを戦場で見つけた兵隊さん…。

 

若い兵隊さんは、コンサートの練習によってがより通じたことをとても喜んでいた

心から喜んだ彼は、イギリス兵から盗ったという缶詰を裕一にプレゼントした。

その矢先に撃たれたのだ…(´;ω;`)

 

そして、藤堂先生亡くなった…。

兵隊として行ってるから。みんな、戦うんだよね(´;ω;`)

一生懸命隠れた裕一が生き残ったのだから、みんなが逃げたらもしかしてもう少し生き残ったかもしれないのに。

でも戦う…。

戦争は、死んでも地獄、生き残っても地獄だ…。

 

知らなかったんです。ごめんなさい。

傷ついた裕一の姿が、戦争の残酷さを物語る…。

知らなくていいこともあります

兵隊さんの言葉が悲しかった…。

スポンサーリンク

 

 

 

「エール」ツイートまとめ

スポンサーリンク

 

 

 

見逃した方へ(PR)

U-NEXT は無料登録◎

31日間無料視聴OK◎

無料期間中に解約OK◎

「エール」「スカーレット」「まんぷく」など過去の朝ドラも楽しめる◎

無料期間は31日!

一気見できる時間に余裕があるときに登録してみると良いでしょう◎

以上が、朝ドラ「エール」第82回の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク