連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・視聴率・ツイッターまとめ

【スカーレット】炊事洗濯は評価されない…大久保(三林京子)さんの3枚の皿の話が重たい第14話の感想・あらすじ・視聴率

【スカーレット】第14話の感想♪(第3週:ビバ!大阪新生活)

2019年10月15日(火)放送分の感想です。 

ネタバレありなので、これから「スカーレット」を見るという方は読まないでくださいね(^^)

 

スポンサーリンク

 

第14話のあらすじと無料の見逃し配信

あらすじ

喜美子(戸田恵梨香)の仕事は下宿屋での住み込み女中。医学生の圭介(溝端淳平)始め住人たちとの挨拶もそこそこに、隣室のふすまを蹴り倒す失態を犯す。慌てる喜美子を元女中の大久保(三林京子)が冷ややかに見つめ「あんたにはムリや」と言い放つ。喜美子が食い下がるも大久保は受け入れない。オーナー・さだ(羽野晶紀)も交えた協議の末、喜美子は翌日、信楽に帰ることに。落ち込む喜美子が荷物を広げると思わぬものが出て…

引用元:

連続テレビ小説 スカーレット - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表]

無料の見逃し配信

U-next(無料登録)では、31日間無料視聴できるよ。「スカーレット」第1話や過去の朝ドラも見ることができるよ。U-nextでスカーレットを見たい方はコチラ↓

視聴率

第14話の視聴率は20.4%でした。

(引用元:戸田恵梨香主演の朝ドラ「スカーレット」第14話視聴率は20・4%…前回から2・4ポイント上昇 : スポーツ報知

 

第14話の感想

溝端淳平さんが演じる酒田圭介の「かわいらしいなぁ」が見たくて、 前回第13話をもう一回見てから第14話見た(≧∇≦)圭介、めっちゃ好き。素敵な笑顔での「かわいらしいなぁ」がたまらんわ(*^-^*)

 

大久保さん(三林京子)は喜美子(戸田恵梨香)には女中の仕事は無理だと言う。信楽に帰される流れだけど、このピンチをどう切り抜けるのかね。大阪に来て、最初はデザイン事務所で働けると思って喜び、女中と知ってテンション下がる。女中といえども、個室・まかない付きに再びテンション上がる。が、即不採用を言い渡される…。15歳の少女にこの仕打ち(´;ω;`)何も知らずに信楽から一人やってきて、たらい回し…。大人でも泣くわ(´;ω;`)

 

大久保さんの3枚のお皿の話。どういう気持ちで磨いたお皿が一番きれいかって。正解はどのお皿も一緒。どんな気持ちでやったって変わらない。女中の仕事は他人から見たら誰にでもできることだって思うから、褒められもしないし、やって普通。一生懸命やったってどうも思われない仕事なんだな(´;ω;`)そういう女中の仕事の厳しさをお皿を用いて語る大久保さん。

 

そうだよね、誰にでもできるだろうって思われる仕事って、ほんと軽い扱いされるよね。誰にでもできるはずなんだけど、その人にしかできない仕事も多くある家の仕事。でもその+αの部分を誰も評価してくれないし、だから何だと言われてしまう家事。いろいろ考えさせられた大久保さんの話が重たいわ。

 

荒木荘での最後の晩餐(にはならないはずだが)、圭介がおかずを分けてくれて、さだ(羽野晶紀)もたくあんをご飯にのせてくれて。さだも優しいやん。

 

このまま信楽に荷物抱えて帰るわけもないだろうけど、どう切り抜けるのかなぁ。母の手紙で、信楽のみんながハガキを用意してくれたこと、みんなが喜美子の頑張りを見ていてくれたこと、応援してくれていることを知った喜美子。父のてぬぐいはめっちゃ臭い!

 

仕事はさせられないと言われた後にこんな応援の手紙やてぬぐい見つけたら、心が弱かったらもう後がないと思って余計苦しく重たくのしかかってくるんだけど、喜美子はこれをきっかけに頑張るんだろうな。女中の仕事が誰にも認めてもらえない辛い仕事でも、喜美子にはできるんだ。幼少期時代を知る視聴者は、それが分かっているんだけど、大久保さんに認めてもらうにはどうしたらいいんだろう。

 

前回の感想はコチラ

次回の感想はコチラ

 

ツイッター反応まとめ

 

 

以上が、朝ドラ「スカーレット」第14回の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク