まんぷくな日々

旧「連続テレビ小説の感想ブログ♪」

【エール59話】柴咲コウ&金子ノブアキが超お似合い!環先生の美しさにドキドキしたわ…|朝ドラ感想ブログ

【エール】第59話の感想♪(第12週:環のパリの物語)

2020年6月18日(木)放送分の感想です。

楽譜の画像

スポンサーリンク

 

 

 

第59話の感想

まずは、あらすじから…↓第59話はこんな話でした。

日本人初の世界的なオペラ歌手となる双浦環(柴咲コウ)がまだ駆け出しだったころの物語。環は、スカラ座やオペラ座の舞台に立つことを夢見て、パリに留学に来ていた。ホームパーティーで、画家を目指す今村嗣人(金子ノブアキ)と出会い恋に落ちる。環は歌手を、嗣人は画家を夢見る日々。ある日、友人の里子(近衛はな)から日本人が世界的舞台に立てる最大のチャンスのオペラ「蝶々夫人」の話を聞いた環は…。

出典:

https://tv.yahoo.co.jp/program/73278252/

今回のお話は環先生の過去だった。

「エール」の世界は本当にセレブだな。

前作「スカーレット」ではお金がなくて進学の願い叶わず、中卒で大阪で女中として働き始めてたけど、「エール」ではお金に苦労する人はあまりいない。鉄男が貧乏だったけどね。

 

オペラ歌手目指して留学した環先生は、音楽学校に通い、学校以外では画家として将来有望の彼と楽しく過ごし、友人と喫茶店でコーヒーやケーキを楽しんでいた。

綺麗な洋服を着て、おしゃれに帽子をかぶって、寝間着も高そうなものを着て、立派なベッドで彼氏と朝食をとるような女性だったんだね。

 

この回は、環先生の美しさをただただ堪能させてもらった、そんなお話だった。現在38歳だという柴咲コウさん。とっても美しい。

フランス留学中の優雅な衣装を着こなして、とっても素敵だった。

金子ノブアキさんが演じる嗣人ととてもお似合いで、二人のシーンが美しい。

 

才能あるふたりが、夢を追いかけていくうちにすれ違い別れを選んだり、お互いのためを思って好き同士なのに別れたり、よくあるパターンと思われる内容だったんだけど、お二人が素敵すぎて見ていられた。

でも、ベッドでくすぐりあうシーンはちょっと照れたな。朝からだったからなぁ(笑)

スポンサーリンク

 

 

 

見逃した方へ(PR)

U-next(無料登録)では、31日間無料視聴できるよ。「エール」だけでなく、過去の朝ドラも見ることができるよ。

無料期間は31日なので、一気見できる時間に余裕があるときに登録してみるといいかも。無料トライアル中に解約したらお金はかからないよ。

以上が、朝ドラ「エール」第59回の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク