連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・視聴率・ツイッターまとめ

「なつぞら」第22週の感想・あらすじ・視聴率 育児と仕事の両立が難しいけど、なつの場合は自業自得な感じ…

「なつぞら」第22週(なつよ、優しいわが子よ)の感想♪

8月26日(月)〜8月31日(土)までの放送分の感想です。ネタばれありなので、まだ見ていない方は読まないでくださいね。第22週のダイジェスト動画はコチラで↓

 

スポンサーリンク

 

なつぞら 視聴率

mantan-web.jp

第22週の平均視聴率は20.4%でした!

第22週のあらすじ

あらすじ

8月26日(月)〜8月31日(土)

坂場(中川大志)のマコプロダクションへの再就職が決まったものの、愛娘の優を預ける保育園が見つからない。そんな矢先、仲(井浦新)から東洋動画の勝負作「キックジャガー」の作画監督という大役を命ぜられる。なつ(広瀬すず)は保育ママを探そうとするが、共稼ぎ夫婦への風当たりは厳しく、途方に暮れる。そんな中、手を差し伸べたのは茜(渡辺麻友)だった。茜は東洋動画を辞め、子育てに専念していたが、なつには女性アニメーターの先駆者としてがんばってほしいと語る。なつは茜の応援を受け、育児と仕事の両立に励むが、そんなある日、優が熱を出していると茜から電話が入る。仕事を手放せないなつは坂場に電話するものの、連絡がつかない。

引用元:

あらすじ 第22週|連続テレビ小説「なつぞら」|NHKオンライン

「なつぞら」を見逃した方、もう一度見たい方は、U-NEXTで見ることができますよ↓

 

なつぞらの「登場人物」はNHK公式サイトで確認できますよ↓

第22週の感想♪

優ちゃんが産まれて、わずか6週間で仕事復帰したなつ(広瀬すず)。妊娠中になつが社長の前で大口を叩いちゃったので、なつは子どもとの時間がほとんどとれない。

「私は、楽がしたいわけじゃありません。お金が欲しいわけでもありません。仕事で、もっともっと成長していきたんです。いい作品を作りたいんです! どうしてそれが、子どもができると、できないんでしょうか? 今までは当たり前だと思っていたことを、会社から望まれなくなることが、一番苦しいんです!」

(なつぞら第120話)

あかねちゃん(渡辺麻友)が妊娠した時、正社員から契約にかえると山川社長(古屋隆太)から言われたことををみんなとても怒っていたけれど、それってやっぱり社長の優しさだったのではないかと思う。激務の仕事と分かっているからこその言葉。なつには想像力が足りなかったのだろうな、子育てがどんなものかという想像力が…。

 

東洋動画に入社する経緯や仕上げ課で採用されてからも贔屓され続け仲さん(井浦新)の特別な計らいでアニメーターになる試験を受けさせてもらっていたなつ。この時、多くの人がなつにイライラさせられていたよね。

www.excite.co.jp

 

なつが特別待遇を受けていたのが第9週第10週あたりです。その後も仲さんのなっちゃん贔屓は安定して続いていた…(;・∀・)

www.manpuku-kansou.com

www.manpuku-kansou.com

 

なつがアニメーターになるまでにこの経緯があるからこそ、 なつは仲さんの期待に応える必要があるし、簡単に東洋動画をやめるとは言えないんだよね。

 

今の仲さんを見ていると、なつの子育てが幸せなものになるように願っているように見えないな。仲さんは、心からなつのアニメーターとしての才能に期待していたんだなぁと思う。だからこそのなっちゃん贔屓で、なつを育ててきたんだろう。今、なつはその仲さんからの期待が重いんだろうなと思う。

 

なつが「魔界の番長」の作画監督を引き受けるかどうか迷っている時の仲さんの言葉は何だか冷たく感じた。

仲さん「なっちゃん。」

なつ「あっ、仲さん。」

仲さん「なっちゃん、よかったね。」

なつ「えっ?」

仲さん「さっき、山川社長と佐藤製作部長から泣きつかれてね。君になんとか、作画監督を引き受けてもらえるよう、説得してほしいって言われたんだ。」

なつ「そのことですか。」

仲さん「昇給も、約束されたそうじゃないか。 」

なつ「はい…。」

仲さん「子どもとの、時間は欲しいか。やっぱり無理かな。」

なつ「すいません。それも、ありますけど。実は、作品に、乗れないんです。」

仲さん「なるほど。そうか。そうだとしたら、僕が君に言えることは、何もないな。」

なつ「えっ…。」

仲さん「こっからは、なっちゃんが自分で決めるしかない。アニメーターとしてどこを目指すか、それはもう、誰も教えてはくれないだろう。」

なつ「そうですね。」

仲さん「僕は…なっちゃんが決めたとおりでいい。」 

(なつぞら第131話より)

仲さん、なつが作画監督を引き受けるかどうかの返事をしていないって知っているのに、「よかったね」って話しかけるんだよね。断るという選択肢を消してきてる感じで怖いわ。はっきりしない態度のなつに、「子どもとの時間はほしいか」って言う仲さん。容赦ないなって思った。仲さんが見てるのは、アニメーターとしてのなつだけなんだなぁと。なつ自身がアニメーターでありたいと思ったからこの状況なんだけど、迷いがでてきたなつを逃さないようにしている感じ出てたな。

 

坂場くん(中川大志)が仕事復帰してからというものなつが苦労している様子が見られるが、自業自得な感じがあると思う。ところで、なつがあかねちゃんに初めて優ちゃんを預ける時、妙に別れを惜しんでいるの、おかしくない?産後6週間で仕事したなつは、ずっと坂場くんに任せて仕事に行ってたじゃない!これ見よがしに寂しがっててうっとおしかったわ(-_-;)そして、明子ちゃんの誕生日は覚えていないなつ。なつは人から気遣いを受けるばかりで、全然お返ししていないんだなってがっかりさせられたシーンだったわ(# ゚Д゚)

 

 

スポンサーリンク

 

第22週のツイッターまとめ!

 

 

以上が、朝ドラ「なつぞら」第22週の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク