連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・視聴率・ツイッターまとめ

【スカーレット】草間(佐藤隆太)ロス…。川島夕空ちゃんの感情表現が秀逸の第5話の感想・あらすじ・視聴率

【スカーレット】第5話の感想♪(第1週:はじめまして信楽)

f:id:manpuku_kansou:20191008075457j:plain

2019年10月4日(金)放送分の感想です。 

ネタバレありなので、これから「スカーレット」を見るという方は読まないでくださいね(^^)

 

スポンサーリンク

 

第5話のあらすじと無料の見逃し配信

あらすじ

昭和22年滋賀・信楽。9歳の川原喜美子(川島夕空)は得意な絵描きで、給食費を稼ごうと考える。お金がなくて見られなかった紙芝居を自ら作るつもりだ。絵を描き始めると、居候の草間(佐藤隆太)に絵をほめられ、喜美子は喜ぶ。没頭するあまり、学校へ行くのを忘れてしまうほど。出会ったタヌキ、きらめく琵琶湖、大切な家族。喜美子が絵を描き終えると、家族と草間の前で披露する。ところが思わぬ家族の言葉で、予期せぬ事件が

引用元:

連続テレビ小説 スカーレット - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表]

無料の見逃し配信

U-NEXTに登録する(登録無料)と、「スカーレット」はもちろん、過去の朝ドラも31日間無料で視聴することができるよ。U-NEXTでスカーレットを見たい方はこちらから↓

視聴率

第5話の視聴率は20.0%でした。

(引用元:戸田恵梨香「スカーレット」薪で釜風呂を18・1% - ドラマ : 日刊スポーツ

 

第5話の感想

まじですか(´;ω;`)番組冒頭、草間(佐藤隆太)に絵を褒められた喜美子(川島夕空)。私自身が褒められたかのように嬉しくにやにやと佐藤隆太の笑顔を堪能して、幸せな気分になったのに。 まさかこんなに早くに出て行ってしまうなんて(´;ω;`)

 

草間の手紙、泣けた。でも喜美子はまだ読めない。喜美子が草間に心に栄養をあげることができたことをまだ知らない。喜美子、家族の前ではいつも元気で明るくしてる。一人涙を流す喜美子にもらい泣きしたわ。

 

紙芝居代といって、お金を残していった草間。紙芝居代(´;ω;`)喜美子の絵を評価してくれた草間。大人顔負けだと言って喜美子の絵を心から褒めてくれた草間。当初、草間のせいで給食費が払えなくなるかもしれないと言われた時、なんとか早く出て行ってもらおうとした喜美子が、こんなにも短い時間で草間に心惹かれた。喜美子を正当に評価し、一人の人間として向き合ってくれた草間が与えた影響は計り知れない。

 

心に栄養が足りていないという草間だったが、喜美子と接している時の草間は嬉しそうだった。喜美子に栄養をもらえたのだ。理不尽な父親の言い分にも口答えせず、ぐっと堪え、笑顔で一生懸命生きる喜美子。その喜美子の生きる姿を見て、自分も歩き出そうと決意したのだろうか…。喜美子の生き方そのものが草間の栄養になったのだろうね…(´;ω;`)

 

草間と喜美子のやりとりがしばらくみられなくなるのだろうか、と心配になった。喪失感、半端ない(´;ω;`)それで、NHK公式の登場人物紹介を見てみると、まだ希望があった!

常治が、ふとしたことから信楽に連れてきて、川原家に居候していた男性。戦時中は満州で働いていた。日本で空襲にあって行方不明になった妻を、ずっと探している。幼い喜美子に温かく、かつ真摯(しんし)に接してくれる。実は柔道の心得があり、喜美子ら信楽の子供たちはみんな教わることに。信楽を去ってのちも、折にふれて喜美子の前に現れ、新たな道を選ぶきっかけとなる。

引用元:

登場人物|連続テレビ小説「スカーレット」|NHKオンライン

赤字で書かれているところ。そう!喜美子たち、草間に柔道を教えてもらってないよ!てことは、まだ喜美子に何かを教えてくれるんだね。良かった(´;ω;`) 

 

ところで、川島夕空ちゃんの感情表現がすごい。笑顔ひとつとっても色んな笑顔がある。褒められて心からの笑顔、理不尽な父の言葉を飲み込んでからの作り笑顔、学問を教わり友だちとはしゃぐ子どもらしい笑顔、母に悲しみを隠しての笑顔。この色んな表情に引き込まれて、15分があっという間。「もう終わっちゃった(´;ω;`)」ってなる。第1話を見終わった後には思わなかったが、今は「早く続きが見たい!」って思わせられている。

 

喜美子の父・常治(北村一輝)。 ダメ親っぷりが目立ってきたぞ(;^ω^)酒癖悪くて、娘に迎えにきてもらうダメ父。自分の妻・マツ(富田靖子)が産後の肥立ちが悪いというのに、貴重なお金を酒に買えてしまい、マツに寄り添う事もしない。喜美子には自分の考えを押し付ける癖に、自分の発言に責任を持たない常治。あれ?最初は好印象だった人情味溢れていた常治の株がどんどん下がってる(;^ω^)常治を見ていると、学問の大切さが分かってくるね。前々回の朝ドラ「まんぷく」では、産後の肥立ちが悪い福子(安藤サクラ)をとても心配していた萬平(長谷川博己)。そしてダネイホンを作り出した萬平。常治と萬平を比較してもどうもならんけど(;^ω^)

 

ところで、何かと気になる直子(やくわなつみ)の動向!今回はぽっくりがなかなかできず、癇癪を起すかな、ぽっくり投げちゃうんじゃね?と心配して見守ったが、意外にもぽっくりをマスターした直子。マツに褒められて上機嫌。喜美子が作ってくれた紙芝居には冷たい反応。もったいぶってなかなか始めない喜美子に「はよせぇ!」と短気な様子を見せた直子。直子が気になってしょうがないわ(笑)

 

ツイッター反応まとめ

 

 

 

以上が、朝ドラ「スカーレット」第5回の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク