連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・あらすじ・ツイッターまとめ

【スカーレット】北村一輝さんの存在感抜群!第1話の感想・あらすじ・視聴率

【スカーレット】第1話の感想♪(第1週:はじめまして信楽)

2019年9月30日(月)放送分の感想です。 

ネタバレありなので、これから「スカーレット」を見るという方は読まないでくださいね(^^)

 

スポンサーリンク

 

第1話のあらすじと無料の見逃し配信

あらすじ

滋賀・信楽の女性陶芸家・川原喜美子(戸田恵梨香)。土と炎に向き合う女の物語。昭和22年9歳の喜美子(川島夕空)は父の常治(北村一輝)母のマツ(富田靖子)2人の妹と共に大阪からやってきた。初めて見る琵琶湖の大きさに圧倒され信楽のタヌキの焼き物に喜美子は興奮。新生活への期待を膨らませる。しかし引っ越し早々、近所の男子にからかわれ、喜美子は怒って相手の所に乗り込み大ケンカ。常治も巻き込んだ騒動が起こる。

引用元:

NHKオンデマンド | 【無料】スカーレット (1)「はじめまして信楽(しがらき)」

無料の見逃し配信

NHKオンデマンドに登録すると、「スカーレット」第1話が2019年10月14日まで無料視聴することができるよ!見逃した方、もう一度見たい方はNHKオンデマンドへアクセスしてみてね↓

www.nhk-ondemand.jp

視聴率

初回放送の視聴率は20.2%でした!

(引用元:戸田恵梨香主演「スカーレット」初回視聴率は20・2% 朝ドラ5作連続の大台超え発進 : スポーツ報知

 

第1話の感想

 「なつぞら」の余韻にまだ浸っていたい気分の中、今日2019年9月30日から「スカーレット」がスタートした!民法のドラマだと、ドラマとドラマの間に時間があるんだけど、朝ドラはあっという間に次が始まるね。私たちが「なつぞら」を楽しんでいる間にも、今日始まった「スカーレット」の撮影が行われていたんだなぁと考えると感慨深い(謎)

 

この朝ドラは、女性陶芸家・川原喜美子(戸田恵梨香)のお話。この女性が9歳の頃からお話はスタートした。喜美子(川島夕空)は気の強い女性のようだ。引っ越し早々近所の男の子たちにからかわれて腹を立てた喜美子はほうき片手に男の子たちを追う。で、ケガして帰ってきたんだ。女の子なのにおでこに傷を作ったと、喜美子の父親の常治(北村一輝)が男の家に殴り込みに行くと、喜美子とは比べ物にならないくらい傷ついた男の子登場(笑)ベタな感じだけど、なかなかおもしろかった( ´艸`)

 

おてんばな幼少期の喜美子を演じているのは川島夕空ちゃん。成長した喜美子を戸田恵梨香さんがするなら、子ども時代は川島夕空ちゃんがすごくぴったりだと思った。おてんばな感じも似合ってた。

 

喜美子の父親役の北村一輝さんは、濃くてインパクト大だわ!喜美子が傷つけられたと知って、猛スピードで怒鳴り込みにいくとこなんて良かったよね。人情味あふれるお父さんだわ。それにしても、戸田恵梨香さんと北村一輝さんが親子かぁ。普通に見たら親子には見えないけど、親子に見える演技をしてくれるに違いないと期待!

 

やたらタヌキという言葉が出てくるのは、信楽焼だからか。どんな人生をたどって、西川貴教と出会ったりするんだろうね(笑)

 

 

 

以上が、朝ドラ「スカーレット」第1回の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク