連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・あらすじ・ツイッターまとめ

【スカーレットのまとめ】40代になった八郎の魅力がさらに増している!”中部セラミック”のツイートが熱い!!

【スカーレットのまとめ】中部セラミックタグのツイートが話題!

喜美子と別居、そして離婚…。別居してから八郎の出番は減ったにもかかわらず、存在感は増すばかり!そんな中、現れたのが「中部セラミック」タグ。めっちゃ面白いよ。

黒電話

スポンサーリンク

 

 

 

八郎の勤め先…中部セラミック!

スカーレット第107話にて、高校生の武志(伊藤健太郎)が進路について相談するために、八郎(松下洸平)の職場に電話をかけた。

武志「あ…中部セラミックですか?そちらに十代田八郎さんいはりますか?川原と申します。」

(スカーレット第107話より)

ずっと手紙のやり取りを続けていた父と子だが、声を聞くのは5年ぶりだった。八郎の自宅ではなくて、職場への電話だったんだよね。 で、八郎の勤務先が判明したってワケ。

その「中部セラミック」で八郎がどんな仕事をしているかが気になるところだけど、どうやら釉薬の研究をしているらしい。これは第108話の喜美子と武志の会話から分かったこと。

武志「ほんま大したことないで。たあいない手紙や。”今勤めてる名古屋の会社で、今日、新しい釉薬の配合がどうしたこうした”。ほんま大したことない手紙や。」

(スカーレット第108話より)

丸熊陶業で働いていた時と同じような仕事かな?陶芸家として生きることはやめたんだね。

年を重ねた八郎がさらに魅力的になっている!

10年以上ぶりに喜美子と再会した八郎は、優しさはそのままに年齢を重ねた哀愁を漂わせて魅力たっぷりだった。

喜美子が留守電に残した”くしゃみ”の話をして見せる笑顔。玄関戸を閉める前の”くしゃみ”からは喜美子の笑顔を再び見たい八郎の愛情が漏れていた。

喜美子にかける言葉からは優しさが溢れてる。

「いつでも言うて下さい。名古屋におります。そう遠いことないし、何か相談事があれば。 」

「あの”ヘックション”は川原さんですよね?あはっ。ヘックションだけやったんで…あん時折り返した方がよかったんやろか…。」

(スカーレット第110話より)

名古屋をそう遠くないという八郎…。喜美子に来てもらえたら…って思ったってこと、だよね?あぁ、胸キュンだわ。

そして”くしゃみ”の話。3年前の留守電に残された”ヘックション”。それをずっと覚えてたんだな。喜美子に会ったら話ししようって思ってたんだろうなぁ。

胸キュンなのが、名を名乗ってない、”くしゃみ”だけしか残ってないメッセージなのに喜美子ってちゃんと気付いてくれてたとこなんだよね。

第110話は永久保存版だよ。八郎の魅力にやられるよ。

(関連記事:【スカーレット110話】”くしゃみ”を残して帰る八郎は好印象すぎる。八郎…恐ろしい男だよ。

 

スポンサーリンク

 

 

 

「中部セラミック」タグが最高すぎる。

40代になり、中年の魅力を兼ね備えた八郎。

喜美子と別居、その後京都や愛媛を転々とし、途中喜美子から郵送で離婚届けを受け取っている。

職も転々としていたのだろうか?名古屋の「中部セラミック」に落ち着くまでの八郎の人生がとても気になる。

そんな八郎の生活を自由に想像しているタグ「中部セラミック」がとっても面白い。

八郎タグと言えば”八郎沼”が有名。加えて「中部セラミック」もできるなんて、安定の人気ぶりの八郎だ。

「中部セラミック」の女子社員になりきって、十代田課長とのやりとりなんかを妄想する…。みんなのツイートが超面白い!

「中部セラミック」はいまや女子の人気就職先ランキング一位だ!

 

スポンサーリンク

 

楽しい「中部セラミック」タグのツイートまとめ

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

「中部セラミック」タグが愛されている

このタグ考えた人、ホントに最高です。

以上が、朝ドラ「スカーレット」のまとめでした!

その他のスカーレットまとめ記事一覧はコチラからどうぞ

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク