連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・あらすじ・ツイッターまとめ

【エール86話】裕一(窪田正孝)の慰問先はビルマ。裕一はまるで”お客様”扱いだ。|朝ドラ感想ブログ

【エール】第86話の感想♪(第18週:戦場の歌)

楽譜の画像

2020年10月12日(月)放送分の感想です。

スポンサーリンク
 

第86話の感想

まずは、あらすじから…↓第86話はこんな話でした。

音楽慰問のために裕一(窪田正孝)が向かった先は、インド北東部のインパールを攻略する作戦が始まっていたビルマだった。裕一は戦況を聞くために毎日司令部を訪れるが、作戦が予定通りに進んでいないようで、前線に向かう命令がなかなか下りない。一方、音(二階堂ふみ)は、まさ(菊池桃子)の病状が悪化したという浩二(佐久本宝)からの知らせもあり、華(根本真陽)を連れて福島に疎開することにする。

出典:

https://tv.yahoo.co.jp/program/77668154/

裕一の慰問先は、ビルマだった。

ビルマでの裕一はまだお客様だった。

 

前線には、水一杯さえも飲むことできず、戦う前に死んでいく兵隊たちが多くいるにもかかわらず、そのすぐ近くで、裕一たちはすき焼きを味わっていたのだ。

もちろん、その時の裕一たちは前線の真実を知らなかったし、すき焼きを食べたのも一回きりだろう。

けれど、少なくとも1か月は、何の戦力にもならない画家中井潤一(小松和重)、作家水野伸平(大内厚雄)、そして作曲家裕一3人分の水・食料を消費していた。

そして裕一はそれ以上の時間を…。

 

インパール作戦悲惨なものだったらしい。

史実では悪名高き牟田口廉也が指揮したインパール作戦は、「史上最悪な作戦」と言われている…。

 

牟田口廉也 「愚将」はいかにして生み出されたのか (星海社新書) | 広中 一成 |本 | 通販 | Amazon

 

 

戦慄の記録 インパール | NHKスペシャル取材班 |本 | 通販 | Amazon

 

画家・中井が目にしてきた戦場。それが、まさにそのインパール作戦の前線だ。

話の内容と戦場の絵、そして何より少しまで一緒に過ごした中井の変わりようが、裕一に戦場の恐ろしさを伝えていた。

 

日本を離れた時はおそらく、日本のために戦うことができる誇りを持ち、勇ましい気持ちでいただろう兵隊たち。

が、現実を知り、自分たちのやっている戦いに疑問を持ったとしても、もう遅いのだ。

兵隊たちが引き返すことなど許されなかった。

 

前線で死ぬ兵隊たちを「犬死」だと裕一に伝えた中井。

中井は、見て感じたもの、自分が行動して分かったものをそのまま裕一に伝えた。

 

五郎も戦争には疑問をもっている。クリスチャンになって、感化されたようだ。

戦争での死を無駄だといい、裕一に戦争のための歌を作ってほしくないと頭を下げたが、裕一の怒りを買ってしまった。

五郎には行動が伴なっていない。

馬具がの役に立っている事を知りつつ、そのおかげで兵役を免除されていることに気付きつつ、自分はモヤモヤしながら馬具を作り続け、裕一に物申しただけだった。

人は、言葉だけで人を動かすことはできない。

行動がなければ、人の心に訴えかけることはできない。

裕一自身は自分で出向いて、自分の目で予科練で訓練する若者を見てきた。そして、あの「若鷲の歌」という曲ができた。

あの時の裕一が五郎の言葉だけで、戦争に疑問をもつことなどできるはずがない。

 

裕一は、いつでも人を応援したいと思っていた。戦争で頑張る人を勇気づけたいと思った。

だから、素晴らしい曲を作ることができた。

そして、その曲に背中を押された多くの人たちが戦争へと行ってしまった。

今、裕一は戦場にいる…。

自分の目で戦場を見てきたいと裕一は言っていた。

自分の作ったものに責任を持つ姿勢がうかがえて、裕一の考え方には頭が下がる。

これから裕一が背負うことになるであろう重荷を思うと、辛くなるなぁ(´;ω;`)

戦後70年 特別コミカライズシリーズ 2 ビルマの竪琴 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) | 竹山道雄, 田中正仁 | 青年マンガ | Kindleストア | Amazon

スポンサーリンク

 

 

 

「エール」ツイートまとめ

スポンサーリンク

 

 

 

見逃した方へ(PR)

U-NEXT は無料登録◎

31日間無料視聴OK◎

無料期間中に解約OK◎

「エール」「スカーレット」「まんぷく」など過去の朝ドラも楽しめる◎

無料期間は31日!

一気見できる時間に余裕があるときに登録してみると良いでしょう◎

以上が、朝ドラ「エール」第86回の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク