連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・視聴率・ツイッターまとめ

「なつぞら」第75話の感想・あらすじ・視聴率 高畑淳子さんの演技が泣けた(´;ω;`)いろいろあったけど、本物の才能は消せないものなんだな。

「なつぞら」第75話の感想♪(第13週:なつよ、”雪月”が大ピンチ)

f:id:manpuku_kansou:20190612121819j:plain

6月26日(水)第75回放送分の感想です。ネタばれありなので、まだ見ていない方は読まないでくださいね。第13週のみどころはコチラ↓でチェック♪

www.nhk.or.jp

 

スポンサーリンク

 

なつぞら 視聴率

www.nikkansports.com

第75話の視聴率は20.1%でした!

第75話 あらすじ

あらすじ

雪次郎(山田裕貴)を菓子職人の道に戻すため、北海道から上京した雪之助(安田顕)、妙子(仙道敦子)、とよ(高畑淳子)。雪之助たちの説得に対し、雪次郎は、自分の夢を追わせてほしいと必死に懇願する。しかし、雪次郎の抵抗もむなしく川村屋に連れ戻されてしまう。なつ(広瀬すず)は、雪之助と雪次郎、それぞれの気持ちがわかるだけに、どうしていいのかわからないのだった。

引用元:

NHKオンデマンド | なつぞら (75)「なつよ、“雪月”が大ピンチ」

「なつぞら」を見逃した方、もう一度見たい方は、U-NEXTで見ることができますよ↓

 

なつぞらの「登場人物」はNHK公式サイトで確認できますよ↓

第75話 感想♪

とよばあちゃん (高畑淳子)の回になった第75話。

押し入れで隠れている雪次郎(山田裕貴)に向かって、

「元気かい?」(なつぞら第75話)

って声をかけるとよばあちゃんの優しさには泣けたわ。

隠れている孫に向かってのこの言葉。なかなか思いつけないと思う。良いと思う。

 

北海道から雪之助(安田 顕)と妙子(仙道敦子)と共に、3人そろって上京してきた時は、全員が雪次郎(山田裕貴)が夢を追う事を反対しているのだろうと思っていたけど、そうではなかった。

 

咲太郎「実はあいつ、劇団の研究生に受かったんですよ!」

とよ「えっ?」

咲太郎「俺は裏方で潜り込んだだけですけど、雪次郎は正々堂々と試験を受けて、役者としての素質を認められたってことです。その倍率は10倍です。10人に1人の  狭き門を突破したんです。」

妙子「本当かい?」

雪之助「喜んでる場合じゃないべ。」

(なつぞら第74話) 

第74話で、雪次郎が劇団に合格していたことを聞かされた時、とよばあちゃんも母の妙子も嬉しそうにしていた。雪次郎を応援したいっていう気持ちが滲み出ていた。家業がなかったら、心から雪次郎の挑戦を応援できたんだろうなって思う。

 

雪之助は雪次郎の夢を応援してくれなかった。雪次郎と同じように東京で修行して立派な菓子職人になった雪之助だものね…。

雪次郎のためを思っての行動だとは思うんだけど、やり方が「そりゃないやろ」って思ったわ。川村屋に行くことを全力で反対している雪次郎を力づくで連れて行こうとしとあとに、とりあえず川村屋へ行こうと言った雪之助。

これって雪次郎を騙して川村屋へ連れて行ったような感じがするよね!?結果、親子で川村屋で働くとか言い出して、やり方汚いなって思ったわ(´;ω;`)

着替えさせられてた雪次郎をみて、切なくなったわ。父の言う事に逆らえないんだなって…。ここまでくると、父の愛情は呪いみたいなものだなって思った。

雪次郎はオーディションの結果を聞く前から川村屋をやめる決心をしていた。マダム(比嘉愛未)や料理長(陰山 泰)に仕事をやめさせてほしいって頼んでたよね。それでもやめさせてもらえなくて、親に手紙を書いて川村屋を黙ってでた。雪次郎は自分のできる限りの範囲で夢に向かって行動していたと思う。 こんなに頑張ったのに、父親だけには逆らえない雪次郎が見ていて痛ましかった(´;ω;`)

 

この見ていて、居たたまれない気持ちになる空気を打開してくれたのがとよばあちゃんだった。

とよ「雪次郎! もう行きな。そのかわりもう二度とここに戻ってくんでないよ。自分で決めたんならその覚悟を貫け! 」

雪次郎「ばあちゃん、ごめん。」

雪之助「だめだ、戻れ! 雪次郎!」

とよ「自分の子どもに惨めな思いさせるんでないわ!」

(なつぞら第75話)

とよは雪次郎だけでなく、雪之助の心も解放したんだなって思った。こんなやり方をした雪之助を、引っ込みがつかなくなった雪之助を救ったのもとよばあちゃんだ。

 

それにしても、「なつぞら」の北海道組は良いよな~。高齢のとよばあちゃんまでも上京させた意味が分かったわ。高畑淳子さんじゃないとあのシーンはできないよね。息子裕太のせいで、CM降板とかいろいろあったけど、この演技力をもっているんだもの。そりゃ、また表舞台にでてくるハズだわ。才能なんだなって思った。

 

母の妙子が感謝の気持ちを咲太郎(岡田将生)に伝えるシーンも良かったな。母としては咲太郎が雪次郎を応援してくれていたこと、嬉しかったんだなって、ほろっとさせられた。

「あなたは雪次郎の味方になってくれたんでしょ。私はそれだけでも、感謝です。本当にありがとう。」

(なつぞら第75話)

 

柴田家の家族愛で感動のまま終わっていいのではと思った75話だったけれど、坂場くん(中川大志)となつ(広瀬すず)に恋が芽生えたかも!?と思わせるようなシーンで次回へ続く!ミスリード目的かな?

 

スポンサーリンク

 

第75話 ツイッターまとめ!

 

 

以上が、朝ドラ「なつぞら」第75話の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク