連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・あらすじ・ツイッターまとめ

「なつぞら」の感想・あらすじ 最終話直前!停電きっかけで泰樹蘇る!照男から色気が溢れ出ていた第155話の感想♪

「なつぞら」第155話の感想♪

2019年9月27日放送分の感想です。最終回直前です! 

ネタバレありなので、これから「なつぞら」を見るという方は読まないでくださいね(^^)

 

スポンサーリンク

 

最終週のあらすじと見逃し配信

ダイジェスト動画(1週間分の放送を5分で見れる!)

あらすじ

最終週 なつよ、あっぱれ十勝晴れ
9月23日(月)〜9月28日(土)
優(増田光桜)の入学式が行われた1975年春、なつ(広瀬すず)たちの仕事は佳境を迎えていた。「大草原の少女ソラ」は人気番組となったものの、放送ギリギリの制作が続き、麻子(貫地谷しほり)はテレビ局からの催促に頭を悩ませる。ある日、雨の中運ばれてきた動画がぬれてしまうトラブルに見舞われるが、坂場(中川大志)たちの意欲は衰えない。放送は無事終わり、なつは千遥(清原果耶)たちと北海道にやってきた。翌日、季節外れの台風が十勝を直撃。柴田家は停電に襲われ、電化された最新の牧場設備がストップしてしまう。

引用元:

あらすじ 最終週|連続テレビ小説「なつぞら」|NHKオンライン

見逃し配信

見逃した方やもう一度見たい方は、U-NEXTで見ることができるよ。31日間は「なつぞら」を含めて過去のいろいろな作品を無料で見ることができる。

第155話の感想

 急な嵐による停電でピンチの柴田牧場。もう死期がせまっているように見えていた泰樹じいちゃん(草刈正雄)だったが、牛の危機に魂がもどってきたようだった!照男兄ちゃん(清原翔)が牛の搾乳に関して楽観視しているところ、じいちゃん一喝!昔の頑固なじいちゃんが最後に見れたことが嬉しいわ。

 

知らなかったことだけど、牛って搾乳してあげないと大変なんだね。乳房炎になってしまうらしい。人間のお母さんも乳腺炎になるもんね。牛も同じようにちゃんと出さないとトラブルが起こるんだね。

 

で、総出で搾乳にとりかかる。夕見子(福地桃子)も初搾乳。便乗して坂場くん(中川太志)も搾乳にチャレンジしようとしたんだけど、あくまでなつ(広瀬すず)に阻止される(笑)坂場くんの不器用さを熟知しているなつが、坂場くんがやる気満々なのに絶対に乳しぼりをさせないところが面白い( ´艸`)カチンコを上手にならすことができなかった坂場くんの不器用さが最後の最後まで続いて笑わせてくれるところが良かったと思う!

 

ところで、慌てて搾乳に精をだす家族の中、照男の息子・地平くん(小林颯(かい))も大活躍してたのが印象的♪しっかりものの長男、素晴らしいね。家族一人一人が役割をしっかり果たしているって何だか泣けた(´;ω;`)

 

この回を見てて感心したのが、広瀬すずさんって搾乳上手すぎ。ダントツに上手かったんじゃない?搾乳するなつの姿がかっこよかった。アニメーターしてる時より酪農してる時の方がいきいきしてるわ。

 

ところで、照男兄ちゃんが雨に濡れてちょっとはだけた感じで仕事に精を出す姿(≧∇≦)色気出すぎでした(笑)ほんとに超イケメンだわ。牛の乳しぼりをミルカーに頼って、停電でも「昼までは大丈夫」と言い手で絞ろうとしなかった照男だったけど、じいちゃんに喝入れられて覚醒。で、最後はじいちゃんに「よくやった」って褒められた。照男がじいちゃんから認められていることを改めて確認できて心底嬉しいわ。

 

この停電騒ぎでじいちゃんすっかり昔の気概が戻り、なつを連れて亡き天陽くん(吉沢亮)の畑の手伝いにも乗り出す。つい先日まで、歩くのも辛そうな年寄りだったのに、活力に溢れた開拓者一世になっているじいちゃん!でも、なつだけを連れていくって…。大勢引き連れて手伝いにくるならともかく、なつだけ連れてきて、なつと靖枝を近づけたじいちゃんって罪深いよ…。天陽くんの仲を知れば、天陽くんの妻・靖枝(大原櫻子)もなつに手伝ってほしいと思わないんじゃない?あのじゃがいも畑は、なつと天陽くんの思い出の場所であるけど、今は靖枝にとっての大切な場所でしょ。そこになつが来るなよな…。

 

スポンサーリンク

 

 

 

以上が、朝ドラ「なつぞら」第155回の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク