連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・視聴率・ツイッターまとめ

【スカーレット35話】喜美子に甘える百合子が可愛い♪川原家に笑顔が戻った 感想・あらすじ・視聴率

【スカーレット】第35話の感想♪(第6週:自分で決めた道)

2019年11月8日(金)放送分の感想です。 

ネタバレありなので、これから「スカーレット」を見るという方は読まないでくださいね(^^)

 

スポンサーリンク

 

第35話の感想

喜美子が荒木荘を卒業して、信楽に帰ってしまった…。行きたかったジョージ富士川が特別講師をしている学校を諦めて、貯めたお金は親の借金返済に使うことになってしまった。


こんな不遇な境遇なのに、笑顔で帰宅。常治の「大阪帰れ」の強がりにも、「ここが私の家や」と答える喜美子。どんだけ強い子なん…!!


常治の嘘で信楽に来た時は、川原家は暗くて笑顔がなくて崩壊寸前だった。それが、喜美子がいるだけでこんなに明るくなるんだ。百合子が喜美子にべったり甘えて、学校の話するの可愛かった。


誰よりも喜美子の帰宅を待ち望んでいた常治。洗濯物の陰からの喜美子の登場に、動揺を隠せない(笑)嬉しくて思わずほころんじゃう顔を一生懸命隠そうとする常治にほのぼのしちゃったわ。元凶は常治なのに、北村一輝さんが良い演技しすぎて嫌いになれないやん。クソ親なのに(笑)お酒週八日飲ませって言うバカ常治も可愛く見えてしまうわ。


でもさ、マツはやっぱり嫌いだわ…。意外と元気そうに見えるし…。マツ、喜美子と常治のツケの計算している時に、久しぶりに笑ったって言ってたから、直子と百合子が笑うこともなかったんだろうなって思う。喜美子が帰ってきて川原家に笑顔が戻り、直子と百合子がどれだけ安心できただろうと思うと嬉しいけど、それだけにマツの存在って何なんだろうって思う。


東京へ行くって言ったり、ご飯いらんって言ったり、反抗的な直子を受け止めて温かく接する喜美子。ただそばでオロオロした感じのマツってなんなんって思うわ。毅然とした態度で、直子に接する喜美子の方が母に見えた。百合子が、「喜美子姉ちゃんに似てる」って答えたくなるの分かるわ。直子、喜美子の愛情ある接し方に、抵抗止めてご飯食べた。直子も可愛いわ♪


ところで、喜美子の新しい職場、丸熊陶業は暇そうやね。ショックだったのが、照子が京都の短大行くってこと!せっかく喜美子が帰ってきたのにな(;_;)

 

絵付けの親方は頑固そう。これ、「なつぞら」だったらすぐに親方もなつにめろめろってなっちゃう展開だけど、スカーレットはどんな展開でしょ?それにしても、学校へ行くっていう夢をあきらめて信楽に帰ってきたのに、喜美子はもう新しい仕事先で出会った絵付けに興味津々。前向きだな。元気もらえるわ。

 

前回の感想はコチラ

次回の感想はコチラ

 

第35話のあらすじと無料の見逃し配信

あらすじ

大阪の暮らしに別れを告げ、信楽に戻った喜美子(戸田恵梨香)。父の常治(北村一輝)と仲直りして川原家に久しぶりの平穏が訪れる。喜美子は反発する妹の直子(桜庭ななみ)をなだめつつ、実家の借金を返すため、地元で一番の陶芸会社で働き始める。仕事は社員食堂のお手伝い。大阪での仕事に比べてあまりにも簡単で、物足りなさを感じる喜美子。ある日、初めて見た絵付け火鉢に目を奪われ、立ち入り禁止の作業場に入ってしまい…

引用元:

連続テレビ小説 スカーレット - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表]

 

無料の見逃し配信

U-next(無料登録)では、31日間無料視聴できるよ。「スカーレット」だけでなく、過去の朝ドラも見ることができるよ。U-nextでスカーレットを見たい方はコチラ↓

視聴率

第35話の視聴率は21.4%でした。信楽へ戻った喜美子に注目だったよね。

(引用元:戸田恵梨香主演の朝ドラ「スカーレット」第36話視聴率は20・0%…今週は「弟子にしてください!」 : スポーツ報知

 

ツイッター反応まとめ

 

以上が、朝ドラ「スカーレット」第35回の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク