連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・あらすじ・ツイッターまとめ

【エール52話】小山家と権藤家の没落ぶりが心配だ。にしても昌子さんの結婚・妊娠には驚いた!|朝ドラ感想ブログ

【エール】第52話の感想♪(第11週:家族のうた)

2020年6月9日(火)放送分の感想です。

楽譜の画像

スポンサーリンク

 

 

 

第52話の感想

まずは、あらすじから…↓第52話はこんな話でした。

藤堂先生(森山直太朗)から校歌完成披露会の誘いを受けて、裕一(窪田正孝)は音(二階堂ふみ)と華を連れて、久しぶりに福島に帰ってくる。子どもたちが元気に校歌を歌う姿を見て、裕一は作曲のお願いを引き受けてよかったと喜び、藤堂先生に得意なものを教えてもらったからこそ今の自分があるとあらためて感謝する。披露会の後、裕一は久しぶりに実家を訪れ、父三郎(唐沢寿明)や、母のまさ(菊池桃子)と再会を果たす。

出典:

https://tv.yahoo.co.jp/program/72970327/

恩師の藤堂先生のおかげで福島へ帰るきっかけをもらった裕一。

当初私の予想は、校歌完成披露会へと赴くと、そこには生徒たちだけでなく、裕一の家族や世話になった人々が待ち構えている。そう、街を挙げての披露会が待っているものだとばかり思っていた。

が、ふたを開けてみればこじんまりした披露会。

あの「船頭可愛いや」を作曲した裕一を招いているというのに、この規模の小ささ!

そして、母のまさは裕一が校歌を作り、完成披露会に招かれていたことを三郎に教えていないときたか。

そこは誰よりも裕一を応援していた三郎、完成披露会に出席したかったんじゃない?裕一の校歌を歌う子どもたち、見たかったんじゃない?

ま。三郎は招待されてもいないんだけどね…。

裕一が来ることを秘密にして三郎を驚かせたいという、まさのサプライズが、余計な事に見えてしまったな。

 

久々登場の三郎は、自分の店の敷居で何度もつまづいて、もともとおっちょこちょいな三郎だから、「大げさに三郎演じてるな…」と思わせられたんだけど、見ているうちに三郎の体調がだんだん心配になってきて、最後にやっぱり三郎の体に何かがあるんだってことが分かって、あの大げさに見えたつまづきも三郎が今までとは違うことを表していたのかと思った。

 

呉服屋は半年前にたたまれ、今回登場の無かった弟は市役所勤めになっているというショッキングな情報。

さらに、裕一の凱旋祝いに町の人を招いて宴会が開かれているなかで、不穏な情報がちらほら入ってきた。

茂兵衛おじさんが陶芸にハマっている時点で「!?」と思ってはいたのだが、まさか銀行がなくなっているだなんて…。

裕一が家族を捨てて出て行ったことがきっかけで小山家と権藤家の未来が変わってしまったことは間違いなさそうだ。

茂兵衛おじさんが陶芸に夢中になっているとは、精神状態大丈夫かな…と心配になる。と同時に親しみもわく。陶芸する茂兵衛おじさん可愛い(笑)

 

それにしてもこの状況、弟の浩二が相当な苦労をしょってきただろうね。

跡取りに選ばれたことを喜び、家業を繁栄させようと努力してきた浩二…、裕一の「船頭可愛いや」をどんな思いで聴いていたんだろう。

居間に赤レーベルの「船頭可愛いや」も青レーベルの「船頭可愛いや」も飾られて、毎日どんな思いでそれを見つめていたんだろう。

浩二には同情するわ…(´;ω;`)

半年前に店を閉めたってことは、もう既に裕一はお金の心配なかったんじゃない?レコード売れたし。

てことはもうちょっと早く連絡してあげれば、援助できたかもしれんよね。

援助を受けてもらえるかどうかは別として、せめて申し出だけでもできていればねぇ(´;ω;`)

 

ところで、裕一は藤堂先生のあのセリフが今回また出てきたんだけど。ほんと良い言葉。

勉強も運動も苦手だったズブタレを変えるきっかけになったあの言葉。

 「人よりほんの少し努力するのが辛くなくて、ほんの少し簡単にできること。それがお前の得意なものだ。それが見つかればしがみつけ。そうすれば、道は開く」

(エール第5話より)

 

これ、最近読んだ本の内容とリンクする。

この「大富豪からの手紙」はすごく読みやすくて一晩か二晩かで読めるとは思うんだけど、本が苦手な人にはコミック版もある。

コミック版は「ユダヤ人大富豪の教え」で1巻と2巻がある。これは大変読みやすいし、この内容は若いうちに知りたいものなので、10代のうちには一度目を通しておきたい内容だ。

要は、どう生きれば人は幸せに成功できるのかが書かれている本なのだが、自分を知る事・大好きな事をやる事の大切さが書かれている箇所は特に藤堂先生のことばと通じるものがある。

私自身はこういう素敵なことばをかけられることなく大人になってしまった。

恩師といえるような人はいない。

学校や塾で先生にお世話になったのは勉強だけだ。一生懸命勉強することを教えられたが、私の考えの足りない頭は、いつしか勉強の目的がただ良い学校へ行ったり良い点数をとるためだけのものになってしまった。

自分の得意な事、寝食忘れるくらいに情熱をささげられる事をいつの間にか忘れてしまい、無難に生きてきてしまったな…私は…。

 

ところで、昌子さんが藤堂先生の妻になっているとは、驚いたよね。

一体何歳なの?昌子さんと藤堂先生…。

 

スポンサーリンク

 

 

 

無料の見逃し配信(PR)

U-next(無料登録)では、31日間無料視聴できるよ。「エール」だけでなく、過去の朝ドラも見ることができるよ。

無料期間は31日なので、一気見できる時間に余裕があるときに登録してみるといいかも。無料トライアル中に解約したらお金はかからないよ。

以上が、朝ドラ「エール」第52回の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク