連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・あらすじ・ツイッターまとめ

【スカーレットのまとめ】コーヒー茶碗問題!代金受け取る?会社の許可は?意外と奥深い問題でSNSでも話題!

【スカーレットのまとめ】コーヒー茶碗20個を贈り物にしたい八郎と代金を受け取りたい喜美子のやりとりが話題。

2019年12月16日。「スカーレット」にてコーヒー茶碗の代金問題が発生しました!

f:id:manpuku_kansou:20191213231259j:plain

スポンサーリンク

 

コーヒー茶碗問題とは!?

大野商店を閉めて、新たに喫茶店をオープンすることなった大野夫妻。第66話にて、大野夫妻は八郎(松下洸平)に”コーヒー茶碗”を作ってほしいというお願いをした。

 

陶芸展への作品づくりで時間がないというのに快く引き受けた八郎。一方喜美子は、陶芸展での受賞が結婚の条件になっていることもあってか、コーヒー茶碗は断るべきだと言う。

 

結局コーヒー茶碗を作ることになり、合計20セットを1月15日までに用意することとなった八郎。しかも、その”コーヒー茶碗”は”贈り物”。お世話になっている大野家へ、開店祝いとして渡したいという。

 

そこで喜美子との意見の対立。喜美子は代金はきっちりうけとるべきだと主張する。ちなみに大野さん(マギー)は「請求してや」と言っているし、贈り物だと言って渡してもそれなりに返してくれることは間違いないであろう。

 

SNSでも様々意見があるよ、コーヒー茶碗論争!

 

八郎と喜美子の言い分

代金受け取らない八郎の言い分はコチラ↓

「お世話になってる信作のうちやで?コーヒー茶碗は開店祝や。贈り物や。」

「お金は大事や。喜美子の言いたいことも分かる。せやけど、僕は陶芸家やない。まだ何者でもない。コーヒー茶碗を作るんが人よりうまい”ただの人”や。ここはどうしても譲れん。コーヒー茶わんの代金は一銭も頂きません。」

(スカーレット第67話より)

代金受け取る派の喜美子の言い分はコチラ↓

「この正月休み、ここ丸熊には誰もいやらへん。 そこをお願いして、特別にここを開けてもろて、電気窯も使わせてもろて。お礼にいくらか丸熊にお支払いしよういうことになってる。」「コーヒー茶わんに使う粘土かて、タダやないやん。ほやのに一銭ももらわへんの?」

(スカーレット第67話より)

問題は代金だけじゃない!

私は”代金を受け取るべきかどうか”だけで言うと、八郎の言い分の方がしっくりきてる。開店祝いとして贈りたい気持ち、分かるわぁ。自分だったら代金は受け取りなくない派なので共感。お金は後からついてくるんじゃない?開店祝いでどーんとあげちゃう方が素敵だと思うんだけど。

 

でも、八郎に共感できないとこもある。それは、丸熊陶業の商品開発室を使わせてもらっているのは”コーヒー茶碗”をつくるためではないから…。社長の敏春さん(本田大輔)は、陶芸展で入賞を目指す八郎を応援してくれていている。それは、陶芸展での受賞者は、丸熊陶業にとっても目玉になるわけで、丸熊陶業の将来を見据えた上でのことで。

敏春さんはこう言ってたよね↓

「陶芸展締め切りは年明け1月末やったか。」 「日曜もここ、使てええさかいな?正月休みもな。頑張りぃ。」

(スカーレット第66話より)

 

陶芸展での入賞の為に正月も電気釜使わせてもらっているワケで、その電気代やら粘土代やらはおそらく丸熊陶業持ちなワケで…。

八郎が自分の工房を持ってて自分のお金で自分の責任でコーヒー茶碗20セット作るならなんら問題無いと思うよ。でも、自由に作品を作れる場を提供してくれた社長の許可なくコーヒー茶碗作るなんて、代金受け取るかどうか…とか、全く関係なくダメだと思うんよねー。もしかしたらコーヒー茶碗15セットは社長に伝えているかもしれんけどさっ。

 

喜美子の言い分が、社長の知らないところでコーヒー茶碗を作るのがおかしいって言っている感じではないよね。社長にもお金払わないといけないし、コーヒー茶碗代はもらっとかないと…って感じ。そもそものトコロ、受賞できないと結婚できないから今はコーヒー茶碗作ってる場合じゃないとかじゃなくって、この陶芸を自由にできる環境がなんのためにあるかを考えてほしかったわ…。

 

照子、こんなこと言ってたよね。

「入選してくれたら、ありがたいやん。火鉢に代わる主力商品は物だけやない、人でもええねん。敏春さんはそういうとこ 目ざといから…。十代田さんが認められたらマスコットガールミッコーに続いて マスコットボーイ ハッチーの誕生や。 」

(スカーレット第62話より)

何故会社が八郎の陶芸を応援してくれているのか、…ふたりは忘れてない?

で、そもそものとこ忘れた上に、八郎が依頼を受けて、八郎が引き受けたコーヒー茶碗。それを「うちが作る」って言いだして、へ?って思ってたら、第67話のラストでは「うちも作りたかった」と泣いて地団駄踏み出すから、結構引いた(;・∀・)大野夫妻は八郎が作ってくれた湯飲み茶碗を気に入って、だから八郎にお願いしたわけで。そこでしゃしゃりでてくる喜美子が理解不能だったわ(;・∀・)

「作りたかった!十代田さんの言うてることは正しい。人前に出す茶碗や、うちには任せられへん。うちにはまだ難しい。無茶して作っても身につかへん。基本やっときぃ言うのもよう分かる。そういう考え間違ってへんし正しい思うし、そういう考えする十代田さんが好きや。けどな。無茶したかった…作りたかった…一緒に乗り越えたかってん!」

(スカーレット第67話より)

う~ん、喜美子。どうしたんや…。陶芸の師匠の仕事に口挟むなや…と思うんだよね。コーヒー茶碗問題の問題点がすり替わってしまった気がしたわ(;・∀・)

 

コーヒー茶碗問題はSNSでも話題:ツイッターまとめ

 

 

以上が、朝ドラ「スカーレットのまとめ」でした!

他の【スカーレットまとめ】はコチラからどうぞ!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク